2009年 画像 計画


http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20091200:TITLE=2009.12 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-12-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20091100:TITLE=2009.11 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-11-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20091000:TITLE=2009.10 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-10-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090900:TITLE=2009.09 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-09-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090800:TITLE=2009.08 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-08-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090700:TITLE=2009.07 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-07-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090600:TITLE=2009.06 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-06-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090500:TITLE=2009.05 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-05-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090400:TITLE=2009.04 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-04-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090300:TITLE=2009.03 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-03-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090200:TITLE=2009.02 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-02-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090100:TITLE=2009.01 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-01-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090000:TITLE=2009.00 . http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2009-00-31.jpg


SCHEDULE 2009.01


      50_ 2009. 00.00   . 02 環境構築
          
 
:         00.10 (土)  
        01.01 (木)  
        01.02 (金)  
          
 
:         01.03 (土)
:         01.04 (日)
:         01.05 (月)
:         01.06 (火)
:         01.07 (水)
          01.08 (木)
          01.09 (金)  
:         01.10 (土)  
:         01.11 (日)
          01.12 (月)  
          01.13 (火)
          01.14 (水)
          01.15 (木)
          01.16 (金)
:         01.17 (土)
:         01.18 (日)  
          01.19 (月)
          01.20 (火)
          01.21 (水)
          01.22 (木)
        2009. 01.23 (金)
        2009. 01.24 (土)  
:         01.25 (日)   AM 11:00 -
        2009. 01.26 (月)  
          01.27 (火)
          01.28 (水)
          01.29 (木)
        2009. 01.30 (金)
        2009. 01.31 (土)  
         
 
        2009. 08.31 (□) DPAM 1120
        2009. 11.30 (□) ↓ 運転免許証
        2010. 07.00 (□) New PC
        2010. 08.31 (□) DPAM 1400
          08.08 ( ) ↓ 通勤定期
        2010. 12.31 (□) 13
        2011. 08.31 (□) DPAM 1680
        2012. 08.31 (□) DPAM 1960
        2013. 08.31 (□) DPAM 2240
        2014. 08.31 (□) DPAM 2520
        2014. 12.31 (□) 09
        2015. 07.00 (□) New PC
        2015. 09.01 (□)
        2015. 12.31 (□) 08
        2015. 08.31 (□) DPAM 2800
        2016. 08.31 (□) DPAM 3080
        2017. 08.31 (□) DPAM 3360
        2018. 12.31 (□) 05
        2019. 12.31 (□) 04
        2020. 07.00 (□) New PC
        2020. 12.31 (□) 03
        2021. 12.31 (□) 02
        2022. 12.31 (□) 01
        2023. 12.31 (□) 00-366
        2024. 12.31 (□) 0000



2009年1月前半


 あけましておめでとうございます。今年もよろしく。


 小腹が空いたため、すりゴマをふった心平粥、煮豆(大豆、ひじき、薄揚げ)、かまぼこで軽く夜食。

 一応おせち用に買ったかまぼこを全部食べちゃったよ。もっと買っとけばよかったな。


ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!晦日年越しSP!!」(12/31放送)第二部「絶対に笑ってはいけない新聞社24時」を視聴。

 これまた定番のおもしろさ。千秋大活躍だな。個人的には前田美波里がツボだった。

 ところで、ロケ地はどこのビルなんでしょうか。


「ガキ使SP」につづき、「ぐるナイおもしろ荘SP」(12/31深夜放送)を見はじめ、牧野ステテコやどぶろっくなどのゴールデンタイムに絶対出られない芸人をしみじみ鑑賞したところで果てて、しばらく眠る。「THE THREE THEATER」と「新春ピンクカーペット&ホワイトカーペットSP」は録画した。


 起きたら雪が積もってたよ。しっかり買い物しといてよかったな。


「新春ゴールデンピンクカーペットSP」(1/1放送)を途中から視聴。

 いとうあさこはだんだんおもしろくなってきた。うまくなったとは思わないから、オレが慣れてきただけかな。

 しんのすけとシャンはたいしておもしろくないんだけど、戦隊ネタのディテールがしっかりしていた(クライマックスで怪人が巨大化するとか)。若い世代ならではだろうね。おっさん芸人の知識はせいぜいゴレンジャー止まりだから。


 赤いプルトニウムや(「ピンクカーペット」には出ていなかったが)U字工事を見ると、「茨城や栃木ネタは全国区なんだな」と思う。少なくとも東京キー局のスタッフがそう考えていることは確かだろう。

 よそ者にはやや意味不明という点では、森脇健児の京都漫談とたいして変わらないんだけどね。


 この手のネタのルーツはタモリの埼玉差別だろう。昔、小林信彦が「福岡出身者に言われたくない」と怒ってたけど。


 けっこうな大雪になってきたぞよ。これじゃ巣ごもり正月ならぬ冬眠正月だな。


「新春鶴瓶大新年会」(1/1放送)のゆるい笑いを楽しみつつ、オーソドックスな雑煮、煮豆、安芸紫で朝食。

 具は湯通しした鶏むね肉ぶつ切り、小松菜ざく切り、シイタケ薄切りで、かつお昆布だし+日本酒+しょうゆ+皮ごとつぶしたショウガで軽く煮た。薬味は刻みネギ。丸餅を加えつつ、少しずつ食べるか。


「新春鶴瓶大新年会」(1/1放送)を視聴終了。

 ココリコが入っていたのが目新しかったな。もはや中堅どころということか。


爆笑ヒットパレード」(1/1放送)を視聴しつつ、何度かに分けて雑煮と煮豆を完食。最後は餅を煮るほどつゆが残らず、焼き餅にかけていただいた。


 林家いっ平はパーマをかけたんだな。ルックスまで先代三平に似せなくてもいいんじゃないかね。


 夕食はナポリタン雑煮。

 両手鍋を熱してオリーヴオイルをしき、ニンニクみじん切りを入れ、乾燥バジル、乾燥オレガノ、乾燥ローズマリーをふりつつ、タマネギみじん切り、ニンジン乱切り、ホールトマト水煮(缶詰)を順次炒める。水を足し、コンソメを少々溶かして1時間半ほど煮込む。塩コショウで調味し、しばらく鍋止め。温めなおして丸餅を煮る。

 これまた丸餅を加えつつ、少しずつ食べる予定。


「新春お笑い大賞2009」(1/1放送)をぼんやり視聴中。

 関西話芸賞(って?)の受賞者はケンドーコバヤシ、TKO、シャンプーハットティーアップ小籔千豊兵動大樹で、トークも全国ネットとは思えない濃さだった。

 りあるキッズ安田がゲイであることを初めて知ったぞ。オレ、まえだまえだを見ると「将来はりあるキッズみたいになるのかなあ」と思っちゃうね。

 そのほかでは陣内智則たむらけんじを「スーツ姿は去年の謝罪会見以来」といじったのが秀逸。名古屋店で謝罪したのは元ビッキーズ木畑だった。人生いろいろですね。


 ナポリタン雑煮を3回ほど食べたのち、カレールー(こくまろ中辛とバーモントカレー中辛)を溶かし、カレー雑煮に変換。焼き餅にかけていただく。

 これはほぼカレーライスだからうまいに決まってるよな。赤カレーならではの甘辛さがまたよし。これまた何度かに分けて食す予定。

 餅を主食にしてもけっこう楽しめるもんだねえ。とはいえ、食材が切れてきたから明日は買い物に行かなきゃ。


新春かくし芸大会」(1/1放送)はパスして、昨夜の「THE THREE THEATER」(12/31深夜放送)を録画補完。だって最近のかくし芸はつまんないんだもん。

 柳原可奈子&フルーツポンチの「映画通ぶる男女@レストラン」が実に秀逸だった。

村上「監督が意図していたかどうかは別として、日常生活の薄皮一枚向こう側の狂気と暴力がかいま見えたかな」

柳原「ああ、犬が長靴くわえてくるシーンでしょ?」

村上「ビンゴ」

柳原「あれは監督の確信犯と見た」

村上「なるほど。まあでも、それをふまえたとしても60点かな」

柳原「きびしいなあ、あいかわらず」

村上「まあ、今日みたいな作品は80点で満点だからね」

 いやー、腹をかかえて笑いましたよ。シネフィルの皆さんはご注意くださいませ。


 カフェオレで目覚まし中。


 昨夜は「爆笑レッドカーペット 新春満点コラボ祭り」(1/1放送)を途中まで見たところで果てて、寝てしまった。特にスペシャルなところもなく、いつものレッドカーペットだったなあ。

 おかげで「ケータイ大喜利 お正月SP」をめざしたテレビマラソンは途中棄権。もちろん録画もしていない。まあ、テレビの情報なんか所有してもしかたないよ。


 元日は8割がたフジテレビを見ていたことになる。粗品のひとつでも欲しいもんだ。


 今日(1/2)は箱根駅伝ラグビーと「ぐるナイ」をぼんやり見りゃいいだけだから楽なもんだ。ということは、今日は主に日テレの日か。


 朝食は適当な雑煮。

 少し残った赤カレーに水を足して煮立たせ、丸餅を加えたもの。

 トマト水煮缶は個食者には量が多すぎ、トマト煮をカレーに変換すると、酸味がやや強くなりすぎる。さらにスープに変換してちょうどいいくらい。難しいもんだ。


 豚肉とニンジンのリンゴ煮、小松菜のまかない炒めで夕食。

 焼き固めた豚バラブロックぶつ切り、ニンジン乱切り、タマネギざく切り、リンゴ乱切りを水+コンソメ少々+乾燥ローズマリーで2時間ほど煮込む。途中、あくを取り、しゃもじでタマネギとリンゴをつぶす。しばらく鍋止めし、塩コショウで調味。

 小松菜ざく切りは塩もみしてしぼっておく。中華鍋に油をしき、ニンニク薄切りをじっくり揚げて、きつね色になったら取りだす。小松菜を炒め、しょうゆ少々とコショウで味つけ。ニンニクチップを戻して混ぜあわせる。

 これまた温めなおしつつ、ゆっくり食べようかと。


 軽く横になるつもりが寝入ってしまい、「ぐるナイ最終ゴチ明けましてサヨウナラクビ決定SP」(1/2放送)を見のがしちゃったよ。


 リンゴ煮を温めなおして完食。

 味はよかったけど、ちょっと脂っこすぎたかなあ。リンゴ煮にはもも肉あたりが適当かも。


 食パンのオイルサーディントースト、小松菜のまかない炒めの残りで朝食。


 朝食をとりながら「新春!よしもと大爆笑2009」(1/3放送)を視聴中。サンテレビで元日ゴールデンタイムに放送されたものらしい。

 ゆるい笑いをのんびりぬるま湯的に堪能してます。やっぱり正月のネタ番組はこれだな。

 やっぱり海原やすよ・ともこはいいねえ。もっと全国ネットのテレビに出てほしいんだが、ネタが大阪的すぎるんだよなあ……。


 その後、「扇町寄席新春SP 米朝一門で初笑い」(1/3放送)を視聴。やっぱり正月はこういう番組がいいな。

 わたしは桂米朝師匠を見るとピエール・ブーレーズを思いだす。

 ふたりの共通点は「万能の秀才」であること。ブーレーズは作曲も一流、指揮も一流、評論も一流なんだが、すべて尋常ならざる努力のたまものであって、決して天才ではない。「天才じゃないから嫌い」という人もけっこういる。

 こういうばかげた批判は通俗的天才神話の弊害だと思うね。努力せずに天才になりたいやつはスマートドラッグでも飲んでなさい。


 私は、教育に関しては懐疑的です。必要なら教育を引き受ける用意は十分ありますが、教育には限界があることを私は重々心得ています。教育はひとつの始まりにすぎず、重要なのは自己教育です。私はしばしばそう言ってきましたし、相変わらずそう考えています。つまり、私は、偶然による独学者よりもはるかに、意志による独学者の方が好きです。

——ピエール・ブーレーズ、セシル・ジリー『ブーレーズは語る』(笠羽映子訳、青土社、p.179)


 卵ひじき粥(七分粥)で軽く夕食。トッピングはすりゴマ、塩昆布、ちりめんじゃこ、安芸紫など適宜。

 外出するのがめんどくさくなったもんで、備蓄品ですませました。


 カフェオレで目覚まし中。


 昨日(1/4)は正月休み最後の日らしくだらだらすごし、某所でケガレシア様入浴&巨大化SPを見たりしていた。田舎は本放送よりだいぶ遅れるので、大目に見てやってください。

 及川奈央をおばさんと呼んだ座敷わらしは踏みつぶされても当然だと思いました。月9ドラマかなんかにも進出してほしいなあ。


 なんか松の内あたりまでだらだらしそうな予感。とりあえず中間報告など。


 昨日はもちろん「悪魔の手毬唄」(1/5放送)を視聴した。もはや正月の定番ですな。

 冒頭、横溝正史小日向文世)がポケミス版『そして誰もいなくなった』を手にしていたから、思わず気になって調査。ここのリストによれば、1965/6/15初版で、ぎりぎりセーフでありました。

 個人的には山口美也子と有園芳記がなつかしかった。


 あらためて見ると、横溝作品のなかで『悪魔の手毬唄』が最もロスマクに似てるね。性愛に基づく複雑な人間関係とか、トリックとか、そのトリックが実現性に乏しい(絵空事のおもしろさである)ところとか。


 ウェッジウッド経営破綻。

 紅茶は食器のおまけみたいなものだから、さほど困らないか(日本法人は別会社らしいし)。


 朝食は七分粥。すりゴマをベースに、塩昆布、ちりめんじゃこ、安芸紫を適宜トッピング。

 七草じゃないけど粥で胃腸をチューンナップ。米は強めに研いで長時間ざるにあげておくとよろしい。


 CHAGE and ASKA解散へ。

 ……って、ここ数年はほとんど活動してなかったじゃないの。デビュー30周年の節目に仲の悪さを公式に認めるってことかね。


 高城剛沢尻エリカ夫妻のおかげで、今年のわたしの誕生日が大安吉日であることを知りました。


 ベーカリーのおかずパンで軽く昼食。夕食はしっかり食べる予定なんだが、さてどうなるか。


 スピードワゴン井戸田安達祐実離婚。

 いちばん気の毒なのは安達有里との縁が切れてしまった井戸田父かな(<意味がわからない人は「お笑い芸人親子で漫才王座決定戦SP」2008/9/2放送を参照)。

 ふたりとも親がイタイよねえ。


 クルミ入りパン・ド・カンパーニュ、豚スペアリブとうずら豆のスープで早めの夕食。

クネーデル】ジャガイモをゆで、皮をむいてマッシュする。粗熱をとったのち、薄力粉と塩コショウをまぶしつつよく練る。ひと口大に丸め、塩ゆでして、ざるにとっておく。

【スープ】焼き色をつけた豚スペアリブをつぶしたニンニクと乾燥ローズマリーといっしょに2時間ゆでる。途中時間差で、湯通ししたニンジン乱切り、朝からぬるま湯で吸水して下ゆでしたうずら豆、タマネギざく切りを加える。コンソメと塩コショウで味つけ、しばらく鍋止め。

 ボウルにスープを盛り、クネーデルをひたしていただく。

 なんちゃってドイツ料理。黒パンかライ麦パンでいただきたかったが、あいにく近所のベーカリーになかった。


 2回に分けて夕食を完食。

 初めて食ったけど、クネーデルは悪くないね。味はまあまあだが、ジャガイモの煮え加減(固すぎる→煮くずれした)を気にしなくていいのがナイス。


 カンパーニュの安芸紫エッグトーストとコーンポタージュ(インスタント)で朝食。

 切ったカンパーニュを魚焼きグリルで軽くトーストし、粒入りマスタードを塗り、安芸紫入りスクランブルエッグをのせたもの。簡単だなあ。


 昨夜知った笑える歌Kraftwerk Orange「Electro Boy」。


 以前紹介したけど、ついでにPoP!「PoP! Goes My Heart」。


 コメディアンや俳優が洒落で音楽をやる場合はこうあるべきだと思うんだが、日本の場合、羞恥心の解散コンサートでみんな泣いちゃうとか、妙にマジになるんだよな。国民性のちがいかね。


 昼食は牛肉とパプリカのフォー。

 中華鍋を熱して油をしき、タマネギ細切りと黄パプリカ細切りを炒め、軽く塩をして取りだす。ゴマ油を少量足し、牛肉こまぎれを炒め、ナムプラ、オイスターソース少々、サンバル、コショウで味つけ。野菜を戻し、湯+鶏がらスープの素を注ぎ、ぬるま湯で吸水したフォー乾麺を加え、Cilantroをたっぷりふってしばらく煮る。フォーが柔らかくなったら完成。

 知人からCilantro(シラントロ?)という謎の乾燥ハーブをいただいた。首をひねりつつネットで調べると、どうやらコリアンダー中南米での呼び名らしい。

 そこでとりあえずフォーで味見してみたわけ。確かにコリアンダーの葉だったから今後は「乾燥コリアンダー」と表記するよ。

 それにしても、コリアンダーだったり香菜(シャンツァイ)だったりパクチーだったりシラントロだったり、世の中ややこしいもんだ。


 筑前煮と市販のゴボウサラダで夕食。

 湯通しした鶏むね肉ぶつ切り、湯通しした大根とニンジン賽の目切り、タマネギざく切りをかつお昆布だし+日本酒+しょうゆで30分煮て、2時間ほど鍋止め。温めなおして椀に盛り、いりゴマをふっていただく。

 ショウガが切れていた。したがって、ごくごくあっさり味の上品(?)な仕上がりに。


 おっと、大学ラグビー決勝を見のがしちゃったよ(1/10)。早稲田が優勝したのか。

 早稲田×関東学院(というか清宮克幸×春口廣)で目覚めたわたしとしては、清宮監督がサントリーに行き、関東学院がああなって春口監督が辞任してしまうと、いまひとつ盛りあがりに欠ける。そろそろトップリーグに移行しようかなあ。


 すりゴマ入り卵かけごはん、味噌汁(インスタント)、煮豆(大豆、薄揚げ)、残り物のきんぴら(黄パプリカ、大根とニンジンの皮)で朝食。

 ひじきが切れてたよ。買っとかなきゃ。

 わりと多めにつくったため、煮豆ときんぴらがけっこう残った。今日1日のつけ合わせにするか。


 昨日のつづき。Bill Bailey「Das Hokey Kokey」。

 なんだか「ハッチポッチステーション」みたいである。グッチさんはクラフトワークはやらないか。


 市販の細巻き寿司、煮豆、きんぴらで手抜きの昼食。


 うどん、煮豆、きんぴらで夕食。

 具は小松菜ざく切りとかまぼこ薄切り、つゆはいりこだし+日本酒+しょうゆ+つぶした皮付きショウガ、薬味に黒七味。

 やれやれ、やっと煮豆ときんぴらを完食できたよ。どちらも腹いっぱいガツガツ食うもんじゃないからね。でも、大根そのものはまだ残ってるんだよな。


 いりゴマをふった鮭ごはん(焼きほぐしバージョン)、味噌汁(インスタント)、ちりめんおろし、安芸紫で朝食。


 昼食は小松菜とベーコンのペペロンチャプチェ。

 中華鍋にオリーヴオイルをしき、ニンニク薄切りと折った赤唐辛子をじっくり加熱して取りだす。ベーコンざく切りと塩もみしてしぼった小松菜ざく切りを炒め、しょうゆ少々で隠し味程度に味つけ。

(……この時点では和風ペペロンチーノをつくるつもりで、両手鍋にたっぷり湯も沸かしていたのだが、あいにくスパゲティが切れていた。しかしながら、日ごろ鍛えているわたしはうろたえることなく……)

 湯をおたま1杯程度すくって鶏がらスープを溶かしておく。両手鍋で春雨をゆで、湯切りして中華鍋に投入。スープを注いで加熱しつつ、ニンニクを戻して混ぜあわせる。

 緊急措置ではあるものの、けっこうおいしかったよ。目新しい料理を食べられてよかったかな。


 月曜日なんだけど寒すぎて映画見に行く気力がわかないっす。家から出たくない。


 Guardian Music Blog読者おすすめコーナーの次のテーマは「Songs about freedom」か。

 犬井ヒロシを推薦してやろうかと一瞬思ったが、イギリス人に通じるわけがないからやめました。


 中華風豚大根、市販のポテトサラダで夕食。

 大根輪切りをフライパンで素焼きし、四等分しておく。両手鍋を熱し、エノキを日本酒で炒りつけ、水を注ぎ、ゴマ油を垂らして湯通しした豚肉こまぎれ、ベーコンざく切り、大根を加える。煮立ったらあくを取り、鶏がらスープの素、日本酒、しょうゆ、乾燥コリアンダーで味つけて、30分ほど煮る。刻みネギを混ぜ、しばらく鍋止め。

 ニンニクを入れ忘れた。昼間食べたからいいか。

 乾燥コリアンダーを加えたのは、「香菜」(S&B)と「Cilantro」(Penzey's Spices)の2種類所有しており、せいぜい頻繁に使おうと思いたったから。


 韓国でセーラームーンの話をしたあと、フジテレビに生出演すると内閣支持率が上がるのかねえ。むしろ逆効果なんじゃないの?(1/12)。


 豚大根の残り、キュウリのエスニック酢の物(塩もみしてレモン汁+ナムプラ)で朝食。

 朝はさらに冷えこんでいるため、豆板醤を薬味にしていただいた。これにてようやく完食。


 食パンのオイルサーディントースト、キュウリのエスニック酢の物で昼食。ほんとうはこれが朝食の予定だったんだが。


 ベーカリーのおかずパンで手抜きの夕食。ほんとうはこれが昼食でもよかったんだが。

 結局、晩→朝→昼とひとつずれこんだわけで、整合性はとれてるか。


 卵粥(七分粥)で朝食らしい朝食。トッピングはすりゴマをベースにちりめんじゃこと安芸紫を適宜。


 久方ぶりの晴れ間を縫って、備蓄品の買い出しへ。ついでに昼食は外食したが、映画は1800円出してまで見たいものがなかったためパス。

 品目はうずら豆、塩(アルペンザルツ)、凍頂烏龍茶オータムナルダージリン2008、ダージリン&レモンジャム。


「誰も守ってくれない」(君塚良一監督、2009)の宣伝で、志田未来がフジテレビのバラエティ番組(「VVV6」「ごきげんよう」)に出演してトークしている。それを聞いたまったく個人的な印象だが……この子、けっこうイタいんじゃないかね。

 将来は杉田かおるかなあ。妊婦役を演じきった天才子役という共通点もあるし。


 昨夜は「地上最大のTV動物園2」(1/13放送)をぼんやり視聴。

 ホームビデオとケータイ動画が大半のなか、最後に紹介されたライオンとイギリス人青年の“感動の実話”だけが完全に映画だったので、気になって調査してみると、これはビル・トラヴァース監督「The Lion at World's End」(1971)というドキュメンタリー映画らしい。

 で、YouTubeに冒頭部分がアップされていたから見てみたんだが……

 まるでホラーかスリラーのように思いっきり演出されてるじゃん。再現ドラマだろ、これ?

 感動のラストシーンも、確かに実話ではあるんだろうが、文字どおりの事実かどうか怪しいもんだと思った。

 といっても、べつに非難してるわけじゃない。ドキュメンタリーはこれでいいのよ。これをヤラセと感じるナイーヴな人のほうがおかしい。


 夕食は牛肉と春菊のキムチ春雨スープ。

 中華鍋を熱してゴマ油をしき、牛肉こまぎれを炒めて、軽く塩コショウ。白菜キムチを加えてさらに炒め、いりこだしと日本酒を注ぎ、吸水した春雨とむしった春菊の葉を入れて、軽く煮る。


 カフェオレで目覚まし中。


 川上憲伸アトランタ・ブレーブスに入団。

 川上といえども英語でしゃべるとにやけちゃうんだな。照れくさいからだろうね。

 昔、わたしよりずっと英語に堪能な友人が「英語でしゃべると自分が中学生になったような気がする」と言っていたのを思いだした。


 いりゴマをふった鮭ごはん(焼きほぐしバージョン)、味噌汁(インスタント)、春菊の茎の乾物和え、キュウリのエスニック酢の物で朝食。


 昼食はシューマイ焼きそば。

 中華鍋を熱して油をしき、焼きそばをよく炒めて取りだす。湯通ししたニンジン細切り、刻んだポークシウマイ(楽陽食品)、小松菜ざく切りを順次炒める。焼きそばを戻し、湯+鶏がらスープの素+日本酒+しょうゆ+豆板醤+バルサミコ酢で味つけて、仕上げにゴマ油をたらーり。

 これももはや定番だなあ。近頃シューマイをシューマイとして食ったことがないような気すらしてきた。


 鶏肉と白インゲン豆のクリーム煮、キュウリのエスニック酢の物の残りで夕食。

 両手鍋を熱してオリーヴオイルをしき、ショウガみじん切りと乾燥ローズマリーをふり、タマネギざく切りを炒める。水を注ぎ、塩コショウして炒めた鶏もも肉ぶつ切り、湯通ししたニンジン乱切り、朝からぬるま湯で吸水して下ゆでした白インゲン豆を加え、下味程度にコンソメを溶かして、30分ほど煮込む。途中、時間差でジャガイモ四つ割りを加える。ジャガイモが適度に煮えたら、30分ほど鍋止め。温めなおしたのち、生クリームとナツメグを混ぜ、味見して塩コショウで調整。

 朝から吸水したけれど、下ゆでにじっくり時間をかけたため、白インゲン豆の煮え加減は適切だった。やっぱり途中で味見しないとだめだな。

 エスニック酢の物は時間を経て、ほとんど浅漬け化していた。これもまたよし。


 福田繁雄死去(1/15)。

 彼がいかにすばらしいアーティストだったかは、たとえばこちらをごらんください。

 追記。MIDIRECTIONブログがより網羅的に紹介している。


DWELLING 2009.01


    . FF F8 DC .
    . EF D8 BA .
    . CB B5 96 .
    . AB 95 77 .
    . 8C 75 57 .
    . 68 52 33 .
    . 48 32 14 .
    . 27 11 00 .
    . 15 02 00 .

    • 2007.08.02 通勤定期 A 95310
    • 2007.07.21 携帯電話機種変更
    • 2007.07.21 マンション契約更新
    • 2007.07.01 夏用背広 70510
    • 2007.06.28 年金個人情報ID 着便
    • 2007.06.27 デジカメステー × 2 注文
    • 2007.06.24 My Mixi 1000 Vol.03
    • 2007.05.23 組織検査結果
    • 2007.05.22 金属トランク × 02 3900
    • 2007.05.19 整髪
    • 2007.05.16 十柱戯 6500
    • 2007.05.09 内視鏡検査 11500
    • 2007.04.21 通販注文
    • 2007.04.14 整髪
    • 2007.03.31 DPAM 440
    • 2007.03.30 入金確認 25  100 / 500
    • 2007.03.03 整髪
    • 2007.03.01 BLOG 一周年記念
    • 2007.02.28 入金確認 25  75 / 500
    • 2007.02.02 通勤定期購入
    • 2007.02.02 通勤定期購入
    • 2007.01.31 入金確認 50  50 / 500
    • 2006.12.22 PC修理見積 57000
    • 2006.12.22 忘年会 3000
    • 2006.12.19 親睦会 2000
    • 2006.12.14 慰労会 0000
    • 2006.12.12 送別会 6500
    • 2006.12.06 親睦会
    • 2006.12.04 壮行会 2000
    • 2006.12.03 MVT 15705
    • 2006.12.02 衒楽処 紀良亭 季宴
    • 2006.12.02 背広
    • 2006.12.01 創立記念
    • 2006.12.26 親睦会 0000
    • 2006.12.27 部有志忘年会 2500
    • 2006.12.28 仕事納会 0000
    • 2007.01.04 慰労会 5000
    • 2007.01.08 デジカメスタンド購入 7350 + 500
    • 2007.01.09 親睦会 9000
    • 2007.01.10 デジカメスタンド振込
    • 2007.01.21 PC 修理完了 57622
    • 2007.01.31 入金確認 50  50 / 500
    • 2006.08.00 PC 基本環境 再構築
    • 2006.09.00 D 02 環境構築  
    • 2006.09.05 Plate 1750
    • 2006.10.27 送別会 4500
    • 2006.10.29 防寒布団 購入 13358
    • 2006.10.31 防寒布団 I 着便 3929 9429
    • 2006.11.01 歓迎会 3500
    • 2006.11.02 CLUB KIRA 秋宴
    • 2006.11.03 防寒布団 II 着便 9429
    • 2006.11.10 壮行会 5000
    • 2006.11.16 歓迎会
    • 2006.11.22 親睦会 2000
    • 2006.11.26 背広 × 02
    • 2006.12.01 創立記念
    • 2006.12.02 背広
    • 2006.12.02 衒楽処 紀良亭 季宴
    • 2006.12.03 MVT 15705
    • 2006.12.04 壮行会 2000
    • 2006.12.06 親睦会
    • 2006.12.12 送別会 6500
    • 2006.12.14 慰労会 0000
    • 2006.12.19 親睦会 2000
    • 2006.12.22 忘年会 3000
    • 2006.12.22 PC修理見積 57000
    • 2006.12.26 親睦会 0000
    • 2006.12.27 部有志忘年会 2500
    • 2006.12.28 仕事納会 0000
    • 2007.01.04 慰労会 5000
    • 2007.01.08 デジカメスタンド購入 7350 + 500
    • 2007.01.09 親睦会 9000
    • 2007.01.10 デジカメスタンド振込
    • 2007.01.21 PC 修理完了 57622
    • 2007.08.08 通勤定期
    • 2010.10.00 マンション購入

DWELLING ITEM 2008

    • LIGHTER S.T.DUPONT MONTPARNASSE (LIGNE02) No.16404(P)


    . FF F8 DC .
    . EF D8 BA .
    . CB B5 96 .
    . AB 95 77 .
    . 8C 75 57 .
    . 68 52 33 .
    . 48 32 14 .
    . 27 11 00 .
    . 15 02 00 .




http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090000/:TITLE=< 2009 00 | 2009.01 | http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090200/:TITLE=2009 02 >


謹賀新年











  .






http://www.peso.nu/blog/img/img253_2009_new.jpg

みおの : 2009/01/01 22:13


    あけましておめでとうございまする
    今年もよろしくおねがいいたします


    くまくま君、ご主人様の健康およびいろんな(?)管理がんばれー
    そして、くまくま君も体に気をつけてね



    あけましておめでとうございましゅ。
    今年もよろしくお願いいたしましゅ。


    ボクは蜂蜜とヨーグルトとジャムとママレードが大好きでしゅ♪。


続きを読む

神楽坂倶楽部 2009.01.01

screenshot  .
2009年1月1日(木) 


 皆様、あけましておめでとうございます。昨年中はなかなか更新も滞りがちで、いろいろと御心配御迷惑をおかけいたしました。今年も、まだ、なかなか前のように連日更新というようなわけにはゆかないかとは思いますが、なるべく更新のテンポはあげてゆきたいと思います。本年もどうぞよろしく神楽坂倶楽部を可愛がっていただけますようお願いいたします。


 それにしてもこうして2009年の新年の御挨拶が出来ただけで、私としては、ほんとによかったなあ、という気分です。2008年末の新聞で、恒例の、「今年の訃報」みたいな記事が出ていましたが、あのなかに入っていたって、ちっともおかしくなかったわけですから。氷室冴子さんや、宮迫千鶴さんなど、ほぼ同年輩のかたたちのお名前がそこにあるのを見ながら、「自分はまだ生きてこの年を迎えられたんだなあ」と複雑な感慨にとらわれていた年の瀬でした。


 それでもこうして無事に2009年が明けまして、明けたからにはこのあとまた、1年なんとか生きてゆきたいなと思うわけで、またいろいろと大変なこともありましょうけれども、無事にまた2010年の幕開けを見られたら、その前にまあ、まずは、2月の自分のバースデイもありますし、今年の桜はどうだろうとか、夏はどうだろうとか、早くもいろいろ考えておりますけれども、お医者さんからは「何ヶ月タームでの計画だけにしておいて、あまり長期間にわたる計画をたてないよう」云われている身の上ですから、あまり調子に乗らず、でも希望は失わず、やりたいことを優先順位をきっちり考えながら、確実にやってゆきたいと思います。まあ、これが、今年の抱負、というようなことになるでしょうか。


 世の中のほうはなかなかに不景気で、それもだんだん深刻化しつつあるようですが、そういうときこそ、面白い小説、楽しい小説、夢を見られる小説、そしていっとき、何もかも忘れられるような音楽などをお届けして、皆様に浮世のウサを忘れていただくのが私の商売です。世の中とともに、気分まで沈んでしまうことのないよう、いつも夢をお届けしてゆきたいと思っています。


 今年は4月から、「グイン・サーガ」のTVアニメがスタートします。これもいろいろと、楽しみでもあれば怖いようでもあり、今年は「グイン・サーガ」30歳のお誕生日でもあって、いろいろなイベントもあるだろうと思います。それをもひとつひとつ、大事に、とりこぼしのないようにつとめてゆきたいし、そのためにも健康は一番大事に考えなくてはいけないと思っています。むろん「グイン・サーガ」だけでなく、いま持っているシリーズのひとつひとつを大切に、一期一会の気持で、ライブも小説も、やってゆきたいと思っています。


 どうなるかわからない2009年ですが、なるべくたくさん皆さまに近況報告をお届けしたいと思っています。まずは1月11日のライブからはじまる今年です。2月にも、バレンタインライブをお届けします。2月にはグインの新刊もありますし――いろいろと、バラエティゆたかな年にしたいと思っています。皆様も、この1年が、ゆたかで、かつ、夢多いものでありますよう、年明けにあたって心からお祈りしたいと思います。本年も、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m



2009年1月1日(木)



※ 本コンテンツの使用は σ(-_-)個人の責任と趣味によるもので
  著作権・肖像権を侵害する目的や営利目的などは一切ありません m(_ _)m 。

紀良亭 雑煮


  .
出汁
  鰹節
  煮干

  大根
  人参
  葱
  蒲鉾 or 鳴門

  角餅 を 焼いてから入れます。



なので、丼の底には大根を敷きましゅ。
これで餅が器にくっつかなくなりましゅ。





2009年1月 後半


 コーヒーで目覚まし中。


 朝青龍の応援ビラを500枚自作し、国技館で配った奇特な方がおられるらしい。

 そういう市民運動みたいなアピールは国技にそぐわないんじゃないっすか。


「銭ゲバ」ねえ……。松山ケンイチは特殊メークしてもかっこいいじゃないの。足の不自由な女性をステッキでぶん殴るシーンがあるなら見てもいいけど。

 テーマ的にもどうなんだろう。「金では買えないものがある」というメッセージはもはやさほど有効性がないような気がする。

 だって、いまいちばん儲かる商売は「金で買えないものを売る」ことだもの。癒しとか、安らぎとか、感動とかね。テレビももそういう商売してるじゃないの。


 昼食は野沢菜牛肉そば。

 中華鍋を熱してゴマ油をしき、牛肉こまぎれを炒めて、軽く塩コショウ。野沢菜漬けざく切りを加えてさらに炒め、かつおいりこだし+湯+鶏がらスープの素を注いで軽く煮る。味見して、塩コショウと隠し味程度のしょうゆ少々で味つけ。ゆでて湯切りした中華麺(中ちぢれ麺)と丼で合わせる。

 好き好きですけど、あっさり薄味に仕上げたほうがよろしいかと。


 わたしの好きな横山剣の名言。

「みんな、お金は大事だよ! だって、お金がないと死んじゃうんだぜ!」

 まったくそのとおり。そして、たかが金がない程度のことで死ぬ人がいるのは許しがたいから、なんとかしなくちゃいけないと個人的には思う。

 ただし、これは実践的になんとかすべきことだろう。思想的に肯定するなんてこととは全然関係ない。


 夕食はスパイシーポークカレーライス。

 両手鍋を熱してオリーヴオイルをしき、ニンニク・ショウガみじん切りと赤唐辛子小口切りを入れ、タマネギ粗みじん切り、ニンジン乱切り、湯むきして種を取ったトマトざく切りを炒める。途中、乾燥ローズマリー、乾燥バジル、乾燥コリアンダー、乾燥オレガノナツメグを適当かつ大胆にふりかける。かつおいりこだし+白ワイン+水で水分調整し、塩コショウして炒めて日本酒でフランベした豚肉角切り、朝からぬるま湯で吸水して下ゆでしたうずら豆を加え、1時間ほど煮込む。カレールー(こくまろ中辛+バーモントカレー中辛)を溶かし、1時間ほど鍋止め。一方でごはんを炊き、カレーライスにする。

 気まぐれにスパイスのたぐいをなんでもかんでも入れてみた。その結果、カレールーはひとかけずつとなり、さらさらの仕上がり。もうちょっとスパイスを工夫するとルーを使わなくていいんだろうけど、とろみはどうやってつけるんだ? ま、めんどくさいから試しませんけど。

 かつおいりこだしは昼食用が余ったから活用しただけで、他意はありません。世の中にはひと口食っただけで「隠し味はかつおいりこだしですね!」と指摘できる人がいるらしいけど、そんな分析はガスクロマトグラフィに任せておけばいいと思います。


 ちょい寝坊気味。スパイシーポークカレーの残りを温めなおして、朝食にする。うずら豆入りだからそのまま食べても違和感なし。


 ジャガイモとニンジンのパンケーキで昼食。

 ゆでてマッシュしたジャガイモ、すりおろしたニンジン、卵、小麦粉、レモン汁、塩コショウをよく混ぜあわせ、フライパンで焼く。ケチャップ+マスタードを塗っていただく。

 1枚目はタネがゆるすぎてぐちゃぐちゃになってしまった。あわてて小麦粉を足し、2枚目は上出来。

 レモン汁はレモンが余っていたから入れてみただけです。今日は外出したくない気分なので、残り物処理ですごそうかと。


 残り物をスープにして夕食に。

 行平鍋を熱してオリーヴオイルをしき、折った赤唐辛子をゆっくり加熱して取りだす。タマネギ粗みじん切りをじっくり、野沢菜漬け粗みじん切りを軽く炒め、乾燥ローズマリーと乾燥コリアンダーをふる。水を注いで煮立たせ、コンソメで味つけ、ベーコンざく切りを加えてしばらく煮る。塩コショウで調味。

 適当につくったわりにはおいしかったな。野沢菜漬けが偉いのかも。


 おや、浅尾美和がまた「ジャンクSPORTS」でビーチバレーやってるよ(1/18放送)。

 パリコレでモデルデビューもするらしいし、もはやたんなるタレントだな。人気が落ちたらヘアヌードでしょうか。


 コーヒーで目覚まし中。


 今日(1/19)はわたしの45歳の誕生日であり、エドガー・アラン・ポー生誕200周年の日でもある。ということは、わたしとポーは正確に155歳ちがいなんだね。

 東大安田講堂陥落40周年でもあるらしい。だからやたらにテレビで特集してたのか。


 そういえば、最近知ったんだが、ヤン富田「フォーエバー・ヤン」に使われている変な演説のサンプルソースは山本義隆という人らしい。全共闘にも科学史にも疎いからよく知らんのだが。


 すりゴマ、塩昆布、ちりめんじゃこをふった茶粥で軽く朝食。冷蔵庫空っぽだったもんで。


 大安吉日の誕生日は今年初めて映画館へ。


ジョージ・ロメロ監督「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」(2007)

 大安吉日の誕生日に今年初めて見たのがゾンビ映画ってどうよ、と自分で思った。わりとおもしろかったからいいか。

「POV映画ってかったるいよなあ、なんでロメロがこんなの撮るんだろ」と最初は思っていたが、やがてその意図が明らかになる。露骨なまでのメッセージ性もロメロらしくてよし。

 やっぱりカット割りしたくなったらしく、途中から2カメになったのには笑った。編集がめちゃめちゃうまいのは映画学科の学生だからという言いわけもあり。それはつまりPOV映画らしくないってことだよね。


 みのもんたを切り、夜7時台帯で生情報番組をスタートするのは日テレの経費節減策だという説がある。

 確かに中山秀征のほうがギャラは安いだろうし、生番組はなにがあろうと1時間で終わる(2時間も3時間もVTRを回す必要がない)から、あながち嘘でもなさそう。


 チーズ入りプチフランスパン、コーンポタージュ(インスタント)、カジキのムニエル安芸紫タルタルソースで夕食。

 塩コショウして小麦粉をまぶしたカジキ切り身を多めのオリーヴオイルで焼く。ソースは固ゆで卵粗みじん切り+安芸紫+マヨネーズ+マスタード少々+コショウ。つけ合わせにキュウリのエスニック酢の物と市販のポテトサラダ。

 タルタルソースに日本の漬け物を使うのは、いろんな人がいろんなところで紹介しており、さほど珍しくない。残ったソースをフランスパンにつけて食べてもおいしかったですよ。


 原作本はあれこれも『地球静止する日』で、ノヴェライズは『地球静止する日』なのね。ややこしやー(<なだぎ武風)。

 あと残ってるのは、

  • 地球で静止する日
  • 地球に静止する日
  • 地球を静止する日
  • 地球は静止する日
  • 地球と静止する日
  • 地球へ静止する日
 くらいか。


 ふとテレビを点けると、misonoが映った(「HEY! HEY! HEY!」1/19放送)。最近はすっかりバラエティタレント(しかもヨゴレ)だねえ。

 このあいだ「東京Vシュラン2」(1/16放送)で「いちばん太ってた時期は朝からマクドナルドの朝食セットを五つ食べていた」と告白していて、頭おかしいんじゃねえかと思ったよ。

 だって、朝食セット五つだと2500円くらいかかるだろ? もっとまともなもの食えるじゃないの。


 昔、日本マクドナルドの社長だった藤田田が「人間の味覚は12歳までに決まる。それまでにマクドナルドはおいしいと植えつけておけば、一生マクドナルドを食べるようになる。だから、おもちゃ付きのセットを販売するんだ」(大意)と言っていて、誰かが「それは餌づけだろ」とツッコんでいた。

 misonoの逸話から判断するに、餌づけは大成功したようですな。


 卵粥(七分粥)とキュウリのエスニック酢の物の残りで朝食。粥にはすりゴマ、塩昆布、ちりめんじゃこをトッピング。


 キノコきつねうどん、市販のゴボウサラダで昼食。

 具は日本酒としょうゆで炒りつけたブナシメジと湯通しした薄揚げ短冊切り、つゆはいりこだし+日本酒+しょうゆ+皮付きショウガ薄切り、薬味に黒七味。


 夕食はソトアヤム。

 両手鍋に水を注ぎ、乾燥コリアンダーをたっぷりふって、鶏もも肉ぶつ切り、ニンジン乱切り、タマネギざく切り、ブナシメジを小1時間煮込む。途中でジャガイモ四つ割りを加える。火を止めて、Indofoodのソトアヤムの素を溶かし、薄揚げ短冊切りを加えて、1時間ほど鍋止め。スープボウルに盛り、レモン汁を垂らしていただく。


 ひさしぶりに晴れの予報だったから盛大に洗濯したのに、夕方になって西日が射す程度ではさほど効果なし。やれやれ、今夜も部屋干しか……。


 ソトアヤムに吸水した春雨を加えて温めなおし、サンバルとレモン汁を薬味に完食。辛くしてもうまいなあ。


 そういえば「銭ゲバ」のせいで、「ザ・ムーン」って映画もジョージ秋山原作かと思ってたよ。


 食パンのオイルサーディントーストで朝食。


 目が覚めてテレビを点けたら、ちょうどオバマ大統領の就任パレードが始まるところだった。1時間ほど遅れたらしい。


 オバマ大統領就任式のVTRを見て、「『意志の勝利』並の動員数だな」とふと思う。

 ……不謹慎かな。政治的意図はないですよ。


 カナザワ映画祭2008でドキュメンタリーを集中的に見たとき、「演説の合間に聴衆のリアクションカットを挿入する演出技法はいつごろ始まったのか」と思ったものだ。みんなやるんだよね、もちろんオバマ大統領就任式のテレビ中継でも。

 これはあくまで技法にすぎず、どのような意図でももりこめる。リーフェンシュタールは美しいドイツ青年を選び、ワイズマンはまぬけ面のやつを選ぶ。そしてヤコペッティの場合は鼻の穴に骨を刺したニューギニア原住民


 春菊とブナシメジとベーコンのペペロンチーノで昼食。

 中華鍋を熱してオリーヴオイルを多めにしき、つぶして刻んだニンニク、赤唐辛子小口切り、ベーコン短冊切り、ブナシメジ、むしった春菊の葉を順次炒め、軽く塩コショウ。一方でスパゲティをゆで、中華鍋に投入して混ぜあわせる。

 無事にスパゲティを買いましたよ。ペペロンチャプチェもまたつくるかもしれないけど。


 ごく普通の肉じゃが、春菊の葉の乾物和えで夕食。

 ゴマ油を垂らして湯通しした豚肉こまぎれ、タマネギざく切り、ブナシメジ、ベーコン短冊切りをかつお昆布だし+日本酒+しょうゆ+つぶして刻んだニンニクで煮る。途中でジャガイモ四つ割りを加える。ジャガイモが煮えたら、吸水した春雨を加え、しばらく鍋止め。


 いりゴマをふった鮭ごはん(蒸らしバージョン)、味噌汁(インスタント)、春菊の茎の炒めゴマ和えで朝食。

 刻んだ春菊の茎を塩もみしてゴマ油で炒め、ひと晩つぶしたニンニクをひたしておいた日本酒+しょうゆで味つけて、すりゴマをまぶす。

 ニンニクひとかけが肉じゃがに使うには大きすぎたため、半分漬けこんでみた。春菊の茎は固く、塩もみ効果はさほどなし。


 朝食をつくったり食べたりしつつ、「爆笑レッドカーペット」(1/21放送)を録画チェック。

 噂のズクダンズンブングンゲーム(はんにゃ)をしっかり見られたのが収穫かな(YouTubeでチェックはしていたけど)。小学生に流行るかもね。


 豚肉とピーマンのニンニクじょうゆ焼きそばで昼食。

 中華鍋を熱して油をしき、焼きそばをよく炒めて取りだす。ゴマ油を少量足し、豚肩切り落としとピーマン細切りを炒め、軽く塩コショウ。焼きそばを戻し、つぶしたニンニクをひたしておいた日本酒+しょうゆにゆずこしょう少々を混ぜたもので味つけ。

 残ったニンニクじょうゆを活用しました。まずいわけがないわな。


映画秘宝」3月号のベスト&トホホ10を読む。

 日本で推定140人しか見ていないはずなのに、「It is Fine! Everything is Fine.」をベストに選んだ人が4人もいた。

 だから東京にも呼んだほうがいいって。オリンピック招致するよりよっぽど世のため人のためになるよ。


 チーズ入りプチフランスパン、鶏手羽先のオレンジ煮、市販のポテトサラダで夕食。

 フライパンを熱してオリーヴオイルをしき、塩コショウした鶏手羽先をソテーする。行平鍋に移し、オレンジの絞り汁+刻んだオレンジの実+100%オレンジジュース+乾燥ローズマリー少々で15分ほど煮る。皿に盛り、ゆでて半分に切ったサヤインゲンをトッピング。

 サヤインゲンは味というより彩り重視。最初はナイフとフォークでお上品に食べようとしたが、らちがあかず、すぐに手づかみに変更。指が脂&オレンジジュースだらけになったから、食後キレイキレイしましたよ。


 ちりめんじゃこ入り卵かけごはん、味噌汁(インスタント)、サヤインゲンのゴマ和えで朝食。


 昼食兼夕食は適当な煮物。

 日本酒で炒りつけたエノキ、ゴマ油を垂らして湯通しした豚肩切り落とし、ニラざく切り、油抜きした厚揚げ賽の目切りをかつお昆布だし+日本酒+砂糖+しょうゆで煮る。途中でぬるま湯で吸水したフォー乾麺を加える。おろしショウガを薬味にいただく。

 スーパーの特売品を適当に買い、適当に煮て、気まぐれに砂糖を足し、春雨が切れかけていたからフォーを使った。結果はそれなりにうまい。これが家庭料理の醍醐味かと。


 適当な煮物を温めなおして完食。

 フォーが汁を吸い、いわゆる「のびた」状態になっていた。温めなおす前提なら春雨か糸コンニャクのほうがベターだな。春雨買っておかなきゃ。


 たった1日で最高気温が10℃も下がり、凍えております。


 このエントリが一瞬「一条さゆりのプライド」に見えたのはわたしだけでしょうか。気が向いたら見に行くかも。


 今日(1/24)は「誰も守ってくれない」スペシャルドラマが、来週1/30には「20世紀少年スペシャルドラマが放送されるらしい。

 最近は映画とスペシャルドラマこみで予算とってるのかね? 「赤い糸」なんかもそうなんだろうなあ。

「誰も守ってくれない」は見るかもしれない。


 白インゲン豆のパンケーキで朝食。

 ぬるま湯で吸水したあとゆでてマッシュした白インゲン豆、卵、小麦粉、塩コショウをよく混ぜて、フライパンで焼いたもの。ケチャップをかけていただく。

 昨日(1/25)の朝、「夕食に豆を食おう」と思いたち、白インゲン豆の吸水を始めたのだが、昼すぎにはやる気をなくしてだらだらモード。とりあえず夜にゆでてマッシュだけしておき、今日の朝食に活用した。

 ホクホクしてけっこうおいしかったよ。粗めにマッシュして粒を残したほうがいいと思う。


 えらいもんで小麦粉が切れたよ。それでも2ヵ月かかったから、今後も少量買いだな。


 朝青龍復活?優勝。

 白鵬の面目も立ったし、まるで八百長したみたいにドラマティックな場所でしたな。テレビもガッツリ食いついてるし、やっぱ勝たなあかんなあ。


 月曜日は映画館へ。


瀬々敬久監督「感染列島」(2008)

 ひどくはなさそうな予感がして、1000円ならいいかと思い、鑑賞した。

 どうしようもなくはないけど、長すぎるよな。妻夫木聡檀れい田中裕二が泣く場面を全部切り、病院の前での別れで終わらせて100分にまとめればもっとよかった。あるいはミナン島のくだりをふくらませて、70分の細菌ゾンビ映画にするか。

 やっぱり防護服の男たちは悪人で、市民を銃撃したりしないと盛りあがらないなあ。

 それにしても佐藤浩市はすごいね。血吐いて長台詞しゃべったあとホントにガクッと死ぬんだぜ。あれは佐藤浩市じゃなくて村田大樹なんじゃないか。


 証券会社の投資セミナー予告に「板東英二流マネー学」とあったから大笑いした。

 板東英二になに教わるんだよ。サウナのつぶし方か?


 鮭ごはん(焼きほぐしバージョン)、味噌汁(インスタント)、サヤインゲンのゴマ和え、安芸紫で朝食のような夕食。ずれこんだもんでね。


 鮭昆布茶漬け、サヤインゲンのゴマ和えの残りで軽く朝食。

 鮭ごはんの残りをおにぎりにしておき、魚焼きグリルであぶって、茶碗に入れる。塩昆布をのせ、掛川煎茶〈蘭〉をかけて、箸でほぐしながらいただく。要するにこれも残り物です。

 さすがに分量が足りなさそうで、あとで朝食その二を食べるかも。


 昨夜の「しゃべくり007」(1/26放送)は緊急生放送だったそうで、一応録画はしてある。

 徳井義実潮田玲子への真剣告白って「バドミントン日本代表ユニフォームを着たきみを見ながらオナニーしてもええかな」かね?(「やりすぎコージー」天王洲猥談2008参照)


 ダージリン&レモンジャムを塗ったプチフランスパントーストと市販のコーンポタージュで朝食その二。

 やはり腹が減ってきた。このジャムは要するにロシアンティーだからうまいに決まってます。


 昼食は海老グリーンカレー麺。

 皮を剥いてあるブラックタイガー(小)をフライパンで軽く焼き、酒蒸ししておく。中華鍋を熱して油をしき、グリーンカレーペーストを投入して、ニンジン細切りとセロリの葉を炒める。湯+鶏がらスープの素を注ぎ、ブラックタイガーを加え、乾燥コリアンダーをたっぷりふり、しばらく煮る。ゆでた中華麺(中ちぢれ麺)と丼で合わせ、カップヌードルの空き容器でつくった温泉玉子をトッピング。

 温泉玉子は辛さをマイルドにするため。ひさしぶりのグリーンカレーなもので、ココナッツミルクを買い忘れたのよ。


 そういえば、「ラーメンのトッピングはゆで卵に決まってる! 半熟はスープと黄身が混ざるからだめだ!」と小うるさいことを言う食通もいるらしいから、温泉玉子なんか論外だろうな。ま、ラーメンじゃありませんから、これは。


 チーズ入りプチフランスパン、牛すじ肉とうずら豆のトマト煮、市販のポテトサラダで夕食。

 牛すじ肉は水から2時間下ゆでし、切りわけておく。両手鍋を熱してオリーヴオイルをしき、ニンニクみじん切り、乾燥ローズマリー、乾燥バジルをふり、タマネギみじん切り、セロリの茎みじん切り、トマト水煮(缶詰)を炒める。すじ肉のゆで汁で水分調整し、すじ肉、朝からぬるま湯で吸水して下ゆでしたうずら豆を加え、1時間ほど煮込む。塩コショウで調味。


 エドガー・アラン・ポー生誕200周年ということで、半眠半醒状態でこんなことを思いついた。

poe=309

「eoixeなんて変な単語はないだろう」と思いつつネットで調べると、ἔοικέは古代ギリシャ語では"it seems〜"の意であるそうな。発音は「エオイケー」かな。

 んじゃ、また寝ます。


 ダージリン&レモンジャムを塗ったプチフランスパントースト、キュウリとニンジンのエスニック酢の物で朝食。

 キュウリもニンジンもいちょう切りで、ニンジンは湯通しした。


「♪1本でもニョクマム、2さじでもサンバル、3杯でもフォー」

 と鼻歌まじりに買い物に出かけたが、それ以上思いつかず、歌うのをやめた。


 ブナシメジとはんぺんのうどん、エスニック酢の物の残りで昼食。鼻歌とはちがい、和風です。

 具は日本酒としょうゆで炒りつけたブナシメジ、油抜きしたはんぺん短冊切り、つゆはかつおいりこだし+日本酒+しょうゆ、薬味にゆずこしょう。


 ふとテレビを点けたら、中山秀征が「ごきげんよう」(1/27放送)に出演していた。

 3月に「おもいッきりDON(仮)」がスタートしたら出られなくなるんだな。逆にみのもんたが「笑っていいとも」や「ごきげんよう」に出演するんだろうか。

 こういうのは末期的症状のような気もするんだが……。中村仁美の紅白ゲスト出演や「ルパン三世VS名探偵コナン」みたいな。


 ごく普通のチキンカレーライスと市販のゴボウサラダで夕食。

 両手鍋を熱してオリーヴオイルをしき、ニンニクみじん切り、赤唐辛子小口切り、乾燥バジルを入れて、タマネギざく切り、ニンジン乱切り、湯むきして種を取ったトマトざく切りを炒める。水を足し、塩コショウしてフライパンで炒めた鶏もも肉ぶつ切りを加え、1時間ほど煮る。途中でジャガイモ四つ割りを加える。火を止めてカレールー(こくまろ中辛+バーモントカレー中辛)を溶かし、1時間ほど鍋止め。ごはんを炊いて、カレーライスにする。

 ごく普通のカレーライスが食べたくなり、スパイスひかえめでトマトは1玉のみ(赤カレーの場合は2玉あるいは水煮缶)にした。


 白インゲン豆のパンケーキ、ニンジンとブナシメジとはんぺんの炒めサラダ(ナムプラ、コショウ、レモン汁)で朝食。

 具を完食したカレーの残りをパンケーキにかけて食べたら、とてもうまかった。


 数日前に買っておいた小麦粉はまたも200g入り薄力粉。全粒粉やグラハム粉はちょっと割高すぎてね。


 ベーカリーのおかずパン各種で手抜きの昼食。

 外の工事がうるさくて料理をつくる気力がわかないっす。


 ひき肉とキムチの春雨スープ、キュウリのわりと普通の酢の物で夕食。

 中華鍋を熱してゴマ油をしき、合い挽き肉と白菜キムチを炒める。いりこだしを注ぎ、吸水した春雨を加えてしばらく煮る。塩コショウで調味。

 酢の物は塩もみしてしぼったキュウリいちょう切りをレモン汁+しょうゆで和え、すりゴマをふったもの。エスニックにしなかった理由は炒めサラダをつくったらナムプラが切れたからです。


 すりゴマと塩昆布をのせた卵粥(七分粥)で朝食。


 だらだらしながら見聞きしたなかでいちばんおもしろかったのは、平成ノブシコブシオールブラックス話だった(「ダウンタウンDX」1/29放送)。むくつけきラガーメンがやってるところを想像するとなおおかしい。


 小中学校の9割でケータイ禁止。

 グレッグ・イーガン「TAP」を思いだしたよ(『TAP』河出書房新社所収)。

 そういえば、「銀炎」はほとんどオウム真理教の話だったな。水伝とかホメオパシーとかに悪いはまり方をしてる人は読めばいいのに。


 目をひらくと、若い男が正面に立っていた。これ以上はありえないほど、やさしく、思いやりのある表情だ。男は拷問者でも、偽善者でも、それどころか愚か者でもなかった。いくつかの甘美な嘘を鵜呑みにしているだけなのだ。(山岸真訳、p.202)


 よくよく考えたら、オールブラックス(ラグビーニュージーランド代表チーム)が来日したわけがないな。

 しかし、クラシック・オールブラックスならスタメン発表をするはずがない(帰国後の試合などない)から、吉村崇(平成ノブシコブシ)が成田空港で遭遇したのはジュニア・オールブラックスだったんじゃないかね。

 だいたい、本物のオールブラックスだったら成田空港は大騒ぎになるよ。吉村崇はセキュリティに追いはらわれてるだろう。


 昼食はニラネギ牛肉そば。

 中華鍋を熱してゴマ油をしき、牛肉こまぎれを炒めて、塩コショウとオイスターソース少々で味つけ。かつおいりこだし+湯+鶏がらスープの素を注ぎ、刻んだニラと刻みネギをどっさり加えて軽く煮る。ゆでた中華麺(中ちぢれ麺)と丼で合わせる。

 味見したらわたしの舌にはちょうどよかったので、そのまま食べた。濃い味好きの人はさらに塩コショウするなり、しょうゆを足すなり、お好みで。


 豚肉のリンゴ煮、市販のポテトサラダで夕食。

 塩コショウして焼き固めた豚ヒレブロックぶつ切り、タマネギざく切り、皮をむいたリンゴざく切りを水+コンソメ+乾燥ローズマリーで1時間煮込む。途中、リンゴとタマネギをガンガンつぶし、仕上げに塩コショウで調味。

 豚ヒレブロックが特売だったもんで。やっぱり脂っこくないほうがうまいなあ。わたしは液状化したほうが好みだが、フレッシュなほうがいい方は煮込み時間を短縮し、リンゴとタマネギの形を残すとよろしいかと。


2009年2月 前半


 鮭ごはん(焼きほぐしバージョン)、味噌汁(インスタント)、ニラの茎のゴマ和え(湯通しして日本酒+しょうゆで和えすりゴマたっぷり)、キュウリのエスニック浅漬け(塩もみしてしぼりレモン汁+ナムプラ)で朝食。

 ニラのゴマ和えを初めて食べたけど、かなりうまいね。


 白インゲン豆のパンケーキとコーンポタージュ(インスタント)で朝食。ソースはマヨネーズ+安芸紫+ゆずこしょう少々。

 このメニュー、前日に豆を吸水+下ゆで+マッシュしておけば混ぜて焼くだけだから手軽でいいね。比較的おしゃれに豆を食べられるから、便秘に悩むお嬢様方にもおすすめかも。


 昨夜はだらだらしつつ「世界の果てまでイッテQ」(2/1放送)をぼんやり見ていた。

 正月3日から海外ロケに行き、ショベルカーのショベルに乗ったり煙突掃除を体験するベッキーは偉いと思った。「元気の押し売り」(有吉弘行がつけたあだ名@「アメトーーク」)は好みじゃないんだが、ガッツは買う。


 月曜日は映画館へ。


サム・メンデス監督「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」(2008)

 これはなかなかの傑作。

 パリで人生をやり直すという薄っぺらい夢を頼りに自分たちは特別だと思いこもうとする主人公夫婦も、怠惰な日常に他人まで引きずりこもうとする隣人や同僚たちも、ただひとり率直に語る狂人もみんな「希望なき空虚」(hopeless emptiness)に閉じこめられているという実に救いのない話。まさにアメリカ純文学の味わいで、わたしは好きです。

 おそらく原作(未読)が優秀なんだと思う。脚色と演出も手堅くてよかった。

 意味不明の副題はなんとかならんかね。旧邦訳題名「家族の終わりに」のほうがよかったんじゃないか。


 簡易筑前煮、春菊の葉の乾物和え、市販のポテトサラダで夕食。

 湯通しした鶏むね肉、湯通ししたニンジン乱切り、油抜きした薄揚げ短冊切り、ショウガ細切りをかつお昆布だし+日本酒+しょうゆで30分ほど煮て、1時間ほど鍋止め。刻みネギをたっぷりかけていただく。


 鮭ごはん(焼きほぐしバージョン)、味噌汁(インスタント)、煮豆(大豆、ひじき、薄揚げ)、春菊の葉のゴマ和えで朝食。


 市販の細巻寿司と煮豆の残りで昼食。ビミョーに節分仕様です。


 我流ソーキ汁で夕食。

 焼き固めた豚スペアリブ、つぶした皮付きショウガ、ティーバッグに入れた乾燥ローズマリーと乾燥コリアンダーを1時間半ほど下ゆで。ショウガとティーバッグを取りのぞき、かつお昆布だしを足し、ゴボウとニンジンのささがきを加えて、さらに30分煮る。塩コショウで調味し、味見したらやや薄味すぎたからしょうゆを足す。薬味に刻みネギ。


 夕食その二は得体の知れない汁そば。

 我流ソーキ汁を温めなおし、ゆでた中華麺(中ちぢれ麺)と丼で合わせる。薬味に刻みネギをどっさりのせ、サンバルを溶かす。

 どう考えてもソーキそばでもラーメンでもありません。とってもおいしかったからジャンルは不問に処す。


 夜中に目が覚め、ふとテレビを点けたら、三池崇史が演出術を語っていた(「テレ遊び パフォー!」2/3深夜再放送)。

 ひな壇の若者たちが真面目な顔で聞いていたから少々笑う。三池崇史に教わることなんかないよ。だって、煎じ詰めれば「好き勝手にやれ」としか言ってないじゃないの。

 学ぶことができるのはテクニックとノウハウだけで、感性や才能は自分で育むしかない。三池や北野武の映画を勉強するのは最悪ですよ。

ヤッターマン」の抜粋も放送していたけど、なんかつまんなさそうだったなあ。深田恭子にも興味ないから見ないかも。


 ちょい寝坊気味。


 いりゴマと塩昆布をのせたごはん、味噌汁(インスタント)、残り物炒めで朝食。

 湯通しした春菊の茎四つ割りとニンジン細切り(ささがきしきれなかった部分)、ベーコン短冊切りを炒め、塩コショウとナムプラ少々で味つけ。炒めサラダにする予定がレモンがなかった。


 エビと安芸紫のチャーハン、市販のポテトサラダで昼食。

 具は軽く焼いて酒蒸ししたむき小エビ(蒸し汁ごと)、安芸紫、刻みネギで、塩コショウのみであっさり調味。


 木村カエラおっさんとばかりコラボしとるね。


 夕食は洋風鶏ゴボウ。

 焼き色をつけた鶏もも肉ぶつ切り、たわしで洗って棒で叩いたゴボウぶつ切り、タマネギざく切りを水+コンソメ+乾燥ローズマリー+乾燥コリアンダーで煮て、塩コショウしたもの。直火焼きして皮をむいた赤パプリカ細切りをのせていただく。


 泡坂妻夫逝去(2/3)。

 高校時代、本格ミステリのおもしろさをあらためて教えてくれたのはこの人だった。『湖底のまつり』や『妖女のねむり』などのトリッキーかつエロティックな長編が大好きです。ご冥福をお祈り申しあげます。


 白インゲン豆のパンケーキ、キュウリと赤パプリカのエスニック酢の物で朝食。ソースはケチャップ+豆板醤。

 オリーヴオイルが切れ、ゴマ油でパンケーキを焼いたので、ソースを中華風にしてみた。

 酢の物は塩もみしてしぼったキュウリ半月切りと直火焼きして皮をむいた赤パプリカざく切り(夕食用の残り)をレモン汁+ナムプラで和えたもの。


爆笑レッドカーペット」(2/4放送)を録画チェック。

 ナイツの青山テルマ押しは新趣向でおもしろかった。

 レイザーラモンは中笑いにしてやらないとおいしくないだろう。レッドカーペット会員はわかっとらんね。


 ちょいと休養中。


 だらだらしつつ、ひさしぶりにDVD鑑賞。


アーサー・ヒラー監督「大陸横断超特急」(1976)

 わたし、この映画大好きなんですよ。

 わたしの感覚だと「ホット・ファズ」同様、「普通におもしろい映画」なんだけど、いまやカルトで大傑作と激賞しないといけないのかな。おもしろいことは確かだからおすすめしますよ。

 吹替+英語字幕で見たから、いろいろ勉強になった。広川太一郎がどの程度アドリブしてるかとか、TV放映でどこがカットされたとか。


 大いに寝坊したものの気力がいまいちなので、市販の巻き寿司で手抜きの昼食。


 昨夜は「着信御礼!ケータイ大喜利」(2/7)をちらっと見た。なんで20分間なんて半端な時間で放送するのかねえ。


 夕食は東南アジア風ピリ辛汁麺。

【肉みそ】中華鍋を熱してゴマ油をしき、豚ひき肉、刻んだニラ、ニンニクみじん切りを炒め、塩コショウ+サンバル+オイスターソース少々+日本酒少々で味つけ。皿に取りだしたあと、すりゴマをたっぷり混ぜる。

【スープ】いりこだし+湯+鶏がらスープの素に乾燥コリアンダーをたっぷり加え、軽く煮る。ナムプラで調味。

 ゆでた中華麺(細ちぢれ麺)とスープを丼で合わせ、肉みそをたっぷりのせる。

 なんだろこれ。東南アジアの調味料で台湾ラーメン風につくったからベトナムラーメンかね。すりゴマを大量に投入したから担担麺風でもあるか。ま、ラーメンじゃないですから。

 ちなみにベトコンラーメンにはナムプラやサンバルは使っていないらしい。


 温めなおしたスープに吸水した春雨を加え、肉みその残りをかけて完食。東南アジア料理としてはこちらのほうが正統派かも。


 うずら豆のパンケーキ、ニラのゴマ和え、コーンポタージュ(インスタント)で朝食。ソースはケチャップ+マスタード

 少し黒ずんだ色になるから、白インゲン豆のほうが見映えはいいかな。食感がちがっておいしかったけど。


「世界の果てまでイッテQ」(2/8放送)に大竹一樹登場。マジで浸食されとるな。べつに内村光良がキャスティングしてるわけじゃないだろうに不思議だね。


 月曜日は映画館へ。


●デイヴィッド・フィンチャー監督「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(2008)

 ポストモダン風味のアメリ現代文学大長編のようで、けっこうおもしろかったよ。その理由は、

  1. ほら話(tall tale)的な奇想に基づいている。
  2. 主人公の一代記を通してアメリカ現代史を描いている。
  3. 主人公の遺した記録付き日記を読むという形式。
  4. 雷に打たれた男やデイジーの交通事故のエピソードに見られるユーモラスでひねった叙述。
  5. 実際に上映時間が長い(166分)。

 ところが、原作はF・スコット・フィッツジェラルドの短編であるらしい。やはり長編を刈りこむより短編をふくらますほうが映画化はうまくいくね。

 デジタル合成とCGなくしては撮れない映画だが、テクノロジーがあくまで裏方に徹している点はよかった。ゼメキスくんは見習いなさい。

 フィンチャーの初期作はあざとさが鼻についてちょっといやだったけど、最近は演出に風格が出てきたね。


 映画が長すぎて疲れたため、市販の巻き寿司で手抜きの夕食。


 最近の映画ってなんでこんなに長いの?

 2時間46分だろうが1時間半だろうが、入場料は同じじゃないの。シネコンはどこも入れ替え制なんだから、上映時間を短くして回転を早くしたほうがいいと思うんだけどなあ。DVDだって上映時間が長いほうが高価ってわけじゃないだろうに。


 小腹が空いてきたから明日の朝食予定を前倒しし、鮭ごはん(焼きほぐしバージョン)、味噌汁(インスタント)、サヤインゲンのゴマ和えで夕食その二。

 明日の朝どうしよう? ま、そのとき考えりゃいいか。


 鮭昆布茶漬け、サヤインゲンのゴマ和えの残りで朝食。

 鮭ごはんのおにぎりを魚焼きグリルで焼き、塩昆布と安芸紫をのせて、相良煎茶〈蘭〉をかけたもの。おにぎりにしておくと寝る前に土鍋が洗えるメリットもあり。


「世界まる見えテレビ特捜部」(2/9放送)がインド映画の命がけスタントを取りあげ、「インドでは上映時間が3時間はないと金を払って見に行くのはもったいないと感じる」と紹介していた。いまや世界的にこういう感覚なのかな。

 歌と踊りとラブロマンスと体張ったアクションのある映画ならいいけどさ、難病にかかってみんな泣いてるのを3時間見せられてもなあ……。


「しゃべくり007」(2/9放送)でレギュラーとゲストがおすすめ映画を紹介していた。「少年メリケンサック」(宮藤官九郎監督、2009)の宣伝でTSUTAYAとのコラボってのがアレですけど。

 せっかく録画チェックしたから一応記録しておくと、

 泰造とは友達になれそうな気がしました。

三丁目の夕日」が入ってるのは日テレの番組だからいたしかたなかろう。


 昼食は豚肉と小松菜のチャプチェ。

 中華鍋を熱して油をしき、豚肉こまぎれとニンニクみじん切りを炒め、塩コショウとオイスターソース少々で味つけ。小松菜ざく切りを加えてさらに炒め、吸水した春雨を入れ、湯+鶏がらスープの素+コチュジャン+日本酒+しょうゆ+バルサミコ酢を注いで軽く煮る。

 コチュジャンを使ったからわりと正統派かな。


 夕食はキムチ肉豆腐。

 中華鍋を熱してゴマ油をしき、合い挽き肉を炒めて塩コショウで軽く調味。白菜キムチを加えてさらに炒め、いりこだしを注ぎ、水切りした木綿豆腐賽の目切りを入れてしばらく煮る。味見したらちょうどいいあんばいで、そのままいただく。

 今日の昼食と夕食はどちらも韓国風だな。狙ったわけじゃないんだけど。


 十二穀食パンのキムチサーディントーストと小松菜の乾物ゴマ和えで朝食。

 小松菜の乾物和えにすりゴマを足したもの。


 昼食はシューマイ焼きそば。

 中華鍋を熱して油をしき、焼きそばをよく炒めて取りだす。ゴマ油を少し足し、刻んだポークシウマイ(楽陽食品)とホウレンソウを炒める。焼きそばを戻し、湯+鶏がらスープの素+日本酒+しょうゆ+豆板醤少々で味つけ。


 夕食はそば屋のカレーライス。

 両手鍋を熱して油をしき、タマネギ薄切りとニンジン乱切りをカレー粉をふりつつ炒める。かつお昆布だしと日本酒を注ぎ、湯通しした牛肉薄切りを加えて30分ほど煮る。途中、ジャガイモ八つ割りを加える。火を止めてカレールーひとかけ(こくまろ中辛)を溶かし、しばらくなじませる。一方でごはんを炊き、カレーライスにする。

 肉は薄く、ハーブを使わず、あまり煮込まず、ルーはさらさらのニッポンのカレー。でもジャガイモでかすぎてバランス悪かったっす。


 ジャガイモだけ取りわけて食べたあと、カレーライスを完食。

 今度はニンジンが多すぎるような気がした。ごろごろした具は目立つからバランスを取るのがたいへん。


 ブリの二色焼きと煮豆(大豆、ひじき、薄揚げ)で朝食。

 ごはんと味噌汁をつければほぼ完璧なんだが、めんどくさかったもんで。ゆうべカレーライス食べたし。


 昼食はホウレンソウとニンジンの和風精進ペペロンチーノ。

 洗ったホウレンソウざく切りと湯通ししたニンジン細切りを塩昆布もみしておく。中華鍋を熱してオリーヴオイルをしき、つぶして刻んだニンニクと赤唐辛子小口切りをじっくり加熱し、ホウレンソウとニンジンを炒める。ゆでたスパゲティとからめて、隠し味程度にしょうゆをふりかける。

なんだか買い物に行きたくない気分なのでありものですませた。ベーコンなどの肉系食材を足すともっとおいしくなるでしょう。


 バレンタインデーだってのにだらけてまーす。ま、チョコなんかもらえないからいいか。とりあえず中間報告など。


ダウンタウンDX」(2/12放送)は荒川恵理子が抜群におもしろかった。テレビで「チ●ポ」と発言するのはやめたほうがいいと思いましたが(でも下ネタじゃなくてほほえましい逸話なのだよ)。


 昨日は「ゴチ10@ぐるナイ」(2/13放送)を視聴し、エスミール(江角マキコ)の勝負弱さに大笑いした。いっそのこと全敗してほしい。


 上映時間を長くしたいのなら、2本立てにしてほしいよな。

「感染列島」の鶏インフルエンザとミナン島のくだりを全部切り、妻夫木聡檀れいの病院前での別れで終わらせて、90分にまとめる。一方、嶋田久作がミナン島でどういう最期を遂げたかをふくらませて、45分の細菌ゾンビ映画にする。

 この「感染列島」と「感染ゾンビ島」2本立てなら、もっと楽しく鑑賞できただろう。上映時間は変わらないよ。


 んじゃ、また。






a day in the life of mercy snow







2009年3月前半


 またも寝坊。


 食パンのオイルサーディントーストで小腹を満たす。

 今回も砕いた花椒を混ぜてみた。キムチがないときは定番になりそうな予感。


『バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争 邦画バブル死闘編 2007-2008年版』をざっと読む。「映画秘宝」連載時にすべて読んでるからね。

 わたしが見た映画は「大日本人」「舞妓Haaaan!!!」「怪談」「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」「クローズド・ノート」「ミッドナイトイーグル」「椿三十郎」「隠し砦の三悪人 The Last Princess」「ザ・マジックアワー」「崖の上のポニョ」「スカイ・クロラ」の11本。

「怪談」(中田秀夫監督)はおもしろかったけれど、円朝完全版をめざした熱意に惹かれたのであって、映画的感動とは質がちがうかもしれない。「崖の上のポニョ」(宮崎駿監督)は、あそこまででたらめだとほめる立場もありだと思う。その他の映画に関しては異論はございません。


 寝坊したうえに気分もいまいちなので、今日はこれにて。


 月曜日は映画館へ。


新藤兼人監督「石内尋常高等小学校 花は散れども」(2008)

『日本映画最終戦争』を読んで、唯一見たくなった映画。ちょうどメトロ劇場で上映中だったので駆けつけた。

 オレ、新藤兼人の映画はろくに見てないんだけどさ、こんな変な映画を撮る人だったっけ? いわゆる老人力のたまものなのかな。

 いかに変な映画かは同書pp.241-245をお読みください。個人的には原口智生の特殊メークをして暴れる大杉漣がよかった(<嘘じゃないよ)。


 市販の巻き寿司で手抜きの夕食。

 石内尋常高等小学校校歌が耳について離れず、料理をつくる気力がわかないでありまーす!


「ネプリーグSP」(3/2放送)をぼんやり視聴中。

 石田衣良はほとんど準レギュラーだなあ。直木賞作家が常識クイズで勝負弱いのはおもしろいから当然か。

 茂木健一郎がテレビに引っ張りだこなのもわかるよ。テレビは「テレビが言ってほしいこと=視聴者が聞きたいことをはっきり言ってくれる人」が好きなのよ。テレビ局の人間は言わない。問題が生じると困るからね。

「テレビなんかくだらないもので視聴者も真面目に視聴していないに決まってる。だからテレビでそれなりに名を売って、自分がやりたいことができるようになればいい」とお考えなら全然かまわないし、結果としてすばらしい作品や有益な研究成果が生まれるなら、わたしはいいと思いますよ。

 追記。ご本人が「この番組に出るたびに読者が減るんですよ」とギャグを飛ばしていたから笑った。


 いりゴマ、塩昆布、ちりめんじゃこをのせた卵粥(七分粥)で胃腸刺激的朝食。


  今夜の「誰も知らない泣ける歌」(3/3放送)でクレイジーケンバンド「いいね!横浜G30」を紹介するらしいんだが、どうするかなあ……。ゴミ分別の歌を聴いて西田敏行がどう泣くのかという興味は少しあり。

 昔、近田春夫が「芸能人はすぐ泣けなきゃだめ。オレも芸能人だから泣けるよ」と言ってたよ。


 鳩山邦夫総務相、東京中央郵便局を視察。スタンドプレイの鬼だね、この人。

 磯達雄・宮沢洋『昭和モダン建築巡礼』(西日本編東日本編日経BP社)の「戦前の建築は大切にされるのに、戦後の建築はあっさり壊されてしまう」という言葉をふと思いだした。


 昼食はイワシつくねとニラのエスニック汁麺。

 市販のイワシつくねとニラざく切りをかつおだし+水+鶏がらスープの素で煮て、刻みネギをたっぷり加え、ナムプラとコショウで味つけ。ゆでた中華麺(中ちぢれ麺)と丼で合わせ、サンバルを薬味にいただく。

 ひさしぶりにサンバルを使ったのは、Kokitaのサンバル・オレックに新調したからでもあるし、昨夜「世界まる見えテレビ特捜部」 (3/2放送)で見たミーバッソ(ミバクソ、mie bakso)の影響でもある。内山信二と山本高広はサンバル大さじ5杯入れて食ってたけど、わたしはリアクション芸人じゃないから、ほんの小さじ1杯。だから、サンバルは辛いんじゃなくてうまいんだってば。


 ちなみに少し前からナムプラも天秤印のTra Changブランドに切りかえてます。


 オレ、インドネシア語は全然わかんないんだけどさ、これ、もしかして「肉団子入り鶏そばの歌」なのかい? 「ラーメンたべたい」みたいな? ちがうか。

 余談ですが、これはレゲエ+スカですね。ちょっとかっこいい。


 鶏肉のオレンジズ&レモンズ煮、市販のポテトサラダで夕食。

 皮に穴を開け、塩コショウした鶏もも肉グッチ裕三+ケンタロウ流にソテーする。行平鍋に移し、オレンジ汁+レモン汁+水+コンソメ+乾燥ローズマリーで落としぶたをして煮る。平皿に盛り、素焼きして皮をむいた赤パプリカ細切りをトッピングし、ナイフとフォークでいただく。

 100%オレンジジュースを買い忘れたため、レモンを追加。それでも水分量が足りなかったからコンソメスープをプラス。赤パプリカは味より彩り重視です。


 肉団子入り鶏そばに誘われて、YouTubeCampursariというジャンルの音楽を試聴中。なかなかいいね。

 よく知らないんだけど、「Ketaman Asmoro」ってものすごくいい曲だね。日本の演歌歌手の人はこういう歌を歌えばいいのに。

 追記。この曲のなにがすごいかというと、演歌の最も盛りあがる部分しかない。インドネシア風のアレンジはいわずもがな。いっそのこと誰かカバーしたらどうかね。


 調子がいまいちなので休息中。


 あいかわらず休息中。明日くらいにはなんとか。


 ひさびさの絶不調で、月曜日なのに映画館に行く気力もないほど。

 復活したら気晴らしに浪費してやろう、という凶暴な気分に駆られる(ま、定価で映画見るくらいだろうけど)。


 気晴らしに遊びほうけていましたよ。主に映画見ただけだが。


三池崇史監督「ヤッターマン」(2008)

 普通の出来かな。

 たいしておもしろくはないけど、アニメの設定やパターンは一応押さえてあるし、「ヤッターマンの歌」「実写版天才ドロンボー」「ヤッターキング」をフルコーラスどころか2番まで歌うし、カメオ出演もあるから、ファンはとりあえず不満はないかも。

 ただし、「ヤッターマン1号とドロンジョ様の恋愛を盛りこもう」などとと提案したバカはお仕置きだべー。

 ギャグがサムいうえにオヤジくさいのには閉口した。「2号さん」なんて田母神並の低レベルだぜ。

 ところで、八奈見乗児は顔出しで声をあてない主義なのかね? それとも「新・堂本兄弟」(3/1放送)の生瀬勝久のように、ボヤッキーは忙しくて来られないジンクスがあるのか?


ロジャー・ドナルドソン監督「バンク・ジョブ」(2008)

 これはなかなかの佳作。

 実におもしろいネタを冒頭すぐに割っており、「なんともったいないことを……」と思った。普通のケイパー映画だと思わせておいて、貸金庫を開けてびっくり、という展開のほうがよかったんじゃないかなあ。

 でも、これはたぶんスリラー「小説」の発想だろうね。ヒッチコックの名言どおり、映画はサプライズよりサスペンス。じゅうぶん楽しめたから、こういう処理が正解なんだろうな。

 最も好感を持ったのは回想シーンがないこと。登場人物の過去は台詞と演技で暗示すればいいのよ。いちいち回想なんかするから映画が長くなるの。


ヤッターマン」を見たとき、劇場に子供連れがいたから少し驚いた。

 だが、「ヤッターマン」なんだからあたりまえか、オレの感覚がおかしいんだな、とすぐに反省した。

 実際に鑑賞してみると……うーむ……子供向きじゃないような気が……。


 疲れたから今日はもう休むぞよ。


 すりゴマと塩昆布をふったニラ卵粥(七分粥)で朝食。


 昨夜の「爆笑レッドカーペット」(3/11放送)はおもしろかったねえ。

 バッファロー吾郎の「想像でグータンヌーボ」が特にすばらしい。たんなるテレビ番組のあるあるネタよりはるかにクリエイティヴな笑いだと思う。

 世界のナベアツの「アットマークの成長」、我が家の「野球拳」もよかった。

 これだけほかがおもしろいと、ゴー☆ジャスくまだまさし、ゆってぃ&オードリー春日&もう中学生もほのぼの鑑賞できるから不思議である。


 市販の鯖寿司で昼食。


 ふとテレビを点けると、八田亜矢子が映った(「ごきげんよう」3/12放送)。

 最近、高学歴女性アイドルがバラエティやクイズ番組によく出演してるけど、もっぱらおバカ発言や常識クイズ不正解を期待されてるんだよね。現役東大生がものを知らないのがおもしろい、というわけ。

 そういえば、「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」の座りトークに出演した現役東大生アイドル(名前失念。八田亜矢子じゃなかった)は「東大を卒業したらなにになるの?」と訊ねられ、

「できればずっと芸能界で」

 と答えてたよ。「芸能人になるため東大をめざす」のもありみたいですね。

 もしもあなたが作家映画監督をめざしているなら、吉本芸人になるのがいちばんの近道ではないかと。


 鶏手羽先と大根のスープ、タマネギとニラのエスニック和え、市販のポテトサラダで夕食。

【スープ】手羽先は塩をまぶしてラップにくるみ、冷蔵庫に3時間ほど寝かしておく。軽く洗って水気をとった手羽先を行平鍋に並べ、落としぶたをして、水+日本酒+花椒(粒のまま)+乾燥コリアンダーで小1時間ほど煮る。途中で大根厚めのいちょう切りを加える。塩で調味。

【和え物】水にさらした新タマネギ細切り、湯通ししたニラざく切りをレモン汁+ナムプラで和える。

 スープは気晴らし中にたまたま雑誌で読んだレシピにおおむね従った。確か「鶏手羽元と大根のスープ ポルトガル風」という名前だったはずだけど、いったいなにがどうポルトガル風なのかは知らない。山椒も大根もポルトガル風なわけがないから、鶏を塩もみ(?)することかね。

 かなりの薄味なので、「味しない」と感じる人は鶏がらスープの素を併用するとよろしいでしょう。胃腸にやさしそうなメニューですな。


 ネットにもこういうレシピがあった。やっぱり塩もみがポルトガル風なんですかね。


 白インゲン豆のパンケーキエスニック和えの残りで朝食。


 昨夜の番組を録画チェック。


ダウンタウンDX」(3/12放送)に多岐川華子が出演していた。

松本人志「おかあさん(多岐川裕実)のちょっとエッチな映画をものすごく浜田に誘われてね、強引に連れていかれたことがあります」

徳光和夫「ああ、『聖獣学園』」

浜田雅功「徳さんも見た?」

徳光「見たよ」

松本「もう、目の色変えて誘われましたからね」

 深田恭子のボンデージファッションで釣った下ネタ満載の映画は日本映画の王道かもしれない、とふと思った。

 足りないのは生身のアクションかな。ほとんどCGと編集でごまかしてたからね。深キョン手取り足取り教えこんでも無理だろうが、櫻井翔はもっと動けるんじゃないの。


 プチフランスパン、イワシのグリル、市販のポテトサラダで昼食。

 頭と内臓を取ったイワシに塩をまぶし、ジップロックで封印して、冷蔵庫で2時間ほど寝かせる。魚焼きグリルでこんがり焼き、レモン汁を垂らす。

 これもポルトガル風であるらしい。シンプルだからこそ塩がおいしくないとだめだろうな。ちなみに今回はアルペンザルツを使用。


 夕食は豚肉と小松菜のみぞれ煮。

 湯通しした豚肉こまぎれ、小松菜ざく切り、シイタケ薄切りを昆布だし+日本酒+しょうゆで煮る。椀にもりつけ、大根おろしをたっぷりのせる。

 大根おろしを混ぜて食べる前提だから、煮物自体はごくシンプルに仕上げた。ただ、もうちょっと濃い味にしたほうがよかったかな。

 そのまま1杯、うどん(ゆでめん)を加えてもう1杯食べ、すでに完食済み。


 ちょい寝坊気味。


 いりゴマ、塩昆布、ちりめんじゃこをふった心平粥で軽く朝食。ほかに食材がなかったもんで。


 とある理由で休息中。


 とある野暮用で終日外出。けっこう遠出だったので疲れた。







袖摺り合うも ……




   旦那しゃま、この諺でしゅが、
   『 多少 の 縁 』 ではなくて、『 他生 の 縁 』 でしゅ。
   『 他生 の 縁 』、つまりは、輪廻転生ので過去になんらかのえにしがあった。


   つまり、出会ったのが、多少の縁なのではなく、
   過去になんらかのえにしがあって ( 再び ) 出会ったということでしゅ。



錠前狂えば鍵あわぬ


うちの裏のせんざいに
  雀が三匹とまって
    一羽の雀のいうことにゃ
      おらが在所の陣屋の殿様


 狩好き酒好き女好き
   わけて好きなが女でござる
     女たれがよい枡屋の娘
       枡屋器量よしじゃがうわばみ娘
         枡ではかって漏斗で飲んで
           日がないちにち酒浸り
             それでも足らぬとて返えされた

Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap
Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap
Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap
Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap




2009年3月 後半


 月曜日なので映画館に行こう……と喜び勇んで出かけたら、財布のなかに2000円しかなかったあるよ。あいにくキャッシュカードを持ち歩かない主義なので、いかんともしがたい。すごすご引き返し、むかついたから今日は休む。


 帰り道、新規開店した台湾料理屋を見つけ、気まぐれに入店してみた。

 応対した店員は中国語訛りがあったが、麺類メニューのトップは台湾ラーメンだ。はて? 台湾ラーメン台湾料理ではないはずだが……。

 首をひねりつつ顔を上げたら、壁に「名物ベトコンラーメン」という貼り紙があったから、さらにめまいがした。

 えーっと、ここのご主人は本場名古屋で修業した台湾人だと思うよ。


 1日だらけてました。


 バタールの山椒入りオイルサーディントーストで朝食。

 やっぱり食パンよりフランスパンのほうがうまいかな。でも、面積が小さくなり、タネをたくさんのせられないから、何回も焼かないといけないんだよね。最近「山椒は必須」と思うようになりました。


 こういうことらしいからダウンロードはお早めに。おもしろい番組の終了はたいへん残念である。


 いい天気なので大いに洗濯。黄砂が降らなきゃいいけど。


 市販の鯖寿司で軽く昼食。今日はこういう感じでちょぼちょぼ食べることになるかと。


 ベーカリーのおかずパンとインスタントのコーンポタージュで軽く夕食。


 インスタントのコーンポタージュで軽く朝食。


 陣内智則藤原紀香離婚へ。

 よかったなあ陣内。これでしばらく話題に困らないし、慰謝料もたんまりもらえるだろうし(<ちがうか)。


 中村融さんからロバート・E・ハワード『真紅の城砦』中村融訳、創元推理文庫)をご恵贈いただいた。ありがとうございます。

 ひさしぶりの新訂版コナン全集第5巻である。なるべく早く完結しますように。


 現代日本でコナンといえば、まずは名探偵コナン、つづいてその名の元となったアーサー・コナン・ドイルで、英雄コナンは3番手だろう。

 最も無名なのは桂小南かな(現在は空き名跡であるらしい)。

 追記。3番手は未来少年コナンかな。


 わけあって昼は外食した。今日(3/19)は暖かいを通りこして暑いね。


 ふと思いだしたので、都筑道夫の「オードリー・ローズ」(ロバート・ワイズ監督、1977)評を引用。


 またしても私好みのオカルト映画で、ごめんなさい。しかし、監督がロバート・ワイズだ。このひと、怪奇映画でも、かつて「たたり」という秀作をつくっている。だから、大いに期待できるはずだった。

 ところが、映画がはじまって、アイヴィが登場すると、どうも困ったことになった。オーディションで、五百人のなかから選ばれたという少女俳優、スーザン・スウィフトが、私の嫌いな落語家、桂小南にそっくりの顔をするのだ。〔……〕

 彼女の責任でもなければ、監督の罪でもない。けれど、こういう偶然が、邪魔をすることはあるもので、アイヴィが出てくると、おかしくってしかたがない。(『サタデイ・ナイト・ムービー』集英社文庫、pp.73-74)

 この本はいわば「都筑道夫の70年代ワンマン映画秘宝」で、個人的には名著である。復刊はされないと思うから、古本屋で見かけたら手にとってみてください。


 演出を学びたい人ロバート・ワイズの映画を勉強するといいんじゃないかね。どんなジャンルでも手がたくおもしろく撮れる監督だから。


 日本代表は無事にWBC準決勝に出場できたらしい(3/19)。とりあえずよかったよかった。


 台湾つけ麺と市販のポテトサラダで夕食。

 中華鍋を熱してゴマ油をしき、合い挽き肉とニンニクみじん切りを炒めて、塩コショウ、日本酒、豆板醤、オイスターソース、バルサミコ酢、しょうゆで味つけ。いりこだし+湯+鶏がらスープの素を注ぎ、ニラざく切りを加えて軽く煮る。一方で中華麺(中ちぢれ麺)をゆでて冷水でしめ、砕いた花椒をたっぷりまぶして、つけ麺としていただく。

 初夏並みの陽気に浮かれて、ひさしぶりにつけ麺をいただいた。自作するとニラとひき肉を増量できるのがナイス。


 インスタントのコーンポタージュで軽く朝食。

 気まぐれにすりゴマを混ぜてみた。あと、カレー粉を少し加えても目先が変わっておいしいよ。ま、いろんな種類のインスタントスープを買えばすむことなんだが。


 吉本興業沖縄国際映画祭宣伝攻勢はすごいね。あらゆるニュース番組で大々的に報道したうえ、吉本がらみのバラエティ番組(「ダウンタウンDX」「ぐるぐるナインティナイン」など)では生放送SPを組んでたぜ。東京国際映画祭だってこんなに大宣伝できないって。

 正直、なぜ吉本がこれほど映画に力を入れるのかよくわからんのだが、悪いことじゃないか。品川ヒロシの「ドロップ」はもしかしたらおもしろいかもしれない(原作は未読)。


 松本人志も監督第2作「しんぼる」を撮ったらしい。ま、暇があったら見るかな。

 松本の映画は「いまや予算がかかりすぎてテレビではできないコント」だとわかったから、期待はしてないよ。


 市販の巻き寿司で軽く昼食。あいかわらず食欲不振気味です。


 ふとテレビを点けたら、大河ドラマ天地人」(3/21再放送)の冒頭に「なんてったって本丸」(しかも筆文字)と出たため、椅子からころげ落ちそうになった。いっそのこと、そういうタイトルに変えたらどうか。

 なんでもこのドラマは毎回妻夫木聡が泣くのが売りらしい。いや、見てないから知らんけど。


 新聞報道によれば、「しんぼる」「閉じこめられた男がそこから逃げようとする設定です。キャストはほとんど僕しか出てないですね。あとは、ちょろっと外国人が出てるくらいで」「今回はほとんど言語はない仕上がりになってます」とのことらしい。

↓もしかしてこーゆー映画かね? ちがうか。


 夕食はさわやかなネギうどん。

 朝からいりこをじっくり吸水し、しばらく煮て、いりこだしを取る。日本酒と花椒(粒のまま)を加えて煮立たせ、しばらく放置。うどん(ゆでめん)をゆでて冷水で洗い、青ネギざく切りといっしょにつゆに入れ、軽く煮る。しょうゆで味つけ。

 栄養補給というより胃腸刺激のためのメニュー。ネギは1把まるごとぶちこんだ。これだけ手間をかけると、“さわやか”に仕上がりますよ。


 1日おきに10℃も気温が変わりゃ不調にもなるわな。元気が出てきたら気晴らしに映画館に行く予定。


 なんとか映画館に行けましたよ。


品川ヒロシ監督「ドロップ」(2008)

 けっこうおもしろかったよ。新人監督の第1作としては及第点かな。

 少人数の喧嘩の場面に迫力があり、格好など気にせず必死で戦う感じがよく出ていたのは、実体験のある監督ならではかもしれない。ファミレスの窓をぶち割る場面が特によかった。

 ただし、クライマックスの大立ち回りやタイマンはかっこよく撮ろうという欲が出たらしく、ありきたりでつまらない。

 綾部祐二(ピース)、若月徹(若月)、住谷正樹レイザーラモン)ら吉本芸人の演技がよかったのには驚いた。

 この映画の問題点はふたつある。

 ひとつは、後半に「誰かを死なせて感動させる」という現代日本映画の悪質な作劇術が用いられていること。中学校の卒業式で終わらせ、100分にまとめていたら、もっとほめていただろう。

 もうひとつは、あまりにも美化しすぎていること。まず、不良たちが誰ひとりとして中学生に見えない。主人公が成宮寛貴だからかっこよく見えるのであって、本物の中学生が演じたら、相当陰惨な印象を与えるにちがいない。イケメンでもいいからせめて十代の役者を使うべきじゃなかったのか。

 品川ヒロシは不良のいやな面やだめな面も熟知しているだろうに、そうしたダークサイドにはいっさい触れない。ま、自伝“的”小説や映画とはそういうものだが、教育上よろしくはないわな。

 水嶋ヒロは「人間は簡単に死なない」と口癖のように言うけれど、中学生はバカだから簡単に殺しちゃうんだよ。


 いりゴマをふったアスパラそぼろめし、味噌汁(インスタント)、市販の卯の花で夕食。

【そぼろ】中華鍋を熱してゴマ油をしき、合い挽き肉を炒めて、塩コショウ、オイスターソース少々、しょうゆで味つけ。

 昆布だしでごはんを炊き、アスパラ輪切りをのせて、しばらく蒸らす。そぼろを加えて混ぜあわせる。

 特売のアスパラを買ってアスパラ鶏めしをつくる予定が、合い挽き肉も特売だったのでつい買ってしまった。だからこう処理した次第。やや薄味すぎで、もうちょっとそぼろを増量するか、昆布だしに味つけして炊いたほうがよかったかな。

 特売だと料理する気力がわくねえ。


 食パンのキムチサーディントーストで朝食。


 陣内智則は「おもいッきりDON!」の水曜レギュラーなのか。離婚は日テレの番宣だったのかな。

 中山秀征は20年後「誰も理由は知らないがなぜかエラソーな人」(例・大橋巨泉みのもんた小倉智昭)になってると思うね。


 なぜかエラソーな人で思いだしたこと。

 かつて故ナンシー関が「ヒロミ・松本伊代夫妻は将来キンキン・ケロンパ愛川欽也うつみ宮土理夫妻)になる」と予言していたが、残念ながらはずれそうである。理由は知らない。エラソーになるのが早すぎたのかな。

 いまキンキン・ケロンパに最も近いのは名倉潤渡辺満里奈夫妻だろうね。将来、名倉のネプチューン時代はロバくん、満里奈のおニャン子時代はロンパールームのように扱われるかもしれない。

 名倉潤はほぼ間違いなく司会業、原田泰造はがんばれば役者でやっていけるだろう。最も笑いの才能(というか異能)のある堀内健が最も苦労するかも。


 昼食は水餃子。

 行平鍋で市販の餃子をゆで、レモンじょうゆで食べる……予定だったんだが、ちょっと目を離したすきに皮が破れてしまったよ。あわてて救出し、ほんの2個ほど食べられました。

 焼き餃子用の市販品は皮が薄いんだな。夕食に向けての実験としては、いい経験だったか。


 キムチと餃子のスープ、アスパラガスのエスニックゴマ和えで夕食。

【スープ】中華鍋を熱してゴマ油をしき、ミックスキムチを炒める。いりこだしと日本酒を注ぎ、エノキを加えて軽く煮る。市販の餃子を加え、煮えたら速攻で食べる。

【ゴマ和え】湯通ししたアスパラガスの茎細切りをレモン汁+ナムプラで和え、すりゴマをたっぷりまぶす。

 某所で目にしたキムチ餃子鍋がうまそうだったから試作したが、具が少なすぎて鍋とはいえない。昼食実験の反省をふまえ、餃子を入れたら目を離しません。


 日本が韓国を5-3で下し、WBC2連覇。

 イチローはちゃんと帳尻を合わすなあ。スターの証拠だね。


 チェリージャムをのせた食パンのフレンチトースト、コーンポタージュ(インスタント)、エスニックゴマ和えの残りで朝食。ゴマ和えはほんのちょっとで、箸休め(というかフォーク休め)程度。


 陣内智則は離婚会見ネタをやったらどうか。オフの音声で記者がボケて、陣内が「なんでやねん!」とひとりツッコミするとか。


 そういえば、昨夜(3/24)の小沢一郎記者会見で「WBC決勝戦でのイチロー選手のように、企業・団体献金の全面禁止というクリーンヒットを放つ考えは」と質問したバカはどこの記者なのかね。全然うまくねえよ。


 昼食は水菜のうどん。

 具は水菜ざく切り、つゆはいりこだし+日本酒+しょうゆで、市販の揚げ玉をたっぷりのせ、薬味に黒七味。

 水菜はつゆで湯通しする程度でシャキシャキに。


 早川書房様よりSFマガジン5月号をご恵贈いただいた。

 というのは、バリントン・J・ベイリー追悼特集に原稿を書いたから。いや、当然買うつもりだったもんで、雑文を書いてもらえるならありがたいかな、と。志が低くてすまんのぉ。


 プチフランスパン、タラのムニエルサルモリーリョソースで夕食。つけ合わせは市販のポテトサラダ。

【ムニエル】塩コショウして小麦粉をまぶしたタラ切り身をオリーヴオイルで焼く。

【ソース】つぶしたニンニク、乾燥オレガノ、レモン汁、オリーヴオイルを混ぜあわせてなじませ、ニンニクは取りのぞく。

 鮭よりタラのほうがうまいかもしれない。オレガノを多めにすると吉。


 朝起きたら吹雪いていたからめまいがした。おいおい、もうすぐ4月だぜ。


 新巻鮭ごはん(当然焼きほぐしバージョン)、味噌汁(インスタント)、インゲンのゴマ和え、水菜のサラダで朝食。

 サラダは水菜ざく切り、揚げ玉、ちりめんじゃこをサルモリーリョソースの残り+しょうゆで和えたもの。揚げ玉を使ったのは夢のお告げによる。


 SFマガジン5月号の山田正紀イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ』連載第19回を拾い読みしてみた。

 いやー、あいかわらずだねえ。これこそが山田正紀ですよ。ある意味ベイリーを超えてるな。

「傍点スピンクス(p.162)にはちょっと笑いました。テキストファイルで指定するとこういうことがあるからこわい。


 そういえば、こないだ暇検索してたら、『妖虫戦線』の古い書評を見つけた。東大SF研会誌に1995年に掲載されたものらしい。

「ハイパー金融サイコだそうです。 金融ネットワークの情報流を進化圧として生じたデリヴィルスが現実を侵す。と、ここまでならまあまだ納得できるんだけど。それでなんでシリコンの触覚〔ママ〕をもった巨大昆虫がディスプレイからはいでてきて暴れるんでしょうね」

 わかってねーなあ、それが山田正紀なんだよっ! とおじさんのわたしは思ったよ。

 で、こういう話を書くから収拾がつかなくなり、途中でやめちゃう。それも山田正紀なのよ。


 鮭とインゲンのチャーハンで昼食。

 新巻鮭ごはんとゴマ和え用のインゲン(ゆでて日本酒+しょうゆにひたしておいたもの)輪切りをチャーハンにしただけで、朝食と内容はほとんど同じ。しかし、形式が変わると飽きずにおいしく食べられるのであった。記号論の成果か?(<ちがうよ)

 水菜のサラダもまだ残ってるんだよな。これは夕食のときにでも。


 昨夜の番組を録画チェック中。この時期は長時間特番が多くてチェックもたいへんである。


「笑ってコラえて!SP」(3/25放送)でフィリップ・デュフォーという人を初めて知り、つい腕時計の値段を調べてしまう。

 税込457万8000円ですか。うーむ……ダイソーで買った200円のデジタルウォッチ使ってるオレには縁のない世界だなあ。


 豚肉とニラのショウガ焼き、水菜のサラダの残り、市販のポテトサラダで夕食。

 豚肉こまぎれをおろしショウガ+日本酒+しょうゆ+砂糖に30分ほどひたしておく。中華鍋を熱して油をしき、豚肉を炒め、コショウで味つけ。ニラざく切りを加えてさらに炒め、漬け汁を少々加える。

 珍しく砂糖を使ったのは、ショウガ焼きは甘辛いほうがおいしいと思ったから。


 いりゴマをふったごはん、味噌汁(インスタント)、カジキマグロのゆずこしょう照り焼き(日本酒+しょうゆ+ゆずこしょう+おろしショウガ少々)、ニラのエスニックゴマ和え(湯通ししてレモン汁+ナムプラ+すりゴマ)で朝食。


 おっと、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権14@とんねるずのみなさんのおかげでした」(3/26放送)を録画しそこねてたよ。ちょっとショック。


 ショックを受けたせいではないんだが、調子がいまいちなので今日はこれにて。


 なんかえらい寒いんですけど。花冷えっつーの? 風邪ひきそうなくらいだよ。


 だらだらしつつも、「NHK杯将棋トーナメント」出場女流棋士決定戦(3/29放送)をテレビ観戦。矢内理絵子女王が出場権を獲得した。

 里見香奈倉敷藤花のおかげで将棋ファンが増えるといいなあ。


 月曜日は映画館へ。


ザック・スナイダー監督「ウォッチメン」(2009)

 原作は特に口語の台詞がまったくわからず、多少英語ができる気になっていた青二才をアメコミ恐怖症に陥れた作品。それでもがんばって半分くらいは目を通したんだっけな。

 約四半世紀ぶりにどういう話かわかり、たいへんありがたかった。映画としてどうかというと……うーむ……ムニャムニャ。


 ベーカリーのおかずパンとコーンポタージュ(インスタント)で軽く夕食。


 烏龍茶で胃腸活性中。食欲のほうはまだいまひとつか。


 マンガの映画化は難しいな、とふと思う。

 なまじ映画に似た「フレーム化された画像」を使っているため、どこまで原作に忠実かが必要以上に重視される。小説の場合はメディアが全然ちがうから、そこまでうるさく言われない。

ウォッチメン」のようにキャラクターだけいただいたり、話を大幅に改変できない(したら意味がない)作品なら特にそうだろう。

「ここまで原作に忠実だ」という賛辞や「でもここが原作とちがう」というトリビアを見聞きするたびに、「撮影中にスタッフに漫画を見せて『こういうふうにする』なんて言ってたらしい」『日本映画最終戦争』p.230)とか「小泉響子にソックリ」とかいう話を思いだしてしまう。問題は原作との距離じゃなくて、映画自体じゃないのか。それがムニャムニャの理由。もちろん悪い映画じゃないとは思ってますよ。


 ……なんて思うのは原作にトラウマがあるせいかもしれませんね。邦訳が再刊(さらに重版)されたそうだし、読んでみるかなあ。日本語なら読めるだろう、いくらなんでも。


 余談だが、昨日(3/30)リアル書店に寄ったとき、思わず「日経ヘルス・プルミエ」5月号を買いそうになった。

 いや、べつに買ってもいいんだが。やってみようかなあ下腹骨盤ヨガ。


 いま思いついたけど、マンガの映画化が原作尊重を求められるのはデジタル技術の発達のせいもあるだろう。昔は「撮れなかった」場面も、いまはCGで「描ける」わけだから。


 プチフランスパン、イワシのグリル、市販のポテトサラダで昼食。

 頭と内臓を取ったイワシに強めに塩をして、ジップロックに封印し、冷蔵庫に1時間ほど寝かしておく。どうしても血がしみだすから軽く洗って水気を拭きとり、魚焼きグリルで焼く。ソースはレモン汁+乾燥オレガノ

 オレガノサルモリーリョソース風。ただし、イワシはもともと脂っこいからオリーヴオイルは不要だと思う。


おもいッきりDON!」(3/31放送)で、現役女子大生にカプセル内視鏡を飲ませ、胃腸の内部映像を放送していた。

 女体の神秘ショーを思いだしたよ。

 新番組の話題づくりにエグイことやるなら、夏目三久優木まおみに飲ませないとねっ!


 そういえば、ほしのあきが豊胸疑惑を晴らすため、CTスキャンにかかったことがあったな。CTの画像でも興奮できる人がいるのかもね。

 行き着く先は長澤まさみの尿酸値を見ながらオナニーするとか、そーゆー世界でしょうか。


 夕食はシューマイ焼きそば。

 中華鍋を熱して油をしき、焼きそばをよく炒めて取りだす。ゴマ油を少々足し、斜めに切ったミニアスパラ、シイタケ薄切り、刻んだにら焼売(楽陽食品)を炒め、軽く塩コショウ。焼きそばを戻し、湯+鶏がらスープの素+日本酒+しょうゆ+バルサミコ酢で味つけて、混ぜあわせる。

 具はすべて特売品でありました。


 某所で「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権14@とんねるずのみなさんのおかげでした」(3/26放送)を視聴。どうせすぐ削除されるからリンクしませんけど。

 いやー、ひさびさにおもしろかったね。

 新人では藤田かおるの奥居香松岡智子柴田由美子アンジェラ・アキ、蛸あげ水牛の受刑者(!)、Bコースハブの手羽先(!)がたいへんよかった。

 常連組もパターンを変えてきていて、その頂点が弾丸ジャッキーカタールシリーズであろう。正直好きな芸人ではないんだが、このネタは文句なしにおもしろい。優勝は当然。


 そういえば、マイクル・ムアコックバリントン・J・ベイリー追悼文(ガーディアン紙2008/11/13付)に、晩年「コミュニティセンターで太極拳を教えていた」("He also taught Tai chi at a community centre.")と書いている。

 どこで太極拳を覚えたんだろうね。ずんのやすのネタみたいなやつだったりして。「イギリスの太極拳師範代」みたいな。



  .
イギリス の http://www.establishedandsons.com/:TITLE 社製 の「 Surface Table 」という
炭素繊維製の家具に興味を持った。


サイズは、
 L2400mm x W1000mm x H750mm
 L3000mm x W1000mm x H750mm
とわかったものの、肝心の価格がわからない。

[rakuten:24kogyo:320621:image:small]


screenshot
 L2400mm x W1000mm x H750mm
 L3000mm x W1000mm x H750mm


2009年4月後半


 うーん、だいぶ復活してきたかな。


 一回休み中に「爆笑レッドシアター」(4/15放送)は視聴した。

 基本的には「THE THREE THEATER」と同じ。コントは笑うまで5分間かかるため、人気が出るかどうかは微妙だが、とりあえず支持したい。内村光良が仕切っているかぎり、フリートーク番組にはならないだろう。トーク下手だから。


「サブライズ」もひととおり見たけど、明石家さんまの意見につけ加えることはない(「踊る!さんま御殿SP」4/7放送)。

「日テレの経費節減番組」

「最後はえなりくんがおいしそうにものを食べてるんじゃないか」

 大竹まことと辛抱治郎司会の木曜日はたまに見ていいかな。


 ブルーベリージャムを塗ったパン・オルヴァン、コーンポタージュ(インスタント)で朝食。


爆笑レッドカーペットSP」(4/18放送)を録画チェック。

 実質初回だけあって、全体的におもしろかった。特にどうしようもないコラボがよく、庄司智春の「ミキティー!」には不覚にも笑ってしまった。IQ兄弟(世界のナベアツサバンナ高橋)も好きよ。

 通常メンバーではオテンキの「小ボケ先生」、ハライチがよかったな。

 ただ、ハライチはボケが原形をとどめずカオス化するのがやや早すぎるような気がする。もっとじっくり展開したほうがおかしみが増すんじゃないかな(1分間のレッドカーペット仕様だからこうなるのであり、4分間のネタならまたちがうのかも)。


 おっと、「THEサンデーNEXT」(4/19放送)に山形浩生さんがビデオ出演してるよ。肩書きは経済評論家で、「ポール・クルーグマンに詳しい人」という役割。


爆笑レッドカーペット」に代表される“ショートネタブーム”は笑いの感性に確実に影響を与えているだろうな、とふと思う。

 記憶で書くから不正確だが、松浦寿輝中原昌也との対談でこう語っていた(たぶん『映画の頭脳破壊』文藝春秋所収)。

「1秒ごとにカットが変わる電気紙芝居のような映画は知らず知らず自分にも影響を与えていて、このあいだテレビの深夜映画で『テレフォン』(ドン・シーゲル監督、1977)を再見したらかったるかった」(当然大意)

 これは率直な発言だと思う。わたしも全盛期のやすきよの漫才を再見したら、かったるく感じるかもしれない。

 高橋洋言うところのYOUTUBE的なリアル」(「映画秘宝」2009年5月号、pp.50-51)が支配的になりつつあるということかな。「テクノポップによりリスナーの耳が変わった」坂本龍一)や「漫才ブームにより笑いの質が変わった」(萩本欽一)という至言にも通ずる現象かもしれない。


「愛の修羅バラ!」(本放送4/12)をぼんやり視聴中。

 上沼恵美子高田純次は合うんだね。意外な発見でありました。海原やすよ・ともこがレギュラーなのもよろしい。


 昼食兼夕食は普通の肉じゃが。

 行平鍋を熱してゴマ油をしき、厚めに切りわけて塩コショウした豚バラブロックを焼く。かつお昆布だし+日本酒+しょうゆを注ぎ、タマネギ細切り、ニンジン乱切り、つぶして刻んだニンニクを加え、しばらく煮る。たわしで洗った皮付き新ジャガ六切りを時間差で足す。ジャガイモが煮えたら、吸水した春雨を加え、しばらく鍋止め。

 豚バラブロックを使ったのがひと工夫(特売だったのよ)。じっくり煮込んでとろとろの豚バラもいいけど、焼いて歯ごたえのあるのもいいねえ。

 まだ食欲不振気味なので、温めなおし味を染みこませつつ、何度かに分けて食べる予定。


 パン・オルヴァン花椒入りサーディントースト、コーンポタージュ(インスタント)で朝食。


 月曜日は映画館へ。


ジョン・ウー監督「レッドクリフ Part II 未来への最終決戦」(2009)

 期待はずれでした。

 前半はえんえんとダレ場がつづく。知略・謀略合戦ならまだおもしろいけれど、踊ったり、詩を吟じたり、意味ありげに視線を交わしあったり、団子を大食いしたり、箏をスティーヴ・アルビニのように弾いたりする場面を長々と見せられると正直退屈した。

 ここまで引っぱった以上、赤壁の戦いはドッカーンとはじけなくちゃいけないはずなのに、意外に盛りあがらない。VFXの炎の海がややショボいせいもあるけれど、少人数のチャンバラや肉弾戦では急に画面がはつらつとするから、主として監督の資質の問題だろう。

 クライマックスにはそんな監督の好みが露骨に出て、まるで7〜8人が撃ちあうアクション映画の見せ場のようだった。拳銃でおなじみのアレを剣でやるのだよ。いや、かっこいいといえばかっこいいけどさ、大戦争の果てにこれはないでしょう。

 周喩トニー・レオン)の決め台詞を聞いて、「推定50万人ほど戦死してるのにそれでいいのか? あんた司令官だろ?」とツッコミを入れてしまいました。

 Part Iと合わせて3時間に再編集してください。


 市販の巻き寿司で軽く夕食。食欲はまだ回復しきらず(<昼食は外でちゃんと食べたよ、念のため)。


 やや遅ればせながら追悼として。


 すりゴマと塩昆布とちりめんじゃこをふった卵粥(七分粥)で朝食。食欲不振時にはやっぱり粥だな。

 塩昆布が切れてしまった。最後、袋をさかさまにしてふると塩ばっかりだったりするから気をつけよう。


 昼食はうどん。

 具は日本酒としょうゆで炒りつけたエノキ、小松菜ざく切り、油抜きした薄揚げ短冊切り、つゆはかつおいりこだし+日本酒+しょうゆで、薬味に黒七味。食欲不振時にはやっぱりうどんだな(柔らかくゆがくと吉)。


 新番組「魔女たちの22時」初回SP(4/21放送)の目玉はくわばたりえの婚約者登場らしい。誰が知りたいのそれ。


 鶏手羽先とニンジンのスープ、市販のポテトサラダで夕食。

 手羽先に塩を多めにまぶし、ジップロックに封印して、冷蔵庫に2時間ほど寝かしておく。手羽先、ニンジンいちょう切り、エノキ、花椒(粒のまま)、乾燥ローズマリーを水から30分ほど煮る。塩コショウと鶏がらスープの素少々で調味。

 胃腸にやさしいメニュー第三弾。鶏がらスープの素はあくまで調味料として使いましょう。


 寝坊した。


 塩鮭、小松菜と薄揚げのおひたしで朝食。

 鮭ごはんにする予定だったけど、ごはん炊くのめんどくさくなっちゃいました。寝坊したし。


 派手なトレーナーを着た金髪のヤンキーふたりが路上で小競りあいをしていて、

「てめえなんか夢のねえ生活してるくせに! バーカ、バーカ!」

 と実に夢のない罵倒を飛ばしあっていた。

 そのうち一方のケータイが鳴り、着メロが「エリーゼのために」だったから笑いそうになったよ。きみ、もしかしてガス・ヴァン・サントのファンかね? ちがうか(<ものいい風)。


 ベーカリーのおかずパンで軽く昼食。


 枝豆ごはん、味噌汁(インスタント)、ブリの二色焼き、ホウレンソウの乾物和えで夕食。

 軽く汗ばんだのは、乾物和えの唐辛子が多すぎたせいかな。これはこれでうまいんだが。


 今日(4/23)はノーTV・ノーパソコン・ノー料理デーの予定だったんですが。


 草磲くん、やるなあ。「いいひと」じゃなかったのね。

 これで地上波デジタル放送の普及はいっそう遅くなるんじゃないか。


 んじゃ、また明日。


 依然だらだら中なり。


 コーンポタージュ(インスタント)で軽く朝食。


 昨夜は「爆笑レッドカーペット」(4/25放送)を視聴。土7に移ってリアルタイムで見られるようになった。

 女と男がおもしろかったね。両手でどつける人を初めて見た。ネタはベタに設定しているのも正解だと思う。

 世界のナベアツのコスプレ写真も秀逸。確か2、3年前に「あらびき団」でハッピーターンのコスプレを実演していたはずで、ネタをきちんと蓄積しているのが偉い。


 たったいま「サスペリア」と「フェノミナ」の結末を混同していたことに気づき、あわててこっそり修正したわたしです。

 まったくもって赤面の至り。「サスペリア・テルザ 最後の魔女」は近場に来たら必ず見ますので、お許しを。

 ちなみにわたしは「サスペリア PART 2」が好きです。なにもかも根本的に間違ってる頭おかしい映画のほうがダリオ・アルジェントの本領だとは思うけど、ちょっとついていけないことも多々あり。


 夕食は牛すじ肉とうずら豆のカレーライス。

 すじ肉は水から2時間下ゆで。両手鍋を熱してオリーヴオイルをしき、タマネギみじん切りと湯むきしたトマトざく切りを、つぶして刻んだニンニク、赤唐辛子小口切り、乾燥バジル、乾燥コリアンダー、カレー粉をふりつつ炒める。午前中からぬるま湯で吸水し下ゆでしたうずら豆、すじ肉を加え、すじ肉の下ゆで汁で水分調整して、もう1時間煮込む。カレールー(バーモントカレー中辛+クレアおばさんのとろ〜りカレー中辛)を溶かし、しばらく鍋止め。一方でごはんを炊き、カレーライスにする。

 カレー粉を使用したため、ルーはひとかけずつで調味料扱い。ファーストトマトはてっぺんがへこんでて、へたを取りづらいね。ま、本来は生食するもんなんだろうね。


エチカの鏡」(4/26放送)に西原理恵子登場。映画「女の子ものがたり」宣伝の一環だろう。おかげでがまんして視聴するはめに。

“泣ける話”のほうはおおむね知っていたため、再現VTRは退屈、というかありがちな再現ぶりにいらいらした。

 西原本人が最後にアルコール依存症の啓蒙をおこなったのはさすがだと思った。


 現在のトレンドは「幽霊からゾンビへ」だな、とふと思った。

「精神は身体を超えた特別な存在である」と主張するのが幽霊(=精神は肉体がなくとも存続できる)、「脳は身体のなかで特別な器官である」と主張するのがゾンビ(=脳さえあれば死体でも動く)。


 月曜日は映画館へ。


クリント・イーストウッド監督「グラン・トリノ」(2008)

 世評どおりの傑作で、現時点では今年のベストワンだろう。

 笑って、泣いて、考えさせられて、最後は感動するみごとな娯楽映画。大作ではなく小品である点も好ましい。老いたイーストウッド主演でなければ成立しない話だから、俳優としての集大成と評されるのも当然。皆さんもごらんになったほうがいいですよ。


 この系統のイーストウッド作品、つまり「男の映画」は大好きなんだが、もうひとつの系統は実は苦手である。要するに「いやな話」のほうね。

 どのくらい苦手かというと、とうとう「チェンジリング」(2008)は見のがしてしまったほど。「ミスティック・リバー」(2003)はDVDで見たけど、ちょっとつらかったなあ。

 もちろん、いやな話をとことんいやな感じで描けるのは演出がうまい証拠ではある。でもねえ……。

 これだからなかなかイーストウッド信者になれない。


「そばの実」というそば屋で昼食をとったら、「六甲おろし」というメニューがあったから少し笑った。

 その実体は天おろしそばであるらしい。エビ天にブラックタイガーを使ってるとか?


 鶏肉とタマネギとピーマンのバルサミコ甘酢炒め、市販のポテトサラダで夕食。

 中華鍋を熱して油をしき、タマネギ細切りとピーマン細切りを炒め、軽く塩をして取りだす。ゴマ油を少し足し、塩コショウした鶏むね肉ぶつ切りを炒める。タマネギとピーマンを戻し、ケチャップ+バルサミコ酢+日本酒少々+しょうゆ少々+豆板醤少々で味つけ。火を止めてふたをし、余熱で鶏肉の中心まで火を通す。

 味のベースはケチャップとバルサミコ酢、日本酒は溶剤、しょうゆと豆板醤は隠し味程度に。


 食い物のことしか頭にないわたしが「グラン・トリノ」で最も気になったことは、「ウォルト・コワルスキーも絶賛のchicken dumplingとはなにか?」であった。

 スクリーンではまったく確認できなかったんだが、たぶん鶏ひき肉の餃子じゃないかなあ。それなら確かにビーフジャーキーよりうまいよ。


 ふとテレビを点けたら、マリエが「おばあちゃんはリュック・ベッソンの育ての親」と語っていた(「しゃべくり007」4/27放送)。

 なんだそりゃ、と思って調査してみると、Wikipediaには「父方の祖母はリュック・ベッソンの育ての親といわれるプロデューサーのマリー・デマレ」関心空間には「父方の祖母は映画プロデューサーの故・マリー・デマレさん。1966年のアカデミー外国語映画賞を受賞した『THE SHOP ON MAIN STREET』などをプロデュース、カンヌ国際映画祭の審査員を15年間も務めた有名人だ」とある。

  1. カンヌ国際映画祭の審査員は毎年変わるので、15年間務められるわけがない。
  2. デマレという姓の審査員は第15回カンヌ国際映画祭(1962)のSophie Desmaretsだけである。リュック・ベッソンは当時3歳だ。
  3. ベッソン作品のプロデューサーにマリー・デマレなる人物は存在しない。
  4. 「The Shop on Main Street」(1965)はチェコ映画であり、プロデューサーはJordan Balurov、Milos Broz、Jaromír Lukásである。

 というわけで、なにか勘違いしたのか嘘つきなのかは知らんが、くだらんデマを飛ばすんじゃないよ。マリー・デマレならぬマリエのデマか?


 ポテトサラダトースト、鶏肉とキュウリのエスニックサラダで朝食。

【トースト】市販のポテトサラダ(の残り)にマスタードを混ぜ、軽く焼いた食パンに塗って、さらにトーストする。黒コショウをふる。

【サラダ】酒蒸しして手でむしった鶏むね肉(の残り)、塩もみしてしぼったキュウリ半月切りをレモン汁+ナムプラ+サンバル少々で和える。

 サラダばっかりの朝食だね。


「ズームインSUPER」(4/28放送)でどうぶつしょうぎを知る。ルール紹介やトーナメントの模様はこちら

 おもしろそうじゃん。北尾まどか女流初段を講師に招き、NHK教育キッズワールド枠で講座を開くとよろしい。

 追記。北尾まどか女流初段と藤田麻衣子女流1級のルール解説動画を見て、少年少女かと思った。眼鏡と立ち位置が逆だけど。


 昼食は春キャベツとアンチョビのスパゲティ。

 フライパンに多めのオリーヴオイルをしき、ニンニク薄切り、赤唐辛子小口切り、刻んだアンチョビフィレをじっくり加熱しておく。スパゲティをゆでる途中、手でちぎったキャベツの葉を加えていっしょにゆでる。温めなおしたフライパンに湯切りしたスパゲティとキャベツを加え、よく混ぜあわせる。

 小さめのフライパンを盛大にふったら、案の定しくじって、ガスレンジのまわりにスパゲティとキャベツが飛びちる大惨事に。次回からは中華鍋を使います。


 夕食はエスニック鶏めし

 鶏もも肉をフライパンでグッチ裕三+ケンタロウ流にソテーし、ひと口大に切って、レモン汁+サンバル+サンバルで和えておく。土鍋に研いだ米、鶏もも肉、湯通ししたニンジンいちょう切り、ショウガ細切りを入れ、レモングラスティーを注いで炊く。炊きあがったらピーマン粗みじん切りをのせ、しばらく蒸らす。むしったスペアミントをふりかけつつ混ぜあわせ、もうちょっと蒸らす。

 定番メニューですわ。夜食はスープ漬けの予定。


 ちょい寝坊気味。食パンのトーストとポタージュ(インスタント)で手抜きの朝食。


 なぜ羽鳥慎一西尾由佳里、さらには中山秀征まで浅草花やしきにいるんだろう?(「ズームインSUPER」4/29放送)

 と思ったら、今日は昭和の日か。プータローは祝日の概念がないからいかんね。


 1回休み。


Tumblr


screenshot  .
Tumblr ……。


要は、他人の書いた記事を、簡単に自分用の Tumblr のサイトに転載できる機能を持った
Blog らしい。
どうやら、これを Reblog と呼称するようである。


とりあえず、作ってみた。


でも、 σ(^_^) は、このサイトに情報を集めるのを主義としているので、
あんまり使わないような気もしますが …… 。



続きを読む

追悼 プリンス・ハイネル (T^T)


市川治氏(いちかわ・おさむ=声優)2日、心不全で死去。72歳。


告別式は8日午前11時、東京都町田市能ヶ谷町1044蓮清寺。


自宅は同市鶴川6の7の1 レクセル鶴川 711。


喪主は長男、明伯(あきのり)氏。




   今では当たり前に使われる 「 産地直送 」 という単語は市川氏の造語であり、
   また、新幹線の中で流れる 「 ご当地 チャイム 」 は市川氏の発案でしゅ。


2000年 日記 画像補完 ♪


http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20001200:TITLE=2000.12 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-12-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20001100:TITLE=2000.11 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-11-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20001000:TITLE=2000.10 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-10-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20000900:TITLE=2000.09 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-09-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20000800:TITLE=2000.08 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-08-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20000700:TITLE=2000.07 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-07-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20000600:TITLE=2000.06 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-06-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20000500:TITLE=2000.05 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-05-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20000400:TITLE=2000.04 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-04-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20000300:TITLE=2000.03 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-03-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20000200:TITLE=2000.02 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-02-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20000100:TITLE=2000.01 http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-01-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20000000:TITLE=2000.00 . http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-00.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-01.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-02.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-03.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-04.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-05.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-06.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-07.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-08.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-09.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-10.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-11.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-12.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-13.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-14.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-15.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-16.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-17.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-18.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-19.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-22.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-23.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-26.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-27.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-28.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-29.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-30.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/2000-00-31.jpg

Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap
Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap
Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap
Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap Powered by IgWebCap




i

神楽坂倶楽部 2009.01.08

screenshot  .
2009年1月8日(木)


 ということで、松もとれて、あっという間にまた2009年のはじまりです。
 今日は本年最初の大学病院の定期検診と採血、CTスキャンだったのですが、結果はあまりよろしくありませんでした。腫瘍マーカーがなんとすごい数字になっちゃったし……といっても、それはもう、病気持ちなんですから、それをくよくよしていてもしょうがないので、「もう自分は病気持ちなのである」と割り切って、これから先の人生は、「癌とともに生きてゆく」心構えを忘れないようにしたいと思っています。もう、もしかすると100%の健康体に戻る、ということはないのかもしれませんが、それはそれで生きてゆきようもあると思うので、とにかく「癌だから」ということで暗くなったり、迷ったりすることなく、やりたいことをやってすっきりと生きてゆきたいものです。


 とりあえず今年の最初の活動は1月11日の「晴れ着見せびらかしライブ」なのですが、これもいろいろなかたが手伝ってくださったり、思いもよらぬ方向に変わってきたりしたので、それはそれで面白いなと思っています。どうなることやら、ひとつやってみましょう。ただ、リラキシンはキャパに限界があるので、最近はいつも予約制になってしまい、予約の間に合わなかった方たちには、申し訳ないことです。といっていまは、MANDALAとか、そういう広いところで盛大にやる気力も体力もなく、申し訳ありませんが、希望してくださる場合には、お早めに予約をお願いするしかないと思います。そのかわり、ちょこまかとまめにやろうと思っていますが……幸いにして、正月をこえてから、ちょっとだけからだがしっかりしてきたようなので、このまま調子がよくなってゆけばいいのだがと思っております。


 とにかく肝臓に転移がいくつもいるというのに、どういうわけかうちの肝臓君はすごく健闘してくれているらしくて、肝機能の数値が、かつての酒飲み時代が嘘のようによくて普通の人よりはるかにいいくらい(^^;)なので、それはおおいに頼みになるようです。このまま、抗ガン剤とうまくつきあいつつ、またそれなりにやってゆけたらいいと思っていますが、今年がどういう1年になるのか、これはもうまったくわかりませんけれどもねえ。


 しかしとにかく天気のいい、寒いけれども気持のいい新年のはじまりでした。皆様もそれぞれに気持よい新年を迎えられたかと思います。うちのインパチェンスはどういうわけか気が狂ってしまったのか、いまだに1輪だけ、白い花がずっと咲き続けています(^^;)カクタスもシクラメンもみんなまだ咲き誇っています。電磁波を吸いとるというサボテンは枯れてしまいましたけれどもねえ、ひとつ。パキラどもはいよいよ元気だし、コーヒーの木はとうとう天井にアタマがついてしまいましたし。


 というわけで、静かで、まあ必ずしもずっと穏やかというわけじゃなく、ときたま痛みに苦しめられましたが、鎮痛剤の使い方にも馴れてきたのでそこそこ穏やかな新年が過ぎて、まもなく最初のライブです。どうもあちこち痛かったり衰弱していたりすると、なかなか気力も維持出来ませんが、あたたかくなるのをひたすら待ちながら、からだをあたためつつ、のんびりとやっていって、それでもし今年1年生き延びて、また12月に「2年目も生き延びたぞライブ」が出来れば、それでもういうことはないと思います。


 皆様もインフルエンザやカゼの流行に巻き込まれたりなさいませんよう、うがいと手洗いを励行されて、おからだにお気をつけて。今年1年が皆様にとって、よい年でありますように。



2009年1月8日(木)



※ 本コンテンツの使用は σ(-_-)個人の責任と趣味によるもので
  著作権・肖像権を侵害する目的や営利目的などは一切ありません m(_ _)m 。




天才的騒動勃発者 凸(-_-#


余計な事はするな!と再三再四怒鳴っているのに、
そのたびに、『 必要なことだから、いいと思って …… 』 と
勝手なことをして、トラブルを起こす奴 凸(-_-# 。





  「 まったくそんな気はなく、関わりたくないからと、
    『 不参加 』、『 無関係 』、『 無視 』していたら、
   それをいいことに、勝手なことを言われてました」とは 旦那しゃま 談 でしゅ (-人-) 。






油揚げ で 鍋


  .
寒いので、油揚げで鍋。


油揚げ、豆腐、大根、白菜、ネギ …… 。


あれば、ソーセージでもチクワでも、
なんでも入れればいいんです。


σ(^_^) は、あくまで鍋をオカズに銀飯を食べます。




朝食は、一日の活力源


  .
たまには、人間らしく朝御飯を食べようと、
徒歩数分 *1 の 『 松屋 』 へ。


今朝も寒いです。


最初に熱いお茶が欲しいところですが ……、
…… 出てきたのはぬるいです *2 ( 残念 )。


炊き立ての御飯、熱い味噌汁。
ソーセージ・エッグ……、 σ(^_^) としては全体の彩りとして、赤いソーセージが欲しいです。
出来れば、二本あれば言うことはありません。


漬物も欲しいですね。


余裕のあるときは、そんな朝食の食べられる生活、
そんなもんに σ(^_^) は憧れています。


もちろん、貴女があくまで趣味:料理であるのなら、
気が向いたときにしか作らなくていいし、
その代わり、松屋なりに行って390円払って朝食を食べるのを許してくださいな。


二杯目に熱いお茶を頂いて、ゆっくりと飲み干し、ご馳走様でした (-人-) 。


*1: 近所 に 路麺 と ホカ弁 がないのが残念な σ(^_^) の近所である。

*2:注ぎ置きしてあったのでしょう。

手抜き育児のススメ


screenshot

母を語る 漫画家 ・ 西原理恵子さん / 6


  ◇ 手抜き育児のススメ

    <サイバラ流「手抜き育児のススメ」。男たちよ、心して聞くべし>

     食育なんて、ホント、女をばかにしてる言葉だと思う。家でご飯炊かないことをすごく悪く言うでしょ。そういうのって、大抵、男が言ってる。朝、一杯のみそ汁作るのに、どれだけ時間かかるか。インスタントでいいんですよ。

     晩ご飯は私が作りますけど、週2回くらいは外食してます。子どもは「え〜」って嫌そうだけど、「お母さんは一日家にいたから」って。私の料理は「景気良く炒める」。ピーマンとかニンジンとか「食べなさい」って、星形にするより、細かく切ってガッと炒めたらいい。勉強と礼儀作法は「外注」です。小4の息子は夏休みの午前中2時間だけ塾で算数を習ってました。礼儀は、息子が空手教室、娘はバレエ教室で習ってます。

     勉強、生活、食事って、全部面倒みてたら、そりゃ殴るのも無理ないよ。それで「きょうもつい子どもを怒ってしまった」って夜に落ち込む。そんなことやめて食育なんて無視しましょうよ。
    <ところで西原さんの子ども時分の食卓は?>
    一番のごちそうは冷凍カニクリームコロッケ。世の中にこんなうまいもんがあるんかって思ってました。だって、かあさんのカレー、さっと火を通してあるだけだから、野菜のエッジが立ってたもん。



2009年6月後半


 おっと、映画見に行くの忘れてたよ。元気が出てきたら定価で見るかなあ。


 あいかわらずだらだらしつつ、真夜中に目が覚めたから、「マネー資本主義(3) 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか」(6/16深夜再放送)をなんとなく見た。

「ニセ札」に漠然と感じていた違和感の正体がわかったよ。

 映画の結末近くで、倍賞美津子が「お金なんて国家が勝手に決めたものじゃないか。こんなのは紙きれにすぎない。ニセ札をつくってなにが悪い」といった内容の演説をする(記憶なので大意)。

 まったくそのとおり。だから、みんなこぞって金融商品というニセ札をつくりはじめ、それが紙きれにすぎないとわかったら大あわてしてるわけだ。

「ニセ札」のような資本主義批判はもはやピントがずれていると思う。


 ついでなので「お笑い芸人親子で漫才王座決定戦SP」(6/16放送)を録画チェック。

 漫才そのものは余興にすぎず、最高でも「普通のショーパブ」松本人志)レベル。「フォーリンラブの男のやつはおぼっちゃまだったのか」といった芸人の人となりを楽しむ番組ですな。


 カフェオレで目覚まし中。


爆笑レッドシアター」(6/17放送)を録画チェック。

 インスタントジョンソンの合いの手コントをガッツリ見られて、たいへんうれしかった。

 先週のTHE石原といい、今週のひろすけといい、ホワイトシアターのトリは異能ピン芸人枠なんですかね。

 狩野英孝は「笑う犬」の原田泰造、「内P」のレッド吉田的ポジションを確立しつつあるのぉ。


 A〜D案を順番に採決し、どれかが過半数になった段階で可決とは、ゲーム理論の設定みたいだな。

 ……と一瞬思ったが、プレイヤー(衆議院議員)たちは勝ちも負けもしないし、得も損もしないんだから、ゲームにならないか。


 頭のリハビリがてら、禁煙を数学してみた。

 血中のニコチン濃度は2〜3時間で半減するらしい。ということは、時間tごとに1本タバコを吸うと、血中のニコチン濃度aは

a_{i+1} = {a_{i}{\left(\frac{1}{2}\right)}^t}+1
a_{n} = \sum^{n-1}_{i=0}{\left(\frac{1}{2}\right)}^{it}

 極限値

a_{\infty} = \frac{1}{1-{(1/2)^t}}

 つまり、どんなに猛烈なヘビースモーカーでも、体内のニコチン濃度はある有限の値に収束する(ただし、その値はどんどん増大する)。一方、どんなに減煙しても、体内のニコチン濃度はタバコ1本分以下にはならない。

 ま、あたりまえの結論なんだが、TeXの勉強になったからいいや。

↑数式が間違ってることに気づき、こっそり訂正。


 明太ぶっかけそばで昼食。

 ゆでて冷水で締めた日本そばにキュウリ細切りとカイワレ大根をのせ、市販のめんつゆ+ほぐした辛子明太子をぶっかけたもの。

 今度は胃腸のリハビリ。辛子明太子が安かったから試してみただけなんだが、悪くなかったね。もっとたくさん混ぜてもよかったかも。


「おもッきりDON!」(6/18放送)で脳トレをやっておる。

 脳みそはいくらでも鍛えられるわけではなく、バートランド・ラッセルは「『プリンキピア・マテマティカ』を書いたせいで頭が悪くなった」と語っている。おそらく連投連投の末に肩を壊したピッチャーが150km/hの速球を投げられなくなるようなものだと思う。グリゴリー・ペレルマンも似たような状態にあるのかもしれない。

 ま、いきなりフルマラソンを走ろうとして心筋梗塞を起こす人はいても、いきなりポアンカレ予想を解こうとする人はいないから、脳トレのほうが安全か。


 これまで見聞きした数式ジョークのうち、わたしが最もおもしろいと思ったのはトマス・ピンチョン重力の虹』(国書刊行会)に出てくるもの。あいにく手元に本がないので記憶で書くが、

\int \frac{1}{cabin}\mathrm{d}cabin=\log cabin+C=houseboat

 グレッグ・イーガン円城塔といったマジ理系作家なら、もっとおもしろいのをつくれるんだろう。でも、オレなんかには元ネタがわからなくなっちゃうよ。


 おっと、A案が可決されたよ(6/18)。やはりゲーム理論的要素が働いたのか、脳科学ブームのおかげなのか。

 わたしは脳死が人間の死とみなされてもかまわないし、臓器提供にも同意している(ドナーカードは持っていないが、健康保険証にシールを貼ってある)。医療技術は勝手に進んでしまうものだし、臓器移植すれば生きながらえられると知れば、したくなるのが人情だろう。

 でも、どうしてもいやだという人たちの拒否権はしっかり確立しないといけないよね。

 ずいぶん昔にNHKで見た海外ドキュメンタリーに、こんなのがあった。記憶もあやふやだし、いま調べてもタイトルすらわからないほど昔ですが。

 オランダ人だかベルギー人だかの青年がアメリカを放浪旅行中、交通事故に遭い、脳死状態になった。身分証明書が見つからなかったため、青年はホームレスとして処理された。

 やがて身元が判明し、母国から遺族がやってくると、病院側はあわてた。身元不明のホームレスの場合、同意が必要ないため、臓器を移植用にあらかた摘出していたのである。

 こういうことになると、たとえ臓器提供に理解のある遺族でも怒るわな。「脳死は人の死である」とは科学的事実ではなく信念にすぎないんだから、共有しない人に無理強いしちゃいけないと思うよ。


「海外での臓器移植には億単位の金がかかるから」という理由づけはちょっとだけ不快。この論理がまかりとおると、金積まれたから提供に同意する親とか、生きてるあいだにガキの臓器を売る親が出てくるよ。


 食パン、イワシのポルトガル風グリル、キュウリの明太ゴマ和えで夕食。

 魚焼きグリルでイワシを焼いたばかりなのでトーストを、レモン汁がかぶるためエスニック和えを断念。小食個食者は苦労しますわ。

 ゴマ和えはキュウリ半月切りをほぐした辛子明太子で和え、すりゴマをまぶしたもの。これはすでにどこかにある料理だろうし、もっとおいしくする方法も編みだされていると思う。


 そういえば、豚の臓器を移植された男が豚みたいになっちゃう話が筒井康隆にあったな(「条件反射」、『心狸学・社怪学』所収)。いまこんな短編を発表したら、「不謹慎だ!」と猛抗議をくらうだろうね。


 食パンのトーストとポタージュ(インスタント)で軽く朝食。


 今日(6/19)は記念すべき太宰治生誕100年の日であるらしい。

 太宰より年上になるとどう感じるのか、少し興味があるから、20年以上ぶりに読みかえしてもいいな。


 昼食は鉄火ぶっかけそば。

 ゆでて冷水で締めた日本そばにキハダマグロ薄切りとカイワレ大根をのせ、市販のめんつゆ+レモン汁少々をぶっかけたもの。

 真夏日対応のメニュー。レモン汁を加えたのはカルパッチョ風というか、ポン酢風というか。おいしかったですよ。


 冷やし中華バージョンで「鉄火麺」というネタはずいぶん昔に披露したから、マグロの肉まんで「宇宙の騎士鉄火まん」はどうか。ほしぞらを見つめる天知局長(「モヤモヤさまぁ〜ず2」5/14本放送参照)。


 司会には特別な才能が必要であり、ほんとうに仕切れる司会者はひと握りしかいない。だから、オードリーが仕切れなくても無問題だと思うよ。

 たとえば、さまぁ〜ずはふたりともまったく司会ができない。大竹一樹はマニアックで破壊志向のボケだから当然だが、本来は仕切る側であるべきツッコミの三村マサカズが「オレは段取り覚えらんない」と自認しているのだから、どうしようもないだろう。さまぁ〜ず司会の番組でもまったく司会をしていないのが実状である。

 それでも、さまぁ〜ずは人気があり、レギュラー番組を多数持っているし、わたしも大ファンだ。それはなぜか。

 第一はさまぁ〜ずに笑いの実力があるからだが、ほかにも理由を求めるとしたら、彼らが愛される存在だからだろう。

 島田紳助は昔から「司会の極意は愛である」と主張している。「いくらゲストをぼろくそにけなしても愛があれば成立する」と。逆にいえば、愛される存在なら司会ができなくても引きあいは来るのだ。ウンナンともダウンタウンとも普通にからめる芸人は、そうはいない。

 とはいえ、愛される存在であることは努力のかなわぬ天賦の才、つまり人柄の問題で、オードリーがそうなれるかどうかは知らない。


 さらにいうと、「いくらゲストをヨイショしても愛がなければ成立しない」。

 某番組の某司会者を見るたびにこのことを痛感するんだが……あまり悪口を言うのもアレなんでナイショ。


 暑くてたまらんのに昨夜の番組をざっと録画チェック。


秘密のケンミンSHOW」SP(6/18放送)は、みのもんたのフリップ芸(?)や大阪ネタ総集編などで水増ししただけで、実質はいつもと変わらない。

 最近食い物ネタに偏りがちなのは、ウケるからだろうね。でも、ローカル食い物ネタなら「鉄腕DASH」(6/14放送)のご当地調味料のほうが圧倒的におもしろかったなあ。もくさいは機会があればいっぺん食べてみたい(<「誰か送ってこい」という意味ではありません。念のため)。


ダウンタウンDX」(6/18放送)は高田延彦エスパー猪木ネタが抜群。

 アントニオ猪木の手かざし治療は、昔、古舘伊知郎・作、小林よしのり・画のマンガでも肯定的に取りあげられていたと記憶する(いま調べたら「おーっと、フル・タッチ」という題名らしい)。古館も「なにも感じません」とは言えなかったんだろうなあ。

 作画のおふた方とも偉くなられたもんで。


 食パンのトースト、マグロとキュウリのエスニックゴマ和え、市販のポテトサラダで夕食。

 キハダマグロ薄切りと斜めに切ったキュウリをレモン汁+ナムプラ+サンバルにしばらく漬けておき、すりゴマをたっぷりまぶしたもの。1時間以上漬けたから、ヅケ風でもある。

 特売品の冷凍キハダマグロならではの処理で、とてもおいしいんだけど、くれぐれも大間産天然本マグロなんぞでお試しにならぬように。


 食パンのポテトサラダトースト、ポタージュ(インスタント)で朝食。

 市販のポテトサラダに砕いた花椒少々を混ぜ、軽くトーストした食パンに塗って、じっくり焼く。仕上げに粗挽き黒コショウを軽くふる。花椒も黒コショウもアクセント程度の少量が適当かと。


 ひやむぎで軽く空腹をみたす。昼食は別のメニューを予定して買い物は済ませたものの、暑すぎてすぐに料理する気になれず、とりあえずつないでおいた。

 つゆは市販のめんつゆ+刻んだ大葉多め。半分ほど食べ終えたところでめんつゆを足し、すりゴマを追加する。最後はお湯を注いで、つゆまで完食。


 暑いうえに風も強いから、たぶんフェーン現象だな。洗濯物が瞬時に乾くのはありがたいんだがねえ……。


 遅めの昼食は明太焼きそば。

 中華鍋を熱して油をしき、焼きそばをよく焼きほぐして取りだす。ピーマン細切りと斜めに切ったちくわを炒め、軽く塩コショウ。焼きそばを戻し、ほぐした辛子明太子+日本酒+しょうゆで味つけ。

 ゆずこしょう焼きそばの明太子バージョンでもあり、タラコスパゲティの焼きそばバージョンでもあり。


 インゲンと厚揚げの煮物、市販の卯の花で夕食。

 湯通しして半分に切ったインゲンと油抜きした厚揚げ賽の目切りをかつお昆布だし+日本酒+しょうゆ+折った赤唐辛子で煮て、しばらく鍋止めしただけ。


 真夏日のせいで食事時刻がずれ、夕食をつくったり食べたりしつつ、「爆笑レッドカーペット」(6/20放送)をリアルタイム視聴。低調なほうだったんじゃないかと。


 キーファー・サザーランド岸学どきどきキャンプ)を見たら、「どうしてこいつがオレのものまね芸人なんだ?」と首をひねるだろうね。だいたい小山力也にすらさほど似てないもんな。


世界一受けたい授業」最初の講師は茂木健一郎(6/20放送)。

 ごく普通の出演で特記すべきことでもないんだが、ふと「ゴールデンタイムに茂木 vs. キムタクの脳科学者対決か」と思ったもんで。


 コーヒーや茶各種で大脳覚醒しつつ、昨夜の深夜番組を録画チェック。


「着信御礼!ケータイ大喜利」(6/20深夜放送)を録画チェック。ごく普通の出来。

「子供の七夕の願いにどんより」というお題に「お父さんが公園に行かなくなりますように」「調停が長びきますように」という解答が寄せられ、今田耕司板尾創路が非常に遠回しにコメントしていた。

 リストラ、離婚とはっきり言うのは、NHKではNGなのかね? 「笑いのネタにするのは不謹慎だ!」と抗議の電話が殺到するのかな。

 そういえば、千原ジュニアが確か「やりすぎコージー」で「NHKでは四段をヨンダンと言うと『ヨダンです』とダメ出しされる」(大意)と発言してたな。子供番組ではチョーも不可らしいし、国営放送はめんどくさいもんです。


 つづけて「千原ジュニアの40歳まであと何分?生放送SP」(6/20深夜放送)も視聴。

 もともとはNHKワンセグ2のオリジナルミニ番組だそうで、ケータイを持っていないわたしが見ているはずがない。紹介されたVTRを見るかぎり、わりとありきたりの内容だったね。バラエティ番組のアイキャッチによくある感じ。

 千原ジュニアは40歳で芸歴25年になるんだな。15歳デビューとは現在では珍しい……と一瞬思ったけど、りあるきっずやまえだまえだはもっと若かったか。


 ケータイを持っていないわたしは、当然のことながら、iPhoneネタにいっさい反応できないし、delawareの新譜も聴けない(iPod Touchも持っていないのだ)。

 ちょっとさびしいけれど、iPhone買うのは完全にむだづかいだからなあ。それに、部屋にこもってiPhoneいじるってのも、ちょっとアレかと。


 NHK杯テレビ将棋トーナメント、近藤正和六段×村田顕弘四段戦を観戦中。解説は中田功七段。

 もちろんヨンダンではなくヨダンである。七段はもちろんナナダンではなくシチダンでなければならない。

 近藤六段の戦形はもちろんゴキゲン中飛車で、ゴキゲンチュービシャではなくゴキゲンナカビシャである。

 中田七段は解説がうまいね。説明が理論的かつ簡潔で、素人にもわかりやすい(わかったような気にさせてくれる)点は、江川卓を思わせるほど(江川の野球解説は評価している)。


 そういえば、昔、柳瀬尚紀が「新手はシンテではなくシンシュである」と主張していたような気がする。羽生善治との対談でだっけ? かなりうろ覚えで、記憶ちがいだったらごめんなさい。


 食パン、イワシのポルトガル風グリル、市販のポテトサラダで昼食。

 イワシに塩と乾燥コリアンダーをふって寝かせたのがひと工夫。香草焼きとまではいかないが、ほんのりコリアンダーの風味がして、なかなかよろしい。


 夕食までのつなぎに、そうめんをひと把いただく。そういえば朝食を食べてなかったな。

 つゆ(市販のめんつゆオンリー)もお湯割りして飲みほし、熱中症予防の水分&塩分補給。


 夕食はバルサミコ酢豚。

 中華鍋を熱して油をしき、房に切りわけて下ゆでしたブロッコリー、赤パプリカざく切りを炒め、軽く塩コショウして取りだす。日本酒+しょうゆ+おろしニンニクで下味をつけた豚バラ焼肉用をじっくり炒める。ブロッコリーとパプリカを戻し、ケチャップ+バルサミコ酢+しょうゆ+日本酒少々で味つけ。

 料理中も食事中も汗だくになったが、おいしかったし、スタミナもついた(ような気がする)。


エチカの鏡」の“脳科学おばあちゃん”が話題沸騰という噂を小耳にはさむものの、番組を見る気がしないから、ネットで調べてみた。

 特に害はなさそうだから、いいんじゃないすか。こんなおばあちゃんの知恵みたいな話を前頭連合野なんてこわもての言葉で理論武装する必要ないだろ、と個人的には思うが、いまどきのおばあちゃんは知恵を持ってないから、しかたないのだろう。

 わたしには子供がいないし、できる予定も未来永劫なさそうだから、子育てそのものについて語る資格はないです。


 若いママさんたちは「エチカの鏡」を見て、「右脳より前頭連合野を鍛えるほうがいいらしいのよ!」などと会話してるのかねえ。

 土田晃之の話を聞いたほうが役に立つんじゃないか。「クローズ」の暴走族総長から名前をとり、まったくの放任主義で育てた小学3年生の長男が突然「塾に通って中学受験したい」と言いだしたという話(「ダウンタウンDX」6/18放送)。


 朝から大雨なのに暑さは変わらず。湿度が高い分、不快指数アップかも。


 食パンの花椒入りサーディントーストとコーヒーで軽く朝食。


 元気づけにスペクタクル映画2本立てを注入。


木村大作監督「劔岳 点の記」(2009)

 おもしろいというよりすごい映画。

 プロットのおもしろさは必要最小限に抑え、あとはひたすら立山連峰剣岳雄大で苛酷な自然を見せるのみ。「それならドキュメンタリーでいいじゃないか」と思う人もいるかもしれないが、本物の自然を舞台にしてヤラセ(演出や意図的な画面設計)ができることが劇映画の強みだろう。

 登山以外の画面にも風格があることに感心した。さすがですね。

 大雨の月曜日だってのに、映画館はけっこう混んでたよ。大スクリーンで見ないと意味のない映画だから、ヒットするんじゃないかな。


マイケル・ベイ監督「トランスフォーマー リベンジ」(2009)

 前作よりはおもしろかったね。

 だって、最初から最後までほとんど戦闘と爆発だけなんだもん。残りはつまんないアドベンチャーゲームと頭の悪い下ネタギャグ。CGを鑑賞する映画だから、それでいいんだと思う。

 マイケル・ベイのアクション演出はエドガー・ライトら若手監督に影響を与えているらしいけど、あのブレブレの手持ちカメラ撮影と、ひと昔前なら「MTV的」と評されたであろうカット割りは、どうも好きになれんなあ。なにやってるか全然わからないんだもん。特にロボットが超高速で戦う場面なんか、造形のせいもあって、ひとかたまりの鉄屑アルチンボルド絵画のようにしか見えない。


 帰りに夕立に巻きこまれ、たいへん疲れたから、ベーカリーのおかずパンで手抜きの夕食。


 どうでもいい感想追記。


 浅野忠信香川照之松田龍平はまだしも、モロ師岡までほんとうに剣岳に登っていたのには驚いたね。

 そんなことをいえば、60歳すぎの木村大作もほんとうに登ったわけで、驚くようなことじゃないか。


トランスフォーマー リベンジ」のキッチンの場面がよかった。うちのキッチンもトランスフォームしてほしい。いや、リフォームするほうが先決かな。


 映画の長すぎるエンドロールを見ているあいだ、日本人の名前を探して暇をつぶす人がいるらしい。

 最近はCGやVFX関係のスタッフにやたら日本人がいるから、全然退屈しのぎにならない。中国、韓国、インド系も珍しくなく、「トランスフォーマー リベンジ」にはタイ人らしきスタッフ名もあった。ハリウッド映画はCGスタッフだけインターナショナルになったらしい。


 ハーフバタールとポタージュ(インスタント)で軽く朝食。


 本物ならではの迫力には確かに圧倒されるけれど、偽物の美学も捨てがたいよね。

 パウエル=プレスバーガー監督「黒水仙」(1947)はヒマラヤの修道院が舞台だが、イギリスから一歩も出ずに撮っている(はず)。35mmカメラをかつぎ、ヒマラヤ山脈に登って撮影していたら、まったくちがう種類の映画になっただろう。

 鈴木清順は確かこんなことを語っていた(と思う)。

黒澤明は馬100頭を使って撮影するが、自分にはそんなぜいたくは許されないから、2頭でどう撮るかを考える」

 本物も映画、偽物も映画、そしてどちらにもそれぞれ独自の魅力があるということか。


 ひやむぎで軽く昼食。市販のめんつゆと薬味にゆずこしょう。

 やたら蒸し暑く、またもや食欲減退気味。とりあえず栄養バランスを考えて、牛乳や野菜ジュースやドリンクヨーグルトで水分補給してます。


 「劔岳 点の記」を見たとき、入口で北日本新聞特別版ってのをもらってさ、「おお、北日本新聞が全国で配られるのか?」と思ったんだけど、いま暇検索したらオークションに出品してる人がいたよ。北陸地方限定のサービスなのか?

富山県へぜひいらっしゃいませ!」みたいな記事が載ってたな。オレも機会があったら、また富山に行きたいよぉ。といっても、目的は剣岳登頂じゃなく富山ブラックだけど(「秘密のケンミンSHOW」5/7放送で紹介してた「まるたかや」でもいいや)。


 鮭ごはん(焼きほぐしバージョン)、味噌汁(インスタント)で軽く夕食。

 明日の朝食にする予定だったんだが、タンパク質も摂取しといたほうがいいかなと思って。


 カフェオレで目覚まし。


 三ツ矢サイダー、柿の種、ハッピーターンボンカレー、『1Q84』。不況でも売れる商品の共通点は?

 答え——目新しさよりも長年培った安心感のある定番商品。

 ……とナントカ消費研究所のおっさんが言っていた(「ズームインSUPER」6/24放送)。

 そりゃ村上春樹に失礼だろ。『1Q84』は最新作なんだからさ。


 そのあと、焼酎100種類を言いあてられる天才2歳児を紹介するというから、てっきり飲むのかと思ったよ(実際はラベルを読むだけだった)。


 鮭ごはんの残りを焼きおにぎりにし、狭山煎茶〈舞〉をかけて、お茶漬けに。


自民党総裁候補にするなら衆院から立候補してやる」と東国原英夫宮崎県知事。

 いやー、東もシャレがきついなあ、と一瞬思ったものの、けっこうマジであるらしいのがこわい。

 こいつ、知事になってまだ2年半だぜ? オレは知らんけど、すごい実績をすでにあげたのかい? 毎週のようにテレビに出て、地鶏やマンゴーの宣伝してるだけじゃねえか。

 自民党が断ったら、「覚悟があるかどうかを見きわめるためのシャレだった。これだから自民党はダメ」と言えばすむから、元芸人(いまでもじゅうぶんテレビタレント)は楽でいいよな。


 そのまんま東は器用な芸人の先駆者かもしれない。

 東は小説(『ビートたけし殺人事件』1988他)も自伝(『ゆっくり歩け、空を見ろ』2001)も書いている。機会さえあれば、当然映画も監督しただろうし、そこそこうまくまとめていただろう。「バカなことばかりしているけど実は頭がいい」というパブリックイメージも、器用な芸人らしい。

 当然、県知事も国会議員も自民党総裁も総理大臣も、それなりに器用にやってのけるのかもしれない。ま、好きにやってくれよ。応援はしないけどさ。

 木村祐一は年齢や性格からしてそんなことは考えていないだろうが、品川祐は20年後に議員様になってるじゃないかね。


 知事は全国ネットのテレビになんか出ず、地元でしっかり仕事してりゃいいんだよ。

 一時期、前福井県知事が毎日のように全国ネットのテレビに出演したことがあった。でも、ジモティのオレはちっともうれしくなかったよ。だって、テレビ局に引っ張りだこだったのは、高速増殖炉もんじゅナトリウム漏洩火災事故のせいだったからね。


 エビと空芯菜エスニック焼きそば、市販の卯の花で昼食。

 むき小エビをゴマ油で両面焼き、軽く塩をして、酒蒸ししておく。中華鍋を熱して油をしき、焼きそばをよく焼いて取りだす。空芯菜ざく切りとむしったセロリの葉を炒め、軽く塩コショウ。焼きそばとエビ(蒸し汁ごと)を加え、日本酒でといたサンバル+ナムプラで味つけ。火を止めてからライム汁を回しかけ、よく混ぜあわせる。

 空芯菜が特売だったおかげで、わりと正統派の東南アジア料理風に仕上がった。


 トマトキーマカレーライス、市販のポテトサラダで夕食。

 両手鍋を熱してオリーヴオイルをしき、ニンニクみじん切り、赤唐辛子小口切り、セロリの茎みじん切り、ニンジンみじん切り、湯むきしたトマトざく切りを順次炒める。乾燥バジルと乾燥コリアンダーをふり、洗った金レンズ豆を加え、少し水を足し、コンソメ少々を溶かして小1時間煮込む。火を止めて、刻んだカレールー(とろ〜りカレー中辛+こくまろ中辛)を溶かす。ここから米を研ぎはじめ、カレーライスにしていただく。

 水分調整を控えめにした結果、かなりどろどろでキーマカレーらしくなった。


 ハーフバタールのフレンチトースト、セロリの塩漬けで朝食。

 エスニック和え物にする予定で、セロリの根元薄切りを塩もみしておいたまま忘れてしまった。そのまま食べてもけっこうおいしいが、もうひと味欲しい気も。

 ジャムも蜂蜜もなかったから、フレンチトーストもそのまま。これもけっこうおいしかったよ。


 昼食はカツレツ。

 カチカチになったハーフバタールの端っこをおろし金でおろし、パン粉にしておく。豚肉肩ロースステーキ用を筋切りし、ビニール袋を巻いたドライバーの柄で叩きのばして、塩コショウ。小麦粉、とき卵、パン粉をつけ、フライパンに多めにしいたオリーヴオイルでシャロウフライにする。

 ソースは軽く煮つめたバルサミコ酢+ケチャップ+乾燥バジル。つけ合わせはキュウリとミョウガエスニック和え物(ライム汁+ナムプラ)と市販のゴボウサラダ。


 厚揚げとインゲンの煮物、エスニック和え物の残りで夕食。

 油抜きした厚揚げ賽の目切り、湯通しして半分に切ったインゲン、湯通ししたニンジン細切りをかつお昆布だし+日本酒+しょうゆ+花椒(粒のまま)で煮ただけ。


 そうめんで軽く朝食。市販のめんつゆ、薬味に刻んだミョウガとゆずこしょう。


 マイケル・ジャクソン死去(6/25)。

 ホントか? が正直な感想。マイケルは死なないような気がしてたので。

 きっと「マイケルはまだ生きている」という伝説がすぐに生まれるだろうね。エルビス・プレスリーのように。


 昼食はおろしそば。

 ゆでて冷水で締めた日本そばに辛味大根おろしミョウガ薄切り、キュウリ薄切り、ブロッコリースプラウトをのせ、市販のめんつゆでぶっかけにしたもの。

 具だくさんなので、おろしそばというよりサラダ感覚。


 豚スペアリブのスープ、市販のポテトサラダで夕食。

 豚スペアリブに塩コショウし、フライパンにしいたオリーヴオイルで焼き固めておく。両手鍋にスペアリブ、むしったセロリの葉、ニンジンのへた、ティーバッグに入れた乾燥ローズマリーと乾燥コリアンダー、つぶして刻んだニンニクを入れ、水を足して2時間煮込む。行平鍋を熱してオリーヴオイルをしき、セロリの茎みじん切りとニンジンみじん切りを炒め、スペアリブと洗った金レンズ豆を入れ、こしたゆで汁を注ぎ、1時間煮込む。しょうゆとコショウで調味。

 真夏日に煮込み料理はつくらないほうがいいと思います。調理中にすでに汗だく。


 暑くてへばってます。


 あいかわらず暑くてへばってますが、テレビ視聴報告だけでも。


爆笑レッドカーペット」(6/27放送)はごく普通の出来。

 バカリズムが持てない都道府県はあるのかな? 意外と東京都とか難しいのかも。

バカリズムの47都道府県持つとしたらこう』という本を企画している出版社は確実にあると思う。


人志松本のすべ