朝飯を喰らう日


  .
「 学生ぢゃないんだから、朝飯くらい喰って出社しろっ! 」 という事実上の上司の絶対命令 *1 に基づき、
ちょっと早めにマンションを出て会社の近くの何処かで朝食を試す。


さて、どこで朝食を取りましょうか?。


地下鉄駅直上の交差点にある路麺にしましょうか?、
それとも、もうちょっと先まで歩いて松屋にしましょうか?。


などと歩いていると、『 小諸そば 』 が眼に入り衝動的に入店。


通常なら、注文するのは σ(-_-) にとって基本の 「 かき揚げそば 」 なのだが、
さすがに朝なので、ちょっと軽めに 「 たぬきそば 」 290円。


文字通りの立ち食いで、椅子などありません。
テーブルというか、カウンターにはネギの入った器と ……、
これは何でしょう?……小梅の入った器。
背の低い器はワサビです *2


なので、ちょっと かなり 多めにネギを盛って、たぬきそばを頂きます (-人-) 。


ツユを飲み干して完食 (-人-) 。


確かに、朝から胃袋の中に熱いモノが入ってますと、
血流が上がります。


さて、仕事の方はどんなふうに進むでしょうか?、では 〜〜  ^^)/~~ 。


*1:『格上には絶対服従』という社風の会社なのである。音楽もその生き方も大好きな井上陽水さま曰く、「 先輩といえば親も同然 」という上下関係……というより、上→下関係

*2:わさび ってのは、「 ざる蕎麦 」 なり 「 刺身 」 なりの醤油系の濃い味に合うのであって、
かけ蕎麦系では合わないっ!、わさびが負けてしまうっ! …… と思うのは σ(-_-) だけ?。