[05] 研修最終週突入


 


AM 05:50 可能な限りの大音量にて、
σ(-_-)の寮の部屋に『ワルキューレの騎行』が鳴り響く。
隣の部屋の住人に合掌 (-人-) …… である。


確かにベトナム戦争の折りに、爆撃のたびにこの曲を鳴り響かせ、
相手を神経症にさせたという逸話も納得である。


学生時代、σ(^_^)は、
σ(-_-)の目覚攻撃によって起こされた隣室の住人によって
σ(^_^;は起こされていたという話もあながち嘘ではないのかもしれない。


……んが、対するσ(-_-)の布陣も鉄壁である。


眼を醒ますものの、この程度では起きない(笑)。


AM 06:00 目覚時計 (CASIO まどろみタイム) が参戦してくる。


本日の業務開始時間との兼ね合いから、しかたなく起き出す。
東和油脂(株)に出社しようとする朝倉哲也よろしく「手早く身支度を済まし」と行きたいが、
朝のσ(-_-)は鈍々(←「のろのろ」と読んでくれぃ♪)であるし、
ましてや、起きたてのσ(-_-)はおそらくは顔はむくれ顔である。


低血圧(σ(-_-)は、血圧 70 - 105 程度である)の人間を、朝の AM 07:00 前に出社させるかぁ〜〜〜合う。
σ(^_^)、○ー○ーに乗る。