嗚呼、目玉焼丼 …… (T^T)



  .




σ(-_-) の ” ラーメン自作 ” の師匠が
ブログのある日のテーマにしていた 『 目玉焼き丼 』。


σ(-_-) にとっては、貧乏時代を象徴する御飯のひとつなので、
これ自体については、あまり語りたくありません ( 笑 ) 。


そして、ひとつ、たいちょ さん(師匠) に共感するのは、


  玉子が好みの状態になったら ( 私は半熟 ) 、醤油を回しかけます。


  この時に、醤油全体に火を通すのがポイント。


  そうしないと醤油が尖って美味しさが半減します。


醤油に火を通すという事!。



但し、この料理( …… と、言ってよいのか?)、
思いっきり、 σ(-_-) の反面教師で、


揉み海苔が …… かけないな。
丼ではなく、別盛りで。
熱い味噌汁も付けて
ソーセージエッグか、ハムエッグが、ベーコンエッグに。
千切りキャベツも付けて!。


と、なってしまいます。







  .


screenshot