14 < 5分粥 >




  • スズキのムニエル
  • 胡麻味噌田楽

12



   ムニエル ( フランス語: meunière ) は、魚の調理法のひとつでしゅ。


   魚の切り身に塩コショウで下味をつけ、小麦粉などの粉をまぶし、
   バターで両面を焼いた後、レモン汁を振りかけましゅ。


   舌平目やスズキ、マス、サケなどの白身の魚がよく用いられましゅ。


レモンソースの他にバルサミコソースやタルタルソースをかける場合もありましゅ。
ホワイトソース(ベシャメルソース)や、醤油風味のソースが用いられることもありましゅ。


ムニエル とは ムニエ ( meunier、粉屋または製粉業者 ) の女性形で、
「 ○○・ア・ラ・ムニエール 」 は、「 ○○の粉屋または製粉業者のおかみ風 」 ( ○○には魚の名前が入る)という意味でしゅ。
例えば、舌平目のムニエルはフランス語 で ソール・ア・ラ・ムニエール でしゅ。