In Case of Dr.RITSUKO with my LOVE



http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1030-12-13.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1030-12-14.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1030-12-15.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1030-12-16.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1030-12-19.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1030-12-21.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1030-12-22.jpg
  .

















http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1021-08-20.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1021-08-21.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1021-08-22.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1021-08-24.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1021-08-25.jpghttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1021-08-26.jpg




「 …… お待ちしておりました ……。 」


「 ・・・・・・ 」


http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-17.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-18.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-19.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-20.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-21.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-22.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-23.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-24.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-25.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-26.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-27.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-29.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-30.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-00-31.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-01-01.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-01-03.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-01-04.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-01-05.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-01-06.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-01-07.jpg
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/k/kiratei/1031-01-08.jpg
  .






「 ごめんなさい。 
 貴男には黙って先程MAGIのプログラムを変えさせてもらいました。


 娘からの最期の頼みよ。


 母さん!、一緒に死んでちょうだい!。 」


左手がポケットの中でスイッチを入れる。




静寂。




「 作動しない? 何故? 」


装置をみるリツコ、愕然となる。


カスパーが否決サインを出している。


「 カスパーが裏切った?!
 ・・・母さん、母さんは自分の娘より、自分の男を選ぶのね! 」


銃をリツコに向ける碇。


その引き絵。


ゲンドウ 「 赤木リツコ君。本当に 好きだったよ 。 」


リツコ、自嘲の笑みを浮かべ


リツコ 「 うそつき 」


響き渡る銃音。


レイの悲しそうな幻影を一瞬垣間見るリツコ。


LCLの湖に上がる水柱。





   しゃしゅがでしゅ …… 。


   旦那しゃまを非情によく知る方から、
   『 ”死ぬほど好き”そう …… 』 と評されたリツコさまのシーンだけのことはありましゅ。


   ほんとに、愛が篭ってましゅ。


   しかし、このシーンでしゅが、
   如何にもリツコさまらしい最期だとは思いましゅ。


   でも、何故、『 ハッピーエンド な 最期 』 ではいけなかったのでしょうか?。


   なんで、こんな内容の作品を商業的に作ることが許されるのでしょうか?。


   結局、この作品は、監督の自己満足 …… というよりも、


   自らが生み出してしまったモノを、創造主の責任として葬った …… というのが
   正解なのではないでしょうか?。