計画停電になったとき ……



  .






計画停電になったとき、

  • アメリカ人は損害補償のために弁護士を呼び、
  • フランス人はそのままバカンスに出かけ、
  • イタリア人はシエスタの時間にあて、
  • ドイツ人は停電になっても時間通り仕事をして、
  • ロシア人は景気付けにウォッカを飲み、
  • 中国人は計画的に停電することに驚いた。
  • そして、日本人は計画通り停電しないことに怒った。




  たぶん、『 計画停電 』 が、予定時刻通りに起こって当然という
  認識を持っているのは、日本人だけだと思いましゅ。


  そもそも、近代産業国として成立するには、
  電力が安定供給されなければならないとボクは思いましゅ。


  そして、『 計画停電 』 の中止は、企業、家、個人の節電が前提であり、
  そういった危機意識が薄れるという意味で、
  計画停電の中止の発表はすべきではなかったのでは?というのがボクの意見でしゅ。


screenshot