鉄血なる ” とんかつ屋 ”



  .


ランチタイムなんて気取った言葉は似合わないこのお店、
平日しか営業していないこの店の
繁忙時間たる昼食時間には、
メニューは、「 とんかつ定食 汁付 」 と、その御飯大盛の二種類しかありません。


しかも、この店、普通でも御飯はかなりの大盛なので、
御飯大盛を頼むツワモノはほとんど存在しません。


つまりは、この店では指定された席につくと
無言のうちに 「 とんかつ定食が 」 出てくるわけである。
いや、最初に出てくるのはお茶と御飯としじみの味噌汁で、
客が食べようという体制を整えたタイミングで、
揚げたての熱々のとんかつが千切りキャベツの盛られた皿の上に載せられ
主役として出てくるわけである。



カウンター上には …… 、漬物の器があり、
運良く手に届く範囲にあれば取ることができます。


出された料理の整えて、デジカメで撮ろうとすると、
カウンターの中から、「 撮影NG! 」 の声が掛かります。


そして、背後の壁際には待っている人達が座っています。


はっきりいって、時間的にもコストパフォーマンスの高さを求められるお店です。


この店に初めて来たのは、 σ(^_^) が高校生だった頃 …… 。


店内の壁際の椅子に座って待ち、右端の人から指定された席に座り、
そして、待っている人達は、ひとつ右にずれて …… というルールを学び、
注文しなくて良いというルールを学び、
御飯大盛は、御飯を残さなければ無料というルールを学び、
( 天丼のお店では ) 頼んだ御飯大盛のその量の多さを学び、
そんなたくさんの事を、この店では学びました。


同じ系列の 『 天丼いもや 』 は、気取った 『 神田天丼家 』 なる店にリニュアルし、
もう一軒あったとんかついもやは、
材料費と人件費高騰を、店員の体制 3名 → 2名 で必死に乗り切ろうとし、
エアコンが故障した状況で猛暑の夏を乗り切ろうとし、
いつしか力尽き、
聞いた話では、店舗の契約更新時期が来たのを機会に閉店 …… (-人-)。


  .
いまだ、ヒレかつ定食を食べたことがない σ(^_^) 、
とんかつのお店では御飯大盛も「おしんこ」も頼んだことがない σ(^_^) 、
果たして注文する機会はこれからあるのだろうか?。


やはり、ここは初めての、 『 ヒレかつ定食 』 の御飯大盛に 『 おしんこ 』 なのだろうか?。