腕時計 帯鉄 修理

 

f:id:kiratei:20100928172010j:plain:w240   


「 ガチャリ 」 …… 、

  あれっ ?!。


腕時計が、
 独務房 の 作業机 の 上 に、
  落ちた。


気が付いたら、愛用する腕時計のベルトが外れている!。

ぴ、ピンが抜け飛び出ている!。


「 自分で修理したらぁ? 」 と、言ってくれる友人もいたのですが、
調べてみたら、本格的にやるには、
いろいろ工具を揃えなければならないことや、
ピンにもいろいろな種類が、
そして、数多長さがありのがわかり、
修理のためにひとつのピンを買うために、
それを
何よりも、技術を買うというのが、 σ(^_^) の思想のため、


というわけで、修理に。

一件目
 街の時計屋さん。
  丁寧に見てくれるも、
    「 タグホイヤーの部品は、
     正規代理店ではないと取り寄せが出来ないの で、
     当店では直せません 」

二件目
 御徒町の時計修理専門店
  こちらも、丁寧に見てくれる。
   「 アクアレーサーは、ムーブメントが重いので、
    このピンに負担がかかっちゃうんですよ。


    腕時計のバンドは劣化や摩耗で、特に金属ベルトの場合、ピンが ……

以上