御大 …… ?! 佐藤大輔氏 死去

小説家 の 佐藤大輔さん 死去 


代表作に 「 皇国の守護者


 佐藤大輔さん が22日、
虚血性心疾患で死去、52歳。葬儀は近親者で営んだ。

喪主は 妹 : 新名裕子(しんみょう・ゆうこ)さん。


代表作に、架空の世界を舞台にした戦記 「 皇国の守護者 」 シリーズなどがある。


…… もう、待たなくていいんだ …… 。

   …… もう、待っても無駄なんだ …… 、


     …… と、言うか、人生を先に完結させてどうするぅ 〜〜〜


[rakuten:kyoudo2014:11245623:image:w200]   .


ぢつは、 σ(-_-) は、信長伝が大好きだったのだが、
もう、読めないのか …… 。



  小林源文 @sakamachi21KN

  1951年福島生まれの漫画家。
  24歳でデビューしキャリア40数年越えロートル
  新宿区坂町で「ゲンブン・アートスクールを開校し、
  自費出版「ゲンブンマガジン」を刊行。


今回は絵画・漫画教室をオープンして、初心者の指導からセミプロのスキルアップを。絵を描くと新しい世界が広がります。
http://t.co/FfIoTr4obW


  小林源文  : 2017-03-27 09:31:09 【佐藤大輔氏に捧げる・その1】


氏との初対面は30年前、コンバットコミックでの私の新企画「第三次世界大戦」に合わせて、他のマンガ家用の原作書きを探しているときだった。


三番目に会ったのが駒澤大学当時の氏で、
一番ナマイキで一番頭が切れた。


話が合いアイディアも豊富だったので即採用。


  小林源文 : 2017-03-27 09:37:12 【佐藤大輔氏に捧げる・その2】


80年代当時冷戦下の核戦争勃発の恐怖に煽られていた時代だったので、
本もヒットし良く売れたようで成功した企画だった。


その後、氏はコンバットコミックの原作者となり、
仮想戦記ブームに合わせて小説を出す企画もあったが、
社長の気が変わって企画が流れてしまった。


  小林源文  : 2017-03-27 09:46:43 【佐藤大輔氏に捧げる・その3】


氏とはこの20年は付き合いがない。
金曜の夜に連絡が来て、20年来の編集とかその他からも問い合わせが来て、
昨晩はIFCOMのメンバーが泣きじゃくりながら(お前付き合いなかったろ?)で、で今書いているわけだ。


氏と最後に会ったのは新宿サリン事件の当日だ。


  小林源文  : 2017-03-27 09:51:34 【佐藤大輔氏に捧げる・その4】


氏は半年以上も髪もひげも伸び放題で、
プチ浅原ショウコウだったので、「尊師!」と最敬礼してやった思い出がある。


「成功者には100人の父がおり、敗北者は孤児である」の例えがある。


氏の小説は薄い東京の優しい掟と、もう一冊しか読んだことがない。


  小林源文  : 2017-03-27 10:03:37 【佐藤大輔氏に捧げる・その5】


私は氏のファンではない。


出版社や編集と喧嘩したという話はよく聞いていた。


私以上に煩かったようだ。


作家自身は満足した内容に力を注ぐわけだから、
出版計画の営業と完成度を高める作家性の力点が問題になったのかも知れない。


  小林源文  : 2017-03-27 10:13:41 【佐藤大輔氏に捧げる・その6】


カミサンが哀悼の意をささげると書くのよ、と横で言っている。


そんな気は更々ない。


冥府魔道の業界で生きてきた同業者としては氏を認めている。
多数の小説が未完だったのは情けないな。


氏が未完なのは何故とネットで聞かれたので、飽きたんだろと書いたら氏から電話が


  小林源文  : 2017-03-27 10:19:31 【佐藤大輔氏に捧げる・その7】


氏から「先生辞めて下さいと・・」と電話が来た。


でも、それが作家としての事実なんだ。


氏が結婚したとか、氏が離婚したと聞いたときは良かったと喜んだり、
何故と思ったり。


氏が天山出版(大陸書房の下請け)で、信長物で小説デビューしたときには、約束通りに挿絵を


  小林源文  : 2017-03-27 10:26:06 【佐藤大輔氏に捧げる・その8】


挿絵を担当した。


氏が亡くなったと聞いたときは、心臓に毛が生えたアイツが心臓疾患?と思った。


あの世で未完の原稿を書き上げるまでは、成仏するんじゃーないと俺は言いたい。
マンガのキャラでは末永く使わせて頂きますよ。


昔やめてくれ〜と言ったけ。終わり