☆☆☆

「相手はカーチスだ!、あと15ノットほど欲しいんだ。」
「カーチスか ……… 、懐かしいな。」
「どうだい?。」
「こりゃ フォルゴーレじゃねえか?!」
「出所は聞くな。
 1927年のシュナイダー・カップで、こいつを付けたイタリア艇はカーチスに負けたんだ。
 だが こいつのせいじゃない!。
 メカニックがヘボだったからだ!。」
「フフフフ ……。」
「血が騒ぐなあ。」
「デリケートにチューンするなよ、レースじゃねえんだからな。」
「そういうのをな、亜細亜ぢゃぁ“仏陀に教えを説く”っていうんだよ。」





i