あああああ 第04回


  .



  本ページは、WEB構築の練習用です。


  …… 但し、 確かに、 σ(-_-) の
    『 趣味 』、
      『 嗜好 』、
        『 性癖 』
  も兼ねてますが。



>


  .


── : プレイの中ではなにが一番好きですか。
      キス、フェラ、クンニ、それとも挿入?


美谷 : いや。全部揃って好き!どれも欠けちゃダメ。
      キスは絶対にないとダメだしぃ。
      ( 右拳で左手のひらをパチパチ打ちながら ) 。
      最初だけチョイチョイとやっておけばいいか、
      みたいなのは … あり得ないですね。

―― : 愛撫してる最中も時々戻ってシて欲しいし、
      挿入してからも…。


美谷 : ( ボソッと ) こ〜ふん…します。

編集 : なんでボソッと言ったの 笑。

美谷 : あははっ。
      興奮します。

―― : 好きな体位は?


美谷 : う〜〜ん。やっぱり、全部ですね。あはははは!

―― : 作品を見てるとバックでも腰を動かしてるし、ホントどれも好きそうですよね。
      キャンディさんに最初に面接に行った時は 「 正常位とバックが好き 」 って言ったみたいだけど、
      得意は騎乗位だし。

美谷 : ああ、最初の面接の時は、他人に性癖を漏らす ( 話す ) こともそれまで無かったので、
      無難に答えたほうがいいのかなって。

―― : 無難に答えたんだ(笑)


美谷 : というか、例えばプレイも全部好きですけど、
     「 『 全部 』 って言っちゃいけないのかな?
        その中でも特別なものを言わなきゃいけないのかな? 」 って思ってました。

―― : そういうことなんですね。
      オナニーは普通にするの。

美谷 : はい。15歳からしてます。

―― : オカズは何ですか?

美谷 : AVを見ながらすることが多いですよ。

―― : オカズは妄想じゃなくてAVなんだ。
      たしかカワイイ女の子のを見るんですよね。


美谷 : そうですね。

―― : やっぱりヤラレまくってるヤツ?

美谷 : ラブラブしたのも大好きですし、女の子がカワイければ。えへへっ。

―― : オチンチンが挿さってる股間のアップより、カワイイ女の子の喘ぎ顔がいいの?


美谷 : あっ、いや。でも挿さってて欲しいです。
      挿さってることで変わる表情がいいです。うふふふふ。

―― : 女の子の表情や喘ぎ声とか、挿さってる感とかトータルで見るんだ。男と同じ視点かなぁ。


美谷 : たぶん、いいなっていう。きっと羨ましいとかそういうのもあるんだと思います。

―― : どういうタイミングでイクの。


美谷 : すぐ。電マでいつもするんですけど…。

編集 : ウィーンって当てながら見てるのね。

美谷 : えへへっ。そうです。だから「どこで」っていう男の人のヌキどころみたいなのは特にないです。

―― : すぐにイッて、それでもずっと当ててる感じ?


美谷 : そうですね。

―― : じゃあ1本見て何回くらいイクの。


美谷 : 数え切れないです!あはははは〜!

―― : そんなにイクと終わったらグッタリしちゃうでしょ?


美谷 : そうですね。そのままスッと寝られます。

―― : 朝起きたら電マ持ったままだったりして。


美谷 : たまに…(ニコッ)。



編集 : けど、昔は実家でしょ。
      電マって音が気にならないですか。

美谷 : ああ。(口に手を添えて)親が夜に出かけた時が狙い目です。

―― : なにその囁き。もしかして「夜這いに来てください」って誘ってくれた?(笑)


美谷 : あはははは。けど親がずっと昼でも家にいる時は困りましたね。

―― : ムラムラだけじゃなくてイライラしちゃう。


美谷 : はい。どっか行けと思いますね(笑)

―― : オナニーは夜が多いんですか?

美谷 : 寝る前がいいですね。
      そのままグッタリ出ちゃう…。

編集 : 何が出るの????!!!。

美谷 : 間違えた。寝ちゃうのがいいです。

―― : じゃあベッドでするんだ。その時の服装は?


美谷 : 下着か、部屋着1枚で、あとはパンツ穿いたまま、正常位みたいな形で…。

―― : パンツの上から当てる派ですか。
      濡れやすいのに終わったらオマンコも下着もビショ濡れで大変じゃない?


美谷 : あはははは。汗もかきますからね。
      でも、オナニーの時はチューほど濡れないので。

―― : そうなんだ。正常位の体勢はイキやすい形なの?


美谷 : そうですね。あとは脚を伸ばして…片脚を上げて、抱えて…。

―― : 抱える?


美谷 : はい。で、こう ( 椅子の上で右足を曲げて抱え、左手で逆から電マを当てて ) する時もあります。

編集 : 職人みたいなことやってるねぇ。

―― : その体勢は特別にムラムラして、クリだけじゃなくてオマンコ全体を刺激したい時に?


美谷 : いや。特に。普通は正常位の体勢でいいんですけど…。

―― : 見てるAVの女の子の体位によって変えたり?


美谷 : うふふふふ。そこは連動させてないです。



―― : 上げる脚は決まってるのかな?


美谷 : たぶんどっちでも気持ちいいと思いますけど、なんとなくいつも右ですね。うふふふふ!

―― : 彼氏がいた時代もAV見ながらオナニーしてたの?


美谷 : してました。別腹というか…。回数は減りましたけど。

―― : その時は、今度このフェラやってみようかな、とかAVのプレイをセックスへ応用しようとは考えなかった?


美谷 : カワイイ女の子を見たくてAVを見るので、テクニックがどうのとかは特に意識して見たことないかなぁ。
      それに正直、モザイクがかかってるからよくわらないじゃないですか。あはははは!

―― : けど、美谷ちゃんのフェラはモザイク越しでも凄そうだなぁって思ったよ。

美谷 : ホントですか。なんか恥ずかしいなぁ。
      ありがとうございます。
      でも…AV見て、こう(上下にシコシコ)じゃなくて、ねじってみようか…とかはしました。

―― : 手コキの工夫ね。


美谷 : はい。これ ( 手コキの握り ) って、強さの好みが違ったりするじゃないですか。
      強く握ると喜ぶ人と、それじゃ痛いって言う人もいて…
      ( この間、ずっと手の握りを変えながら色々エア手コキ )
       一概にこれがベストっていうのがないんですよね。

編集 : さっきから手つきがエロすぎるんですけど…。

美谷 : ひゃー!
      あはははは〜。

―― : 彼氏にいろいろやって試して独学していったら普通のつもりがエロいって言われるようになったと。


美谷 : そうですね。毎回一緒じゃつまらないし、こう ( 手首をひねる ) したら喜ぶのかな。
      こっち ( 左手でタマを揉む仕草を足す ) も使わないとダメかなって。

―― : 美谷ちゃんの実験台になったらセックス強くなりそうだなぁ。


美谷 : どうですかね。けどエッチの相性ってあるじゃないですか…。

―― : いわゆるオマンコとオチンチンの相性ってヤツ?


美谷 : はい。あの相性って、2人がお互いのことを思いやって気遣うことで高まると思うんですよ。
     正直、形とか大きさじゃないと思うんです。それよりノリだったり気持ちだと思う。

―― : とか言っても美谷ちゃん、デカチンでいちばん感じてたじゃない。


美谷 : あはははは。そっか〜。いやいや、そうだけど、相性って2人で合わせて高めて行けるってことです。

―― : なるほど。その発想はステキだよね。じゃあ、撮影じゃなくて、好きな人と一番したいプレイは?


美谷 : 私、変わったエッチも好きなんですけど…。
      私が嫌がってる設定なんですよ。犯されてる演技をしながらエッチしたい。

―― : だから縛られるのも好きなの?

美谷 : ありますね。 「 やめてっ! 」 って言いながらすっごい濡れちゃって、激しくピストンされて…。
       ( 目がウルウル )

―― : こらこら、また濡れちゃうぞwww。
      レイプごっこな感じのエッチがしたいんだ。


編集 : 腐女子ノリですかね。

美谷 : そうですね。でもいい。やりたいです。いや、やられたいです。

―― : パンスト破りながらとか。


美谷 : ああ、パンスト破りはやったことありますけど、その時はレイプ風じゃなくて。
      彼がしたいって言うからただ、穿いてるのを破って…。

―― : どっちかというとコスプレとしてやったわけですかね。そうじゃなくレイプ風がいいと。


美谷 : そうです。シャツ(のボタン)とか飛ばされながら…。

―― : 愛撫もちょっと乱暴なくらいで…。


美谷 : そうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそう。

―― : 好きな人と、好きな気持ちと裏腹なセックスがしてみたい。


美谷 : (コクコクコクコク)※無言で繰り返し細かく頷く。

―― : 撮影でやってもらうのはどう?


美谷 : やりたい! 
       やられたい!!
         撮影でもコーフンしそう!!!

―― : ますますやってみたいことが増えてる感じですね。これからが楽しみじゃない?


美谷 : あはははは!私も自分でそう思います!

―― : それだけ好奇心が旺盛で、向上心もあって、全部吸収しちゃうて。
      ちゃんと将来プライベートのセックスに戻れるかなぁ。


美谷 : いや〜。そうなんです。ヘンタイじゃないと無理だと思います。
      今後も彼氏を作るならヘンタイがいいです。

編集 : 断言しちゃった(笑)

美谷 : ヘンタイがいい!!

―― : どういうヘンタイがいいの。


美谷 : エッチって人それぞれで。
      ただ入れて出せればいいっていう人もいるじゃないですか。

―― : 美谷ちゃんにはそういう人は無理だよね。


美谷 : ですね。たぶん。どんどん新しいセックスを2人で築ける人じゃないと。

編集 : 新しいセックスに毎回挑戦ですか。すごいなぁ(笑)。

美谷 : はい。やっぱり付き合うにしても、いくらお互いが好きとか言っても、そういう性的なアレ(行為)は必要じゃないですか。

―― : そうだね。しかも大事だよね。


美谷 : そうなんです。頻度は少なくなったとしても求め合わないと。
      だから2人で高め合って(ここで右手をグイッと上げる)イける人じゃないと!

―― : なるほど。そういう考えでヘンタイな歳上さんと長く付き合ってたから、デビュー作でもあれだけのセックスが出来たんでしょうね。


美谷 : うふふ〜。

―― : セックスが減っても飽きちゃって別れるんじゃなくて、もっと高い次元のセックスを求める。


美谷 : そうですね。それに、セックスってちゃんと高め合っていけば全然飽きないですよ。
      普通にしても体調や気分で全然違うじゃないですか。

――おっしゃるとおりです。


美谷 : だからやっぱりヘンタイさんがいいです。うふふっ!



―― : 美谷ちゃんと付き合えば自然にヘンタイに仕込まれそうですけどね ( 笑 ) 。
      フェラや騎乗位もスゴいけど、他にも男を狂わせるプレイ持ってるでしょ。


美谷 : えっへっへっへ(いきなりいやらしく大笑い)。

―― : なに、なに。何を思い浮かべた?!

編集 : 大丈夫?オナニーしたくなってたらトイレ行く?

美谷 : あっははははは!!大丈夫です。(と言いながらいきなり顔が真っ赤に染まる)

―― : 言えないくらいエロいこと想像したんでしょ?


美谷 : うふふふふ。相手が余裕をなくすくらいのキスとか。
      やっぱり男の人も耳や首が弱いと思うので、囁かれたり音出してチューチューしながら。

―― : 美谷ちゃん、なんか「はぁはぁ」してるんだけどwwwww


美谷 : なんか卓さんみたいですね。

―― : 女優版・吉村卓を目指す?


美谷 : あははは!
      そこまでは…。
      けど、相手が余裕をなくすくらい上も責めながら…(下を手でシゴク仕草を始める)っと。

―― : 何カ所も同時に責めちゃうか。


美谷 : (笑)。もう頭を押さえつけちゃうような感じで。
      こう ( 耳の裏から鎖骨方面へ舌を這わす感じに顔を動かす ) 行ったり、
      こう ( のど仏を舌から舐めあげるように ) したり、
      イチャイチャしながら… ( 同時に手をシコシコ動かしている )

―― : 手の動かし方がすごくエロいんですよね。


美谷 : 相手が余裕をなくしていく姿に興奮します。

編集 : ドSの顔になってますよ。


―― : そんなにすごい責めをしたら挿入する前に発射しちゃうかも。


美谷 : 「ダメッ」って言います。「もっと続けるんだからね」って。うふふふふ。

―― : 自分がやられたいことを全部やり返す感じ?


美谷 : そうですね。してみたいです。自分も余裕をなくされたいし、相手のもなくしたいし。
      座ってもらうか寝てもらって、そこに跨がっていろんなことしてあげたいですね。
      カラミついたら離れないくらいの感じで…。

編集 : 確か…爽やかキャラだったよね(笑)

美谷 : あははははははは〜。見た目は爽やかだけど、エロいってことでお願いします。

―― : じゃあ、ドエロいついでに3Pまで経験しちゃいましたけど、チンコ何本くらいまで大丈夫そう?


美谷 : どうでしょう。手が2本しかないしなぁ。手がもっとあればなぁ。

編集 : そう来るかwwwww。

美谷 : やっぱり放置の時間が増えるじゃないですか。

―― : ワキや膝の裏も使ってみる?


美谷 : ああ、すごいですね!!
      1、2 ( 手で持つ )、
      3、4 ( ワキに挟む )
      5 ( 口でパクッと )
      6 ( オマンコに入れる風 ) …。
      ( 目がキラキラする )

―― : 挑戦するなぁ ( 笑 ) 。


美谷 : ここまで行くと特殊なフェチ作品になっちゃいますね。うふふふふ。



―― : もっと聞いていたいけど残念ながらそろそろお時間です。読者の皆さんに伝えておきたいことを…。


美谷 : えっ!もう終わりですか?
      (2時間以上経過してます)そっか。
      どうだろう…、騎乗位…褒めてもらえるので…。
      騎乗位をぜひお楽しみください。

―― : バックのお尻もステキですよ。


美谷 : えっ、あっ、ありがとうございます。
      3歳から16歳までダンスやってたからですかね。
      でもそれからは運動なんてしてないんですけど…。

―― : いやいや。セックス、しかもあの騎乗位は相当な運動だよ。


美谷 : あはははは。そうですね。セックスばっかりです。私の体はセックス筋でいっぱいかも。

―― : セックス筋だから全身のどの曲線もエロいんですね。


美谷 : だといいなぁ(笑)

編集 お尻も揉み甲斐がありそうだし。キレイだし。

美谷 : ありがとうございます。でも全然自分では自分のどこも好きじゃなくて…。

―― : 謙虚ですねぇ。1作で何発ヌいて欲しいですか?


美谷 : いやいや。それは皆様にお任せします。
      ただ……騎乗位…気持ちイイと思う…ぞ! 
      フェラもけっこう褒められる…ぞ! と。

―― : 「 ぞ 」 に力がこもってますね ( 笑 ) 。 
      最後にすでにファンの人、これから応援してくれる皆様にメッセージをお願いします。


美谷 : あっ、はい。まずツイッターをフォローしてください。
      そして、できたら作品を見て欲しいです。
      多分これまでいろんな人の感想を聞いた限りでは、
      パッケージとは似合わない弾けぶりが出せたのかな…と思うので。

編集 : 脱いだらすごいのよってね。

美谷 : はい。「 こんな見た目だけどエッチ大好きなんですよ 」 っていうのを1回見てもらったりして…欲しいなって思います。

―― : 見たら虜にされちゃいますよね(笑)。


美谷 : いやいや。そこまでスゴくは …。
      けど、かわいい女優さんはいっぱいいるので、エロさで勝負したいです。
      正直、ホントにこんなので作品になるのかなって気持ちだったので。
      自分がエロいとか、そこまで思っていなかったので…。

―― : ところがふたを開けると…。


美谷 : いろんな現場で 「 騎乗位がいいね 」 「 フェラもすごいね 」 って。
      そこは自信を持っていいのかなと。


      これからもっともっと高めていきたいです。
      さらに進化したいです。
      せっかくAVに出たからには頑張ります。
      応援してもらえたら嬉しいです。


      それと、最後にくどいけどもう1回。


      ツイッターフォローしていただけたら嬉しいです。
      どんどんつぶやいていきたいと思いますので!