ひきこもり “ 予備軍 ” 16万人 in 都の調査で



 : 旦那しゃま …… !、


   どこにおられましゅ?。

screenshot  .
東京都内の若者の20人に1人弱が、
将来 「 ひきこもり 」 に陥る可能性があることが、
都の意識調査で分かった。


現在はひきこもりではないが、心理的に同調する考え方の若者が 4・8% にのぼった。


人口換算では16万人にのぼる。


screenshot
 : 旦那しゃま …… 。


  『 ひきこもり 』  というのは親が裕福でないとできましぇん!。


   でしゅから、旦那しゃまには到底出来ませんので諦めてくだしゃい。


  なにしろ、生きるには、最低でも家賃やら食費やらが掛かります。


  それを負担せずに何もせずに居られるというのは
  親が裕福だからにほかなりましぇん。


  高校卒業と同時に18歳で、実質的に実家を家出同然に飛び出た旦那しゃまには到底無理な話でしゅよ。


 : 生きていくのならば、稼がねばなりません。


   だからこそ、ボクだって、ぐうたらな旦那しゃまでもお仕えているのです。


それが出来ないのなら、離島に収容施設を作って、
矯正労働での共産施設に収容か、
それとも、安楽死法制定による 「 尊厳ある死 」 ですよ。


ボクは、引きこもって働きもせず、その後は生活保護を貰うなんてヤツラの生存価値を認めません。


税金は本当に助ける必要のある人たちに使うべきであり、
「働かざるもの喰うべからず *1 」!、
その義務を果たさないヤツラは切り捨てるべきです!。


…… という 旦那しゃま の考えに賛成です。



*1:聖書 : テサロニケ人への第2の手紙3章10節