SCHEDULE 2010.05


      50_ 2010. 00.00   .
          
 
:         05.01 (土)
:         05.02 (日)
:         05.03 (月)
:         05.04 (火)
:         05.05 (水)
          05.06 (木)
          05.07 (金)  
:         05.08 (土)
:         05.09 (日)
          05.10 (月)  
          05.11 (火)
          05.12 (水)
          05.13 (木)
          05.14 (金) + HM 17:30
:         05.15 (土) + Ope
:         05.16 (日)  
          05.17 (月)
          05.18 (火)
          05.19 (水)
          05.20 (木)
        2010. 05.21 (金)
        2010. 05.22 (土)
:         05.23 (日)   AM 11:00 -
        2010. 05.24 (月)  
          05.25 (火)
          05.26 (水)
          05.27 (木)
        2010. 05.28 (金)
        2010. 05.29 . (土) . + SD 10:00  + 05:30
:         05.30 (日)  
        2010. 05.31 (月)  

   

   
   
         
 
        2010. 05.14 (金) HM PM 05:30 -
        2010. 06.00 (□) OPE
        2010. 07.00 (□) New PC
        2010. 08.31 (□) DPAM 1400
          08.08 ( ) ↓ 通勤定期
        2010. 12.31 (□) 13
         
 
        2011. 08.31 (□) DPAM 1680
        2012. 08.31 (□) DPAM 1960
        2013. 08.31 (□) DPAM 2240
        2014. 08.31 (□) DPAM 2520
        2014. 12.31 (□) 09
        2015. 07.00 (□) New PC
        2015. 09.01 (□)
        2015. 12.31 (□) 08
        2015. 08.31 (□) DPAM 2800
        2016. 08.31 (□) DPAM 3080
        2017. 08.31 (□) DPAM 3360
        2018. 12.31 (□) 05
        2019. 12.31 (□) 04
        2020. 07.00 (□) New PC
        2020. 12.31 (□) 03
        2021. 12.31 (□) 02
        2022. 12.31 (□) 01
        2023. 12.31 (□) 00-366
        2024. 12.31 (□) 0000
        0000. 00.00 . (□) .


http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20100500:TITLE=2010.05
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20100400:TITLE=2010.04
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20100300:TITLE=2010.03
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20100200:TITLE=2010.02
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20100100:TITLE=2010.01
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20100000:TITLE=2010.00


http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20091200:TITLE=2009.12
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20091100:TITLE=2009.11
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20091000:TITLE=2009.10
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090900:TITLE=2009.09
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090800:TITLE=2009.08
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090700:TITLE=2009.07
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090600:TITLE=2009.06
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090500:TITLE=2009.05
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090400:TITLE=2009.04
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090300:TITLE=2009.03
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090200:TITLE=2009.02
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090100:TITLE=2009.01
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20090000:TITLE=2009.00


http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20081200:TITLE=2008.12
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20081100:TITLE=2008.11
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20081000:TITLE=2008.10
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20080900:TITLE=2008.09
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20080800:TITLE=2008.08
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20080700:TITLE=2008.07
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20080600:TITLE=2008.06
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20080500:TITLE=2008.05
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20080400:TITLE=2008.04
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20080300:TITLE=2008.03
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20080200:TITLE=2008.02
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20080100:TITLE=2008.01
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20080000:TITLE=2008.00


http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20071200:TITLE=2007.12
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20071100:TITLE=2007.11
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20071000:TITLE=2007.10
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20070900:TITLE=2007.09
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20070800:TITLE=2007.08
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20070700:TITLE=2007.07
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20070600:TITLE=2007.06
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20070500:TITLE=2007.05
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20070400:TITLE=2007.04
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20070300:TITLE=2007.03
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20070200:TITLE=2007.02
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20070100:TITLE=2007.01
http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20070000:TITLE=2007.00



DWELLING 2010.05


    . FF F8 DC .
    . EF D8 BA .
    . CB B5 96 .
    . AB 95 77 .
    . 8C 75 57 .
    . 68 52 33 .
    . 48 32 14 .
    . 27 11 00 .
    . 15 02 00 .

    • 2010.05   OPE 事前検査
    • LIGHTER S.T.DUPONT MONTPARNASSE (LIGNE02) No.16404(P)


    . FF F8 DC .
    . EF D8 BA .
    . CB B5 96 .
    . AB 95 77 .
    . 8C 75 57 .
    . 68 52 33 .
    . 48 32 14 .
    . 27 11 00 .
    . 15 02 00 .




http://d.hatena.ne.jp/kiratei/2010040/:TITLE=< 2010 04 | 2010.05 | http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20100600/:TITLE=2010 06 >



マッドサイエンティスト・カフェ


screenshot .

マッドサイエンティスト・カフェ ……


それは白衣着用で眼鏡をかけた 理系研究者〜マッド・サイエンティスト の方々にお茶を運んでいただき、
あまつさえ同席し、各々の専門分野について熱く語っていただくというコスプレ・カフェ。

白衣の似合うメガネくんやメガネっこと地球征服や人体実験について甘く語り合う、
夢のひとときをどうぞ …… ( うっとり ) 。


“カフェ・サイファティーク”は、白衣にメガネの理系ハカセのお喋りを楽しむカフェ。
当店のハカセは全員が本物の理系です。
大学教授からエンジニア、編集者、理系出身のSF作家や評論家、博士・修士などの学位保持者が多数在籍。


あなたのお気に入りのハカセを見つけたら、二人きりの MAD で ROMANTIC な科学の時間をどうぞ。


皆様のお越しをお待ちしております!

  .




    …… 旦那しゃま …… 。


   某作品の敵方に、某博士が登場したとき、周囲の方々が、
   「( 旦那しゃまの本名)さん、とうとう *1 人類の敵に回りましたわね …… 。」 と、話題になったのを知ったのは、しばらく経ってからだしょうですね。


   ゴジラビオランテの白神博士の演出が出来ていないと嘆いたのもボクは知ってましゅ。



   かの方は、その美脚を組み直しながら、
   「 砂糖はその化学式が書かれたラベルの貼られた青色薬瓶、
     スプーンは薬匙!、ミルクはメスシリンダー、レモンはシャーレ で出す!、
     この 理論 ロマンが判らないようなマッドサイエンティストカフェは偽者だ!。 」



   「 それに、会計はポケコン、最低でも関数電卓でこなせ!。 」


    と叫ばれたとのことです。


   「 店長 …… いや、指導教授を出せっ!」



   ちなみに、青色レーザが開発されたとき、ボクの旦那しゃまは、
   「 試作品でいいから、一個くれぇ〜〜!、
     次の学会発表でレーザ・ポインタに仕込んで使うからぁ〜〜!。」
   と、懇願されたという逸話が、誰も疑うことなく残っておりましゅ。

*1:” とうとう ” と形容されているのが重要でしゅね! by くまくま

続きを読む

Cafe 女医さまぁ〜〜♪JOY ☆ SUMMER   






















Cafe 女医さまぁ〜〜♪  - JOY ☆ SUMMER -


     眼鏡、白衣、専門用語で武装した 女医さま♪ 、女性博士さま♪ が、
     辛辣な言葉と紅いハイヒールで、貴方の業績と背中を容赦なく踏み躙る!。




   旦那しゃま …… Sigh ... 。


     世間にもわかりやすい通俗的な演出表現としてはそうかもしれません。


     しかし、本質的には対象を 「 ふっ 」 と鼻で笑い、
     一瞬だけ侮蔑の表情を浮かべ、あとはまったくの無関心、
     これが正しいマッドサイな女性だと思います。


     この手の女性が感情的になるのは、男に女性としての側面から利用されたときだけでしゅ。


     普段は冷徹な顔に、感情が露わになったときの表情の美しさといいましたら、
     旦那しゃま 通の人には堪らないとのことでしゅ。



i