🐱 『 紬猫 物語 』 新子娘猫 2021

 

yaguchiestory2.blogspot.com


新しい家族が出来ました

11月18日午前10時前、家の周りで猫の騒ぎ声がしました。

わが家には我が物顔で日当たりのいい場所で日が当たっている間中、居ついてる野良にゃんの男の子が居ます。
この野良にゃんの他にもう一匹去勢されて先日地域ネコとして戻ってきた野良にゃんが通いで顔を見せてくれる男の子が居ます。
時々この二匹が騒いでいるのですが、その時は何か違う声が聞こえました。
一匹が前者の野良にゃん。
じゃあ、この聞いたことが無いもう片方のネコは??
気になりだしたら確認しないと気が治まらなくなり外に行くと子猫でした。


野良にゃんは声で威嚇しているだけで決して子猫に手は出さず行き先を目で追っていました。
それに構わず近寄ってすりすりしようとする子猫。
こっちにくるなアピールの野良にゃん。

私と一緒に外に出た次女の姿を見て子猫は逃げ出し給湯器の下の部分に潜り込んでしまいました。
猫は大丈夫だけど人はダメかあ。

 
f:id:kiratei:20211120100522j:plain:w240
 
 


秘儀っ、みんな大好きちゅ~るを地面に点々と塗りつつ遠目で観察。


出てきてくれました。三毛猫です。


きっと ( いや、絶対 ) 女の子 ♪


警戒心を見せつつ
  お腹がすいていたのでしょう、
    ちゅ~る 1本 完食。


f:id:kiratei:20211120100550j:plain


玄関にでん!と居座っている野良にゃん。


この野良にゃんはすごく人懐っこくて人を見るとスリスリとするので通りがかりの子供たちにも人気です。


でも子猫はお嫌いかしら?
三毛猫が近寄っては離れ、威嚇しつつも寝そべったまま。
一度、ポコッと猫パンチをしていましたが爪は出ていません。
子猫は疲れたのかプランターと壁の狭い空間で寝てしまったようです。

 
f:id:kiratei:20211120100921j:plain:w240
 
f:id:kiratei:20211120100934j:plain:w240
 
 


近くに親猫がいないか様子を家の中から伺っていたのですがどうも居ないようです。


目ヤニがひどくくしゃみも連発しているし、鼻水も出ていて顔はぐちゃぐちゃ。
夕方になってもまだいました。
やっぱりお腹空いてるよねえ?猫風邪もひいているようだしくしゃみばかりでしんどいよねえ?
かかりつけの動物病院、今日はやってるよなあ?
三毛かあ、女の子だよなあ?我が家には今までいなかったよなあ?
よしっ!思い切って保護しようと思いました。
だって寒い夜に放っては置けない。
見つけちゃったから。


夕診の時間になったので動物病院に電話しました。
20分くらいの待ちということだったので連れていくことに。

その前に捕獲です。


玄関から出ていくと意外と近くに寄ってきてくれました。
なのですぐに捕獲して使っていないキャリーへ。
さすがにびっくりしたのか鳴いて暴れていました。
うん、元気だな。


やはり猫風邪でした。
血液検査は猫エイズも白血病も陰性。
後はお腹に虫がいるかどうかは来週することに。
体重は980g。以外と重かった。
多分3ヵ月くらい。8月くらいに生まれたんじゃないかなという事です。
シロップと目薬を処方してもらい帰宅。


のみ駆除の薬を首にさしてもらったので2時間はシャンプーしないでと言われたので自分たちの夕飯後、あまりにも汚れていたので超特急でシャンプーしました。
風邪的にはおすすめしないけど衛生面ではしても良いかなと言われたので。


一日経って少し目が綺麗になりました。
まだまだくしゃみ連発です。
先住猫たちは落ち着かない様子。
仲良くなってくれると良いけれど。
猫風邪がよくなるまで子猫は隔離です。
元気でお転婆姫です。
名前も決まりました。


それは次回、明日(多分)にでも。