有資格者が食べる昼食


  .
昼食として、カジュアル割烹 『 K 』 にて、
本日の 『 洋定食 』 650円。


二本盛られたソーセージは、
そのうちの1本だけが「赤いソーセージ(ウィンナーと表記すべきか?)」なのは、
調理人のこだわりか、それとも単なる食材の調達事情による偶然か?。


この三個のフライのうち、
食べてみると一個だけがカキフライで、残り二個はヒレカツ ……
…… って、わかるかぁあああああああ!。


などと、心の中で店に対して突っ込みを入れていると、
入り口の戸を開けて入店してきたのは ……


…… σ(^_^) の務める会社の本社取締役!。



(かつて、σ(^_^) と同じ部門であり、σ(^_^) がPC環境のサポートをしました。はい。)


そんな取締役の注文は、「『 和定食 』 の御飯(小)+『冷奴』」(多分、650-20 + 100円?)。

(今日の和定食は魚の干物で多分、ホッケかサバ)



……東大卒で通産省を経て σ(-_-) の会社に来た
いわゆるそ〜ゆ〜御方なのであるが、
そんな取締役が、σ(^_^) と同じ店で同じような料理を手慣れた様子で注文し、
ひとりで食べてる …… A- -;;。


う…………ん………。